株価予想

7201 日産自動車

2021年12月3日 株価
始値
553
高値
566
安値
548
終値
564
出来高
19,221,000
7201日産自動車のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
590
予想安値
540
みんなの予想
上がる
40%
下がる
60%
平均予想株価
624円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

7201 日産自動車の投資戦略

7201 日産自動車の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7201 日産自動車のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7201 日産自動車の関連ニュース

  • 2021/11/29 23:27
    【注目銘柄】今後5年間で2兆円を投資 電動化を加速
    日産自動車は、2021年11月29日、長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表した。今後5年間で約2兆円を投資し、電動化を加速。2030年までにEV15車種を含む23車種以上の新型電動車を投入。全固体電池を2028年度までに市場投入することを目指す。

    主要市場における電動車の販売割合を2026年度までに欧州で75%以上、日本で55%以上、中国で40%以上、米国で2030年度までに40%以上にする。グローバルな電池供給体制の確立では、2026年度までに電池生産能力を52GWh、2030年度までに130GWhに引き上げる予定。

    また、バッテリーを二次利用するための施設を日本以外にも拡大し、2022年度には欧州に、2025年度には米国に新たな施設を設立する予定。

    日産自動車の株価は5.6%安の593.5円で推移している。
  • 2021/11/09 17:08
    【上方修正】通期営業利益を20%上方修正 収益性の改善などが寄与
    日産自動車は2022年3月期の営業利益を1500億円から1800億円と20%上方修正した。新型コロナや半導体供給不足の影響から減産を余儀なくされ、年間販売台数見通しを440万台から380万台に修正する一方、自動車の需給バランスのタイト化や新車投入で販売奨励金の減少が進み収益性が改善。販売金融事業も想定を上回り増益となる見通し。

    また、2022年3月期第2四半期(4-9月)の営業利益は1391億円となった(前年は▲1587億円)。販売費用や固定費が減少し、各市場で販売の質が向上していることから収益が向上した。

    日産自動車の株価は1.5%安の589.7円で推移している。
  • 2021/09/10 10:52
    【注目銘柄】NTTドコモと連携し、自動運転車を使った配車サービスの実証実験を開始
    日産自動車は、NTTドコモと連携し、9月21日から横浜市のみなとみらい地区や中華街周辺で、自動運転車を使った配車サービスの実証実験を開始する。安全のため、ドライバーは搭乗するが、基本的には操作せず、車線変更や交差点での右折左折なども含めて自動運転する。公募で選出した200人が対象で、スマートフォンのアプリで予約をすると、23か所のポイントで乗車できる仕組み。

    日産の自動運転交通サービス「Easy Ride」とドコモの「AI運行バス」を組み合わせたもので、最大乗車人数は3人までとこれまでより進化している。ベース車両は日産のEV「e-NV200」で、これまでと違いセンサー類は車内やバンパーへ埋め込まれており、見た目は一般車と変わらない。期間は9月21日から10月30日まで。
  • 2021/09/03 14:19
    【注目銘柄】電動車用モーター磁石からレアアース化合物を効率良く回収するリサイクル技術を開発
    日産自動車と早稲田大学は、2021年9月3日、電動車用のモーター磁石からレアアース化合物を高純度で効率良く回収するリサイクル技術を共同開発したと発表した。実証実験を開始し、2020年代中頃の実用化を目指す。

    電動車のモーターの多くに使用されるネオジム磁石にはレアアースが使用されており、資源の偏在や需給バランスによる価格変動懸念などから使用量削減が課題となっている。

    モーターの磁石からレアアースを取り出す工程では、手作業による磁石の分解や取り出しが必要で、プロセスの簡便化とリサイクルコストの低減が必要だが、共同開発した技術では、磁石を取り除く作業や磁石を分解して取り出す作業が不要で作業時間を約50%削減できるという。また、モーターに使用されたレアアースの98%を回収できることを実験で確認している。

    今後は実用化を目指した実験を進め、使用済み電動車に搭載されたモーターを回収し、リサイクルするスキーム構築を進める。

    日産自動車の株価は1.82%高の569.3円で推移している。
  • 2021/07/28 17:04
    【上方修正】通期営業利益を0から1500億円に上方修正 為替や収益性の改善などが寄与
    日産自動車は2022年3月期の営業利益を0から1500億円に上方修正した。為替の前提を変更し800億円の改善、米国を中心とした良好な市場環境から収益性の改善が進み1050億円の改善、原材料価格の高騰などから追加リスクを織り込み350億円の悪化を見込む。

