株価予想

9984 ソフトバンクグループ

2020年12月2日 株価
始値
7,330
高値
7,346
安値
7,208
終値
7,255
出来高
14,637,200
9984ソフトバンクグループのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
7,700
予想安値
6,900
みんなの予想
上がる
69.4%
下がる
30.6%
平均予想株価
7,168円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

9984 ソフトバンクグループの投資戦略

9984 ソフトバンクグループの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

9984 ソフトバンクグループの関連ニュース

  • 2020/11/09 17:20
    【決算】中間期税引前利益は22.9%増
    ソフトバンクグループの2021年3月期第2四半期(4-9月)の税引前利益は22.9%増の1兆4414億円となった。

    持ち株会社投資事業からの投資利益は20.5%減の5796億円。Tモバイル株の売却で4218億円、引き続き保有するTモバイル株の未実現評価益1001億円、デリバティブ関連利益1770億円を計上した。一方、上場株式などへの投資損失で1317億円を計上した。セグメント利益は97.7%減の253億円となった。

    ソフトバンクビジョンファンドなど運営ファンドからの投資利益は1兆3366億円(前期は▲5293億円)。投資売却による実現益1414億円、保有する投資の未実現評価益7299億円、KEホールディングスの上場後の株価上昇で未実現評価益5372億円を計上した。セグメント利益は9139億円となった(前期は▲4000億円)。

    また、ソフトバンク事業のセグメント利益は2.9%増の5332億円、アーム事業は▲248億円(前期は▲208億円)、PayPay等その他は529億円(前期は▲407億円)となった。

    ソフトバンクグループの株価は361円高の7083円で推移している。
  • 2020/11/09 13:41
    【自社株買い】自社株買い進捗 10月は1994万株・1393億円
    ソフトバンクグループの自社株買い進捗。2020年10月1日~2020年10月31日は6月25日の決議で1994万株・1393億円を取得した。7月30日の決議分は0だった。自社株買いの累計は6月25日決議分が2612万株・1794億円、7月30日決議分は0となっている。

    ソフトバンクグループは6月25日決議分で発行済み株式総数5.75%(1億1500万株)を自社株買い。取得価額は5000億円。取得期間は2020年6月26日から2021年3月31日。7月30日決議分で発行済み株式総数12.3%(2.4億株)を自社株買い。取得価額は1兆円。取得期間は2020年7月31日から2021年7月30日としている。

    ソフトバンクグループの株価は374円高の7096円で推移している。
  • 2020/10/14 16:33
    【自社株買い】自社株買い進捗 9月は617万株・400億円を取得
    ソフトバンクグループの自社株買い進捗。2020年9月1日~2020年9月30日は6月25日の決議分で617万株・400億円を取得した。7月30日の決議分は0だった。自社株買いの累計は6月25日決議分が617万株・400億円、7月30日決議分は0となっている。

    ソフトバンクグループは6月25日決議分で発行済み株式総数5.75%(1億1500万株)を自社株買い。取得価額は5000億円。取得期間は2020年6月26日から2021年3月31日。7月30日決議分で発行済み株式総数12.3%(2.4億株)を自社株買い。取得価額は1兆円。取得期間は2020年7月31日から2021年7月30日としている。

    ソフトバンクグループの株価は107円高の7165円で推移している。
  • 2020/09/18 11:47
    【注目銘柄】ブライトスター・グローバルの全株式を売却
    ソフトバンクグループは、2020年9月18日、ブライトスター・グローバル・グループ(BGG)の全株式を売却すると発表した。売却対価は、現金とBGGの全株式を保有予定のBCPの当該新設予定子会社の25%からなるとしている。完了は2021年3月期中を予定する。

    ソフトバンクグループの株価は114円安の6503円で推移している。
  • 2020/09/14 20:56
    【注目銘柄】ソフトバンク株式の一部売却 売出価格は1204.5円
    ソフトバンクグループは、2020年9月14日、ソフトバンク株式の一部売却で売出価格が1204.5円に決定したと発表した。所有割合は62.1%から40.4%、売出価額は1204.5円、手取り金は2021年3月期第2四半期に1兆580億円の受領を見込むとしている。

