株テーマ:次世代蓄電池 全固体型電池の関連銘柄

可燃性の高い液体電解質を使用せず、固体とすることで発火、液漏れを防ぐ。出光興産は、高純度硫化リチウムを原料とする「次世代リチウムイオン電池向け固体電解質」を開発。固体電解質が自動車メーカーが開発しているHEV(ハイブリッド車)やEV(電気自動車)用電池の電解質材料として好適であると判断し、開発を加速している。トヨタ自動車は、常温全固体型薄膜リチウムイオン電池の試作に成功、2022年にも全固体電池を搭載した電気自動車を発売すると報じられている。ニッポン高度紙工業は、固体電解質シートと全固体二次電池でサムスン日本研究所と共同で特許出願している。4471三洋化成工業は極秘プロジェクトで、オール樹脂電池を研究

○固体電解質
5706三井金属鉱業
5019出光興産
7004日立造船=ホンダに試作品を供給

○全固体電池対応正極材
・ピロリン酸コバルトリチウム
6955FDK
6702富士通

・錯体水素化物
4182三菱瓦斯化学

風力発電、太陽光発電など、自然エネルギー利用のネックは天候による発電ロスであり、これを補うために、大容量蓄電システムの利用が不可欠。リチウムイオンキャパシターは、リチウムイオン電池とコンデンサーの中間的存在。電池より容量が小さいが、瞬時に充放電が可能。経産省は、蓄電池の新たなイノベーションや用途の拡大を促し、国際競争力を高めるために「蓄電池システム産業戦略研究会」を設立(2009年5月)。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

全固体型電池 関連銘柄

全固体型電池 関連テーマ

次世代蓄電池
リチウムイオンキャパシター 分子クラスター電池 大容量ニッケル水素電池 革新型蓄電池共同開発 金属リチウム空気電池 全固体型電池 ナトリウムイオン電池 マグネシウム電池 レドックス・フロー電池

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方