    また、2022年3月期第1四半期(4-6月)の営業利益は756億円となった(前年は▲1539億円)。米国での業績回復や各市場で販売の質を改善したことなどから収益性が改善した。今後は半導体不足の影響は第2四半期の販売台数に大きな影響を与える一方、下半期には各市場で発売される新車効果による販売台数の回復を見込む。

    日産自動車の株価は3.88%高の593.7円で推移している。
  • 2021/07/01 16:48
    【注目銘柄】電気自動車生産ハブ「EV36Zero」に10億ポンドを投資
    日産自動車は、2021年7月1日、電気自動車生産ハブ「EV36Zero」に10億ポンド(約1530億円)を投資すると発表した。英サンダーランド工場を基盤としたプロジェクトで、日産自動車、エンビジョンAESC、サンダーランド市議会によって投資される。

    日産自動車は最大4.23億ポンドを投資し、新世代のクロスオーバーEVを英国で生産する。新世代EVはグローバルカーとして設計され、英サンダーランド工場で生産され、欧州市場にも輸出される。生産能力は年10万台。

    エンビジョンAESCは、4.5億ポンドを投資し、英国初のギガファクトリーを建設し、日産の新世代EVに供給する次世代バッテリーを生産する。航続距離と効率性を向上させるためにエネルギー密度を30%向上させた新しいバッテリーセルを採用するなど、英国で生産されるEV用バッテリーのコスト競争力を高める。

    サンダーランド市議会は0.8億ポンドを投資し、年間5.5万トンの炭素を削減する100%再生可能な電力を実現するプロジェクトを主導する。

    日産自動車は、ここで得られた経験・ノウハウを他の地域にも共有し、グローバルでの競争力を高める方針。

    日産自動車の株価は0.63%安の547.8円で推移している。
  • 2021/05/06 08:50
    【注目銘柄】ダイムラーの全株式を売却 取得資金は電動化などに活用
    日産自動車は、2021年5月5日、ダイムラーの全株式を売却すると発表した。売却総額は約11.49億ユーロ(約1505億円)。売却による取得資金を電動化促進に向けた投資などの原資に活用していく予定。

    日産自動車の株価は3.4円安の547.7円で推移している。
  • 2021/04/02 08:27
    【注目銘柄】コバルトを使わない低価格EV電池を2020年代半ばに実用化
    日産自動車は、コバルトを使わない低価格EV電池を2020年代半ばに実用化する。今年発売する新型EV「アリア」で、正極に使うコバルトを1割に減らし、順次コバルトをなくす方向。パナソニックは、既にコバルト比率を5%以下にしており、今後数年でゼロにするほか、テスラもコバルト比率ゼロを表明しているため、インパクトは小さいが、EV電池価格の引き下げにはなりそうだ。

    世界のコバルト産出量は今後が全体の3分の2を占めており、政情不安で供給懸念がつきまとっている。完全にコバルトフリーの電池を量産化した企業はまだないが、中国のSVOLTが21年6月からの量産化を表明している。航続距離は880キロメートルに達するという。
  • 2021/02/09 17:26
    【上方修正】販売の質向上や固定費削減等が寄与し、通期営業利益を▲3400億円から▲2050億円に上方修正
    日産自動車は通期営業利益を▲3400億円から▲2050億円に上方修正した。世界的な半導体不足に伴い年間販売台数目標を416.5万台から401.5万台と3.6%下方修正。販売台数の減少は570億円の減益要因となる一方、販売の質向上やモノづくり、固定費等コスト最適化で1350億円の改善を見込む。

    日産自動車の株価は0.1円安の629.5円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 28.82 RCI 9日 -80
13日 -75.14
ボリンジャーバンド +2σ 650.01
-2σ 522.89
ストキャススロー S%D 53.26
%D 16.18
ストキャスファースト %K 22.22
%D 16.18
ボリュームレシオ 14日 34.05
移動平均乖離率 25日 -6.81 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (12月4日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方