    ソフトバンクグループの株価は525円高の6385円で推移している。
  • 2020/09/14 09:13
    【注目銘柄】アームの全株式を売却 最大約4.2兆円
    ソフトバンクグループは、2020年9月14日、100%を保有するアームの全株式をエヌビディアに売却すると発表した。取引価値を最大400億ドル(約4.2兆円)と評価した取引で売却する。完了は2022年3月頃を見込む。

    ソフトバンクグループは、2016年9月にアーム株の100%をを310億ドルで取得していた。2020年3月期の売上高は約2029億円、営業利益は約46億円、純利益は▲約85億円、純資産は約4723億円となっている。

    ソフトバンクグループの株価は547円高の6407円で推移している。
  • 2020/08/28 15:54
    【注目銘柄】ソフトバンク株式の一部を売却 所有割合は62.1%から40.4%へ
    ソフトバンクグループは、2020年8月28日、ソフトバンク株式の一部を売却すると発表した。所有割合は62.1%から40.4%となる見通し。売出価格は9月14日から16日までの間のいずれかの日の普通取引の終値に0.9~1を乗じた価格を仮条件として、売出価格等決定日に決定されるとしている。

    一方、ソフトバンクは発行済み株式総数1.68%(8000万株)を自社株買いを実施。取得価額は1000億円。取得期間は2020年10月1日から2021年3月31日。

    ソフトバンクグループの株価は221円安の6397円、ソフトバンクの株価は23.5円安の1431.5円で推移している。
  • 2020/08/11 16:58
    【決算】4-6月の税引前利益は50.9%減
    ソフトバンクグループの2021年3月期第1四半期(4-6月)の税引前利益は50.9%減の8330億円となった。

    アリババやTモバイル、ウィーワークなど約120社の持株会社投資事業からの投資損益は47%減の6504億円。Tモバイル株の売却関連利益4218億円、スプリントとTモバイルの合併取引関連での投資に係るデリバティブ関連利益1333億円、投資の売却による実現利益654億円を計上した。セグメント利益は63.2%減の4588億円となっている。

    ソフトバンクビジョンファンドなど運営ファンドからの投資損益は28.4%減の2965億円。投資売却による実現益1114億円、保有する投資の未実現評価益2581億円を計上した。6月末時点で86銘柄を保有している。セグメント利益は38.9%減の1296億円となっている。

    また、ソフトバンク事業のセグメント利益は0.9%減の2592億円、アーム事業は▲133億円(前期は▲111億円)、ブライトスター事業は▲10億円(前期は▲28億円)、PayPay等のその他は▲86億円(前期は▲231億円)となった。

    ソフトバンクグループの株価は160円安の6361円で推移している。
  • 2020/07/31 08:31
    【自社株買い】発行済み株式総数12.3%を自社株買い 20年7月31日~21年7月30日
    ソフトバンクグループは、2020年3月23日に公表した4.5兆円プログラムに基づき、発行済み株式総数12.3%(2.4億株)の自社株買いを実施すると発表した。取得価額は1兆円。取得期間は2020年7月31日から2021年7月30日。

    ソフトバンクグループの株価は159円高の6898円で推移している。
  • 2020/06/26 08:36
    【自社株買い】発行済み株式総数5.75%を自社株買い 6月26日~3月31日
    ソフトバンクグループは発行済み株式総数5.75%(1億1500万株)を自社株買い。取得価額は5000億円。取得期間は2020年6月26日から2021年3月31日。

    ソフトバンクグループの株価は26円安の5370円で推移している。
  • 2020/06/25 08:06
    【注目銘柄】Tモバイル株の売却総額 最大2.1兆円
    ソフトバンクグループは、2020年6月24日、Tモバイル株の売却総額が最大201.15億ドル(約2.1兆円)から引受手数料などの費用を差し引いた金額となると発表した。売却の受渡完了は2020年6月26日を予定しており、Tモバイルは持分法適用会社から外れる見通し。

