株テーマ:ゲーム注目株の関連銘柄

2020年11月21日(日)時点の株テーマ「スマホゲーム」「クラウドゲーム」から今週の注目株ベスト5銘柄をピックアップ。


●7832バンダイナムコホールディングス
ゲームではワールドワイドに「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」、国内の「アイドルマスター」シリーズなどが主力タイトル。

2021年3月期第2四半期(4-9月)の経常利益は3.2%減の471億円となった。4-6月の14.3%から改善した。通期は36.7%減の505億円を計画している。ゲーム事業を含むネットワークエンターテインメント事業の利益は39.1%増の347億円で、4-6月の35.2%増から増加した。「ドラゴンボール」シリーズや「ワンピース」、「アイドルマスター」などが好調に推移した。


●3765ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ニンテンドースイッチ向けゲームソフト「ニンジャラ」を2020年6月25日にサービス開始。6月30日に世界累計で200万ダウンロード、7月13日に300万ダウンロード、10月25日には500万ダウンロードを突破した。10月27日には「鬼滅の刃」のパズドライベントも仕掛けた。

2020年12月期第3四半期(1-9月)の経常利益は25.5%減の191億円となった。中間期の39.2%減より改善した。


●3793ドリコム
他社IPゲームやゲームプラットフォーム、オリジナルIPゲームの開発運営を行う。昨年から注力する不採算タイトルへの対応が進んだことや運用中のタイトルが順調に推移し、2021年3月期第2四半期(4-9月)の経常利益は249.5%増の10.32億円となった。第3四半期(4-12月)は162.4%増の13.5億円を計画している。


●6758ソニー
PS5が2020年11月12日に発売。6月にはPS5で遊べるソフトを2022年発売分まで一気に28タイトル公開した。

ソニーは10月28日に通期営業利益を6200億円から7000億円と12.9%上方修正した。特にゲームを2400億円から3000億円と25%上方修正しており、好調に推移。中間期までのゲームの営業利益は61.3%増の1049億円で、ゲームソフトウェアやPS Plusが好調に推移している。


●9766コナミホールディングス
2019年のモバイルゲーム課金売上ラン金んぐで「プロ野球スピリッツ」が262億円と第7位。2020年10月にはアマゾンのクラウドゲーム「ルナ」に参入し、海外で人気が高い初期の代表作品10作品を収録した「Contra Anniversary Collection」の提供を開始した。

2021年3月期第2四半期(4-9月)の営業利益は2.1%増の213億円で推移している。通期業績予想は新型コロナウイルスの影響で合理的に算定することが困難で未定としている。

ゲーム注目株 関連銘柄

ゲーム注目株 関連テーマ

ゲーム:スイッチ・プレステ5
ゲーム注目株 スマホゲーム (オンラインゲーム) クラウドゲーム 位置情報ゲーム ゲーム御三家 ゲームソフト PS5(プレステ5) ブロックチェーンゲーム

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方