銘柄診断

9984 ソフトバンクグループ

9984ソフトバンクグループのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
9,600
予想安値
8,700

9984 ソフトバンクグループの投資戦略

9984 ソフトバンクグループの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

9984 ソフトバンクグループの関連ニュース

  • 2017/08/31 14:04
    【銘柄情報】5Gの商用サービスに向けた実証実験を拡大
    華為技術(ファーウェイ)およびエリクソンと、4.5GHz帯を使用した5Gの商用サービスに向けた実証実験に関する契約を締結した。これまでもZTEおよびノキアと4.5GHz帯の実証実験契約を締結しており、5Gを2020年頃の商用サービス開始を目指す。
  • 2017/08/10 12:57
    【銘柄情報】ソフトバンクC&Sと中国オッフォがシェアバイク事業の協業について基本合意
    ソフトバンク コマース&サービスは、世界最大級のシェアバイク事業を行う中国「オッフォ」と日本展開で協業する。オッフォは、世界7か国、170都市以上に800万台以上の自転車でサービスを提供しており、アジア太平洋地域での事業拡大において、日本を重要な市場と位置付けている。2017年9月以降、東京、大阪からサービスを開始する計画。
  • 2017/08/07 15:51
    【決算】4-6月期営業利益は50.1%増、純利益は97.8%減
    ソフトバンクの4-6月期営業利益は50.1%増の4792億円、純利益は97.8%減の55億円。売上高はスプリント事業とヤフー事業が増収になったほか、アーム事業が新たに加わる一方、国内通信事業と流通事業は減収となった。営業利益は50.1%増。ソフトバンクビジョンファンド(SVF)への移管が決定している株式についての公正価値の変動額を評価損益として計上した。持分法による投資損益は95.4%減の16億円。主にアリババの持分法投資利益が減少したことが影響した。デリバティブ関連損益で2570億円の損失を計上。アリババ株式先渡売買契約に含まれるカラー取引に関するデリバティブ関連損失を計上した。
  • 2017/08/03 13:58
    【銘柄情報】全固体電池「パワーリーフ」を搭載した製品展開を本格化
    「全固体電池を搭載した製品展開を本格化する」と、化学工業日報が報じている。7月20日にソフトバンク コマース&サービスが発表していたものだが、台湾のプロロジウムテクノロジー製の折り曲げることも出来る電池を実装したネームタグ型モバイルバッテリーを開発したようだ。

    これはリチウムイオン電池ではなく、セラミック電池で「パワーリーフ」と命名されている。曲げや衝撃に強く、薄型・軽量で、自由な形に加工可能なフレキシブルさを持っているため、バッグやスーツケースに取り付けるネームタグ型として利用出来る。ソフトバンク コマース&サービスは、ソフトバンクセレクションを中心とした国内最大級のモバイルアクセサリー事業を展開しており、大手での全固体電池の商品展開は初めてとなる。
  • 2017/07/14 10:56
    【銘柄情報】SBドライブが、自動運転バス調査委員会が実施する実証実験に自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」を提供
    ソフトバンクグループで、自動運転技術の導入・運用に関するコンサルティングや旅客物流に関するモビリティサービスの開発・運営を行うSBドライブが、自動運転バス調査委員会が実施する実証実験に自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」を提供する。自動運転シャトルバス「NAVYA ARMA」は、フランスのNAVYAが開発した電気自動車で、乗車定員は15名、時速45キロで走行する。カメラなどで障害物を検知して、あらかじめ設定したルートを自律走行し、スイスでは公共交通機関として実用化されている。
  • 2016/11/07 15:41
    【決算】中間期営業利益は3.5%増の6539億円、純利益は79.6%増の7662億円
  • 2016/10/07 15:12
    【自社株消却】発行済み株式総数の8.33%にあたる1億株を10月31日に消却。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 77.62 RCI 9日 85
13日 45.6
ボリンジャーバンド +2σ 9375.79
-2σ 8403.23
ストキャススロー S%D 29.63
%D 57.43
ストキャスファースト %K 89.25
%D 57.43
ボリュームレシオ 14日 53.6
移動平均乖離率 25日 4.6 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方