    ソフトバンクグループの株価は101円安の5396円で推移している。
  • 2020/06/23 09:25
    【注目銘柄】Tモバイル株の売却取引を開始
    ソフトバンクグループは、2020年6月23日、Tモバイル株の売却取引を開始すると発表した。子会社を通じてTモバイル株をTモバイルに売却。Tモバイルは、購入した株式を米国内での公募、現金強制転換証券を発行する信託を通じた私募、株主割当による株式募集、同社取締役のマルセロ・クラウレへの売却を通じて処分し、その手取金がソフトバンクグループの子会社に引き渡されるとしている。

    ソフトバンクグループは、Tモバイルの売却と関連取引の実施に関連し、Tモバイルに3億ドルを支払う。また、本件関連取引に係る費用をTモバイルに対して支払う。売却における売却価額の総額は、本件関連取引におけるTモバイルの手取金と同額になるとしている。

    ソフトバンクグループの株価は144円高の5657円で推移している。
  • 2020/06/16 08:51
    【注目銘柄】Tモバイル株で潜在的取引の検討を開始
    ソフトバンクグループは、2020年6月16日、Tモバイルの株式について潜在的取引の検討を開始したと発表した。私募又は公募による売却やTモバイル又はその株主、その他第三者との取引、デリバティブ又はヘッジ取引、マージンローン、その他形態の取引を検討する。

    Tモバイル株式の価格や流動性、市場、経済環境などの検討事項等で判断する。潜在的取引検討の結果として何ら取引が実施されない可能性もあるとしている。

    ソフトバンクグループの株価は166円安の4905円で推移している。
  • 2020/06/01 11:02
    【注目銘柄】中国配車アプリ大手の滴滴出行(ディディ)に出資
    中国配車アプリ大手の滴滴出行(ディディ)が、SVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)から5億ドル(約536億円)を調達した。中国の自動運転業界の中でも過去最大で、2017年には滴滴出行本体に50億ドル(約5650億円)を追加出資していた。滴滴出行には中国テンセントやアリババ、米アップルも出資している。配車サービスの利用者は4億人、運転手は1500万人を確保している。

    今回の出資は滴滴出行本体から分社化した自動運転部門。2016年に自動運転車のテストを開始しているが、開発には巨額の資金が必要となるため、調達資金で開発を加速するほか、自動車メーカーと連携も模索するようだ。これまで第二SVFは新規投資を控えてきたが、ソフトバンクグループで巨額の資金調達が進み、再び投資を活発化させる兆しか、注目される。
  • 2020/05/21 16:47
    【注目銘柄】ソフトバンク株の一部を譲渡 所有割合は67.1%から62.1%へ
    ソフトバンクグループは、2020年5月21日、ソフトバンク株の一部を譲渡すると発表した。完了は2020年5月26日。所有割合は67.1%から62.1%となる見通し。

    ソフトバンクグループの株価は59円安の4480円、ソフトバンクの株価は11円安の1375円で推移している。
  • 2020/05/18 15:48
    【決算】20年3月期営業利益は▲1兆3646億円 ファンド▲1.9兆円 ファンド以外30.6%減の5667億円
    ソフトバンクグループの2020年3月期営業利益は▲1兆3646億円となった(前期は2兆736億円)。

    ソフトバンクビジョンファンドなど運営ファンドからの営業利益は▲1.9兆円。ウーバーやウィーワークなどの公正価格の減少や新型コロナウイルスの影響でその他の投資先の公正価値合計も大幅に減少した。

    ファンドを除く事業の営業利益は30.6%減の5667億円。ソフトバンクで635億円増、ブライトスターで180億円増となる一方、アームで1767億円減、その他で1594億円減となった。

    2021年3月期の業績予想は未定としている。新型コロナウイルスの影響では、ソフトバンクビジョンファンドは感染拡大の収束が遅れれば、来期も先行き不透明感が払えない状況が長引くと見込む。ソフトバンクでは通信事業への影響は軽微と見込む。Zホールディングスではイーコマースの利用が増加する一方、広告出稿や宿泊・飲食予約サービスは減少すると見込む。アームでは、コンシューマー・エレクトロニクスの出荷が減少すればテクノロジー・ロイヤルティー収入に、ライセンシーが新規ライセンス契約締結を延期すればテクノロジー・ライセンス収入に影響が及ぶ可能性があると見込む。

