株価予想

9984 ソフトバンクグループ

9984ソフトバンクグループのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
4,900
予想安値
3,700
みんなの予想
上がる
66.7%
下がる
33.3%
平均予想株価
4,490円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

9984 ソフトバンクグループの投資戦略

9984 ソフトバンクグループの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

9984 ソフトバンクグループのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

9984 ソフトバンクグループの関連ニュース

  • 2019/10/17 16:42
    【注目銘柄】米FCCがスプリントとTモバイルの合併計画を承認 (報道)
    米連邦通信委員会(FCC)が2019年10月16日、ソフトバンクグループ傘下のスプリントとTモバイルの合併計画を承認したと日経やロイターなどが報道報じている。合併実現に向けて、一部の州による差し止め訴訟の行方が次の焦点となる。

    ソフトバンクグループの株価は45円高の4295円で推移している。
  • 2019/10/15 18:03
    【注目銘柄】シェアオフィス「ウィーワーク」へ、数十億ドルの追加出資を検討
    ソフトバンクグループが経営権を握る可能性があると、ウォールストリートジャーナルが報じた。
  • 2019/10/08 08:57
    【注目銘柄】ソフトバンク 法人向け営業利益を3年で2倍を目標 (日経)
  • 2019/10/01 15:49
    【注目銘柄】「ウィーワーク」の米ウィーカンパニー 上場申請に関する書類を取り下げ
  • 2019/09/26 16:31
    【注目銘柄】「ウィーワーク」の米ウィーカンパニー 社員3分の1削減検討 (米メディア)
  • 2019/09/25 16:58
    【注目銘柄】「ウィーワーク」の米ウィーカンパニーCEOが辞任
  • 2019/09/19 16:41
    【注目銘柄】米カリフォルニア州でギグワーカーを従業員にする州法成立 ウーバーやリフトなど負担増も
  • 2019/09/18 16:50
    【注目銘柄】「ウィーワーク」の米ウィーカンパニーのIPO延期 「年末までに完了したい」
  • 2019/09/17 07:22
    【注目銘柄】5G基地局整備計画を2年前倒し (日経)
  • 2019/09/15 09:32
    【注目銘柄】「ウィーワーク」の米ウィーカンパニーのIPO 想定時価総額は150億ドル(約1.6兆円)を下回る可能性(米メディア)
  • 2019/09/11 16:49
    【注目銘柄】米アップル 新型iPhone3機種を発表 主力の11は7万4000円から
  • 2019/09/11 08:37
    【注目銘柄】アリババ創業者ジャック・マー氏が会長を退任
  • 2019/09/06 15:39
    【注目銘柄】「ウィーワーク」の米ウィーカンパニーのIPO 市場予想の半分の200億ドル(約2.1兆円)にとどまる見通し(米報道)
  • 2019/09/06 07:58
    【注目銘柄】携帯電話 2年縛りを廃止 9月中旬から
  • 2019/08/08 10:57
    【注目銘柄】四半期純利益が日本企業で過去最高の1兆円
    4-6月売上は2.8%増の2兆3363億円、営業利益は3.7%減の6888億円、純利益は3.5倍の1兆1217億円となった。SVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)とデルタ・ファンドからの営業利益が3976億円、オヨやスラックなど未上場会社の評価益が4085億円発生し、営業利益を押し上げたが、アームの中国子会社の合弁化による1568億円が減益要因となった。純利益はアリババの株式決済益1兆2185億円の貢献が大きい。

    SVFの保有銘柄は81で、ウーバー、スラックは上場を果たし、今後はウィーワークやクラウドマインズが上場予定となっている。米国の有力投資情報誌バロンズが、ソフトバンクグループの評価は企業価値を30-50%下回っていると指摘し、アリババ株だけで時価総額を上回ると評価していたが、四半期純利益が日本企業で過去最高となっただけに、評価が高まりそうだ。
  • 2019/08/07 17:50
    【決算】4-6月期営業利益は3.7%減の6888億円 ファンド+65.7% ファンド以外▲38.7%
    ソフトバンクグループの4-6月期営業利益は3.7%減の6888億円、税引前利益は194%増の1兆6823億円となった。

    営業利益では、ソフトバンクビジョンファンドとデルタファンドからの営業利益は65.7%増の3976億円。OYOやSlack、Doordashなど継続保有する投資の公正価値が増加した。ファンドを除く事業の営業利益は38.7%減の2911億円。ソフトバンクで164億円、ブライトスターで40億円改善した一方、スプリントで347億円、アームで1567億円、その他で142億円悪化した。

    ソフトバンクグループの株価は12円安の5188円で推移している。
  • 2019/07/24 16:35
    【自社株買い】発行済み株式総数の0.96%にあたる4600万株、740億円上限の自社株買いを実施
    発行済み株式総数の0.96%にあたる4600万株、740億円上限の自社株買いを実施。取得期間は8月6日から2020年3月31日。
  • 2019/06/04 15:44
    【注目銘柄】アリババ株式の一部を資金化する取引が決済され、税引前利益に約1.2兆円を計上
    ソフトバンクグループは、2019年6月4日、アリババ株式の一部を資金化する取引が決済されたと発表した。2020年3月期第1四半期に約1.2兆円を税引前利益に計上する見込み。なお、当該利益は非資金利益。