    ソフトバンクグループの株価は47円高の4621円で推移している。
  • 2020/05/18 09:57
    【自社株買い】発行済み株式総数6.7%を自社株買い 5月18日~3月31日
    ソフトバンクグループは、2020年3月23日に公表した「自己株式取得と負債削減のための4.5兆円プログラム」の方針に基づく、発行済み株式総数6.7%(1.35億株)の自社株買いを実施すると発表した。取得額は5000億円、取得期間は2020年5月18日から2021年3月31日。

    ソフトバンクグループの株価は65円高の4639円で推移している。
  • 2020/05/15 19:16
    【自社株買い】自社株買い進捗 4月は5392万株・2346億円を取得
    ソフトバンクグループの自社株買い進捗。2020年4月1日から4月30日は5392万株・2346億円を取得した。自社株買いの累計は5864万株・2506億円となっている。

    ソフトバンクグループは発行済み株式総数7%(1億4500万株)を自社株買い。取得価額は5000億円。取得期間は2020年3月16日から2021年3月15日。

    ソフトバンクグループの株価は44円高の4574円で推移している。
  • 2020/05/07 10:38
    新型コロナウイルスの抗体検査キット200万個を調達
    孫正義社長は、新型コロナウイルスの抗体検査キット200万個を調達し、グループの社員や家族らに提供することを公表した。検査キットの発注先は明らかになっていない。また希望する医療従事者や介護従事者には、利益を上乗せせずに提供する。孫社長は新型コロナ対策へ積極的で、3月には簡易PCR検査キットを希望者に提供するとしたが、不評のため撤回した。またフェースシールドを80万個、ゴーグルを23万個調達するめどがたち、5月末から医療機関に販売する予定。

    4月には中国のEV(電気自動車)メーカ「BYD」から1ヶ月あたり3億枚のマスクを調達し、5月から利益を上乗せせずに医療機関に販売すると発表した。医療用N95マスクが1億枚、一般的な医療マスクを2億枚調達する。BYDは3月に日量500万枚の生産能力がある世界最大規模のマスク工場を開設し、その後生産能力を増強している。
  • 2020/04/30 09:20
    【下方修正】通期純利益を▲7500億円から▲9000億円に下方修正
    ソフトバンクグループは通期純利益を▲7500億円から▲9000億円に下方修正した。営業外損失の見込み額が8000億円から1兆円超に膨らむ見通し。ウィーワークに対するローンコミットメント及び金融保証契約の公正価値評価から生じる損失を新たに認識する見込みとなったため、損失見込み額が増加したとしている。

    ソフトバンクグループの株価は112円高の4722円で推移している。
  • 2020/04/15 16:11
    【自社株買い】自社株買い進捗 3月は471万株・160億円を取得
    ソフトバンクグループの自社株買い進捗。2020年3月16日から3月31日は471万株・160億円を取得した。自社株買いの累計は471万株・160億円となっている。

    ソフトバンクグループは発行済み株式総数7%(1億4500万株)を自社株買い。取得価額は5000億円。取得期間は2020年3月16日から2021年3月15日。

    ソフトバンクグループの株価は87円安の4333円で推移している。
  • 2020/04/14 07:03
    【注目銘柄】通期営業利益予想 ▲1兆3500億円の見通し
    ソフトバンクグループは通期営業利益予想を▲1兆3500億円と発表した。前期は2兆3539億円だった。ソフトバンクビジョンファンドでの投資の公正価値の減少に伴い、約1.8兆円の投資損失を計上する見込み。

    ソフトバンクグループの株価は147円安の4200円で推移している。
  • 2020/04/08 18:06
    【注目銘柄】シェアオフィスの米ウィーワークの取締役が、ソフトバンクグループを提訴
    シェアオフィスの米ウィーワークの取締役が、ソフトバンクグループ(SBG)が予定していた30億ドル(約3270億円)の株式買い取りを取り下げたことを不満として、訴訟に踏み切った。当初計画通りTOBを実施するか、損害賠償を求めているが、SBGは争う姿勢を示している。SBGはウィーワークへの支援は続けるが、シェアオフィスの利用者は減少しており、ウィーワークは世界の大規模な家主と賃料引き下げ交渉を行っている。S&Pはウィーワークの格付けをジャンク級に引き下げているが、見通しはネガティブで、一段の格下げも示唆している。
  • 2020/04/02 13:58
    【注目銘柄】ウィワーク株式に対する最大30億ドルの公開買い付けを取りやめ
    ソフトバンクグループは、2020年4月2日、ウィワーク株式に対する最大30億ドル(約3210億円)の公開買い付けを取りやめたと発表した。必要な条件の一部が充足されなかったとしている。公開買い付け完了で株式の取得価額と公正価格の差額を営業外損失として計上する見込みだったが、取りやめにより計上されないこととなったとしている。

    ソフトバンクグループの株価は111円高の3786円で推移している。
  • 2020/04/02 08:51
    【注目銘柄】スプリントとTモバイル 合併完了
    ソフトバンクグループは、2020年4月2日、スプリントとTモバイルの合併が完了したと発表した。完了に伴い、スプリントはソフトバンクグループの子会社ではなくなり、約24%を保有する持分法適用関連会社となった。スプリントの4兆円超の有利子負債が連結から外れる。

    ソフトバンクグループの株価は113円安の3675円で推移している。
  • 2020/03/30 16:22
    【注目銘柄】投資先の衛星通信会社ワンウェブが経営破綻
    ソフトバンクグループが出資する衛星スタートアップのワンウェブが経営破綻し、チャプター11(米連邦破産法11条)を申請した。ソフトバンクグループは2016年に約10億ドル(約1080億円)を出資し、追加出資で合計19億ドル(約2000億円)を出資し、筆頭株主となっている。

    ワンウェブは小型衛星を2019年2月に6基打ち上げに成功、650基体制で2021年の商用化を目指し、10年後には6000基体制を計画していた。

    ソフトバンクグループの株価は194円安の3693円で推移している。
  • 2020/03/23 14:08
    【注目銘柄】自社株買いと負債削減のために最大4.5兆円の保有資産の売却・現金化を決定
    ソフトバンクグループは、2020年3月23日、自社株買いと負債削減のために最大4.5兆円の保有資産の売却または現金化を決定したと発表した。最大2兆円の自社株買いと残高を負債の償還や社債の買い入れ、現預金残高に充当する。今後4四半期にわたって実施するとしている。

    自社株買いは合計で2.5兆円となり、発行済み株式総数の45%の株式を取得し、それを消却することとなるとしている。

    ソフトバンクグループの株価は500円高の3187円で推移している。
  • 2020/03/13 09:25
    【自社株買い】発行済み株式総数7%を自社株買い 20年3月16日~21年3月15日
    ソフトバンクグループは発行済み株式総数7%(1億4500万株)を自社株買い。取得価額は5000億円。取得期間は2020年3月16日から2021年3月15日。

    ソフトバンクグループの株価は219円安の3745円で推移している。
  • 2020/02/19 17:07
    【注目銘柄】子会社ソフトバンク株を担保に最大5000億円を調達
    ソフトバンクグループは、2020年2月19日、子会社ソフトバンクの株式の一部を担保として、最大5000億円を借り入れるマージン・ローンを実施すると発表した。資金調達実行は2020年2月25日。期間は2年で1年の延長オプションがついている。

    ソフトバンクグループはソフトバンク株を約31.8億株保有。担保とするソフトバンク株は最大9億5300万株で、保有数の約30%となる。

    ソフトバンクグループの株価は82円高の5351円で推移している。
  • 2020/02/12 17:07
    【決算】4-12月期営業利益は▲129億円 ファンド▲7978億円 ファンド以外▲25.3%の7847億円
    ソフトバンクグループの2020年3月期第3四半期(4-12月)の営業利益は▲129億円となった。

    ソフトバンクビジョンファンドなど運営ファンドからの営業利益は▲7978億円。ウーバーやウィーワークなどの公正価格が減少した。

    ファンドを除く事業の営業利益は25.3%減の7847億円。ソフトバンクで500億円増、ブライトスターで71億円増となる一方、スプリントで1175億円減、アームで1798億円減、その他で261億円減となった。

    ソフトバンクグループの株価は611円高の5751円で推移している。
  • 2020/02/12 07:19
    【注目銘柄】米地裁 スプリントとTモバイルの合併承認
    ニューヨークの連邦地裁は、2020年2月11日、ソフトバンクグループ傘下のスプリントとTモバイルUSの合併を認めた。スプリントの経営権はTモバイルの親会社ドイツテレコムに移り、ソフトバンクグループの子会社から外れる見通し。ソフトバンクグループから4兆円を超えるスプリントの有利子負債が連結債務から外れる。

    ソフトバンクグループの株価は76円高の5140円で推移している。
  • 2020/02/08 14:37
    【注目銘柄】米エリオットがSBG株の3%を取得 最大2.2兆円の自社株買い要求(報道)
  • 2020/01/13 07:05
    【注目銘柄】OYO 中印で1800人削減 印では今後3~4カ月で1200人削減計画 (ブルームバーグ)
  • 2020/01/03 12:58
    【注目銘柄】米カリフォルニア州でのギグワーカーを従業員にする州法に対し、米ウーバーなどが違憲と提訴 (日経)
    米カリフォルニア州でギグワーカーを従業員にする州法が2019年9月に成立し、2020年1月1日に施行。米ウーバー等は労働者から働き方の自由を奪うと主張している。ギグワーカーを従業員にする州法ではウーバーやリフトなどの負担増となる可能性がある。
  • 2019/12/24 16:01
    【注目銘柄】リチウム鉱山開発のネマスカが企業債権者調整法の適用を申請
    ソフトバンクグループが出資するカナダのネマスカ・リチウムは、2019年12月23日、会社更生法に相当する企業債権者調整法(CCAA)の適用を申請すると発表した。

    ネマスカはリチウム鉱山の開発事業を手掛ける。ソフトバンクグループは2018年4月にネマスカの株式9.9%を取得すると発表。投資額は約80億円とみられる。スマートフォンの需要増加やEV市場の拡大に向けてリチウム資源を開発。高純度の水酸化リチウムと炭酸リチウムの商業生産を2020年後半に予定していた。

    ソフトバンクグループの株価は17円高の4680円で推移している。
  • 2019/12/14 18:47
    【注目銘柄】ワンコネクト・ファイナンシャル・テクノロジーが新規公開
    中国平安保険傘下のフィンテック企業であるワンコネクト・ファイナンシャル・テクノロジーが新規公開となった。ソフトバンクが出資した時点の評価額は75億ドルだったが、発行価格を12-14ドルから9-10ドルに引き下げたこともあり、37億ドルの評価に留まっている。ワンコネクトの1-9月売上は72%増の15億ドルと急成長しているが、最終損益は赤字が続いている。大幅な赤字を抱えて新規上場する企業への投資に消極的なため、初日の終値も公開価格とおなじ10ドルとなっている。

    ウィーワークの上場延期の痛手が大きく、新規IPOも評価減に見舞われているが、ソフトバンクグループ株価は堅調に推移している。いずれ黒字化することで潮目が変わることを期待した買いが支えているようだ。
  • 2019/12/05 17:24
    【注目銘柄】アーム 中国法人で人員を1年半で倍増 25年に売上高で本体超えを目指す (日経)

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 87.11 RCI 9日 95
13日 86.81
ボリンジャーバンド +2σ 7422.19
-2σ 6256.83
ストキャススロー S%D 50.9
%D 87.14
ストキャスファースト %K 93.78
%D 87.14
ボリュームレシオ 14日 68.63
移動平均乖離率 25日 5.75 サイコロジカル 12日 66.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方