    取引決済後、ソフトバンクグループと子会社が保有するアリババ株は6億7400万株で、3月末現在の発行済み株式総数に対する割合は26%になるとしている。

    ソフトバンクグループの株価は314円安の9298円で推移している。
  • 2019/05/30 15:48
    【自社株消却】発行済み株式総数の5.07%の自己株式消却を実施
    ソフトバンクグループは、発行済み株式総数の5.07%(5575万3200株)の自己株式消却を実施。消却日は6月10日。

    ソフトバンクグループの株価は135円安の10365円で推移している。
  • 2019/05/21 09:31
    【注目銘柄】スプリントとTモバイルの合併が一歩前進
    懸案のスプリントとTモバイルの合併が一歩前進した。FCC(米通信委員会)のパイ委員長が、農村部通信網の整備やプリペイド事業の売却を評価し、「公益にかない、米国の5G展開を加速する」として、合併承認の意向を示した。独禁法を審査する米司法省の判断次第ではあるが、市場はスプリントを高く評価し、一時28%上昇した。FCCの声明直前には、ブルームバーグが司法省は両社の合併を承認しない方向と報じていたが、FCCと司法省が別々の結論を出すことは極めて異例。

    司法省は3社寡占により、通信料金が高止まりし、消費者に不利益となるとの立場をとっている。Tモバイルは通信料金を3年間は値上げしないという経営計画を提出しており、この取扱が焦点になりそうだ。両社の合併期限は7月29日。米携帯大手のベライゾンとAT&Tの株価は上昇しており、市場は合併に前向きな評価を示している。司法省とは逆に投資家は価格競争が和らぎ、業績が安定することを期待している。ソフトバンクグループの株価は170円高の10505円。
  • 2019/05/09 17:34
    【決算】19年3月期営業利益は80.5%の増益 第2号ファンド立ち上げへ
    ソフトバンクグループの2019年3月期営業利益は80.5%増の2兆3539億円となった。ソフトバンクビジョンファンドとデルタファンドからの営業利益は1兆2566億円。ファンドを除く営業利益は9.6%増の1兆972億円だった。また、孫正義会長兼社長は、サウジアラビアなどと組んだ10兆円規模の投資ファンド「ビジョン・ファンド」の第2号ファンドを立ち上げると発表した。

    ソフトバンクビジョンファンドとデルタファンドからの営業利益は1兆2566億円。ウーバーやガーダントヘルス、オヨなど継続保有する投資の公正価値の増加で未実現評価益1兆3785億円を計上。フリップカートの株式売却で売却益1466億円を計上した。また、エヌビディアへの投資では2226億円の損失を計上した。一方、エヌビディア株の株価下落をヘッジするために行ったカラー取引で、1684億円のデリバティブ関連利益を営業外損益に計上している。

    ファンドを除く営業利益は9.6%増の1兆972億円。ソフトバンクで404億円、スプリントで10億円、アームで1653億円、ブライトスターで212億円利益が改善した。

    ソフトバンクグループの株価は80円高の11550円で推移している。
  • 2019/05/09 16:15
    【株式分割】6月27日を基準日に1株から2株に株式分割
    ソフトバンクグループは6月27日を基準日に1株から2株に株式分割する。基準日に向けて分割人気も想定される。

    ソフトバンクグループの株価は80円高の11550円で推移している。
  • 2019/05/08 17:40
    【注目銘柄】子会社のソフトバンクがヤフーを連結子会社化
    ソフトバンクグループの子会社であるソフトバンクは、2019年5月8日、ヤフーを連結子会社化すると発表した。

    イーコマースを中心を中心とした協業やQRコードを用いたスマートフォン決済サービス「PayPay」など新規事業の拡大への取り組みなどで連携を深化。両社が保有するサービスや顧客基盤、ビッグデータを活用するなどして、成長・発展と企業価値向上を目指すとしている。ソフトバンクの2020年3月期営業利益は8900億円を計画する。
  • 2019/05/07 10:46
    【注目銘柄】10兆円ファンドのSVFがIPOを計画
    ソフトバンクグループが、SVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)のIPO(新規公開)を計画していると、ウォールストリート・ジャーナルが報じている。SVFの資産規模は1000億ドル(11兆7000億円)で、オマーンが数十億ドル出資するともされた。別の報道では伝統的なIPOではなく、幹事証券を介さない直接上場の可能性が指摘されている。直接上場では引受手数料などのコストが大幅に削減され、既存株主は持ち分の希薄化を回避するメリットがある。サウジアラビアやアブダビにメリットが大きい。

    一方伝統的なIPOでは大規模な資金調達が可能となるため、第二のSVF設立の道が開ける。どちらの方法を執るかは不透明だが、第二SVF設立は複数の銀行と協議していることを認めている。
  • 2019/04/25 08:47
    【注目銘柄】成層圏に通信基地を設置する事業で、グーグルと提携
    ソフトバンクグループは、上空20キロメートルの成層圏に通信基地を設置する事業で、グーグルの親会社アルファベットと提携すると報じられている。ソフトバンクは高高度長時間滞空無人航空機、HAPS(高高度擬似衛星)を開発する「HAPSモバイル」を傘下に持つ。HAPSモバイルが、アルファベットの子会社「ルーン」に100億円を出資し、相互出資を検討する方向。

    成層圏に無人航空機を飛ばす方法では、直径200キロメートルをカバーできる。衛星通信ほど大きなコストはかからず、メリットは大きい。ルーンがバルーンを使った通信実験を行っていたことでは有名だが、この方法が実用化できれば、地上基地局の設置コストを大幅に削減できることになる。ソフトバンクグループの前日終値は45円高の11550円。
  • 2019/04/12 08:48
    【注目銘柄】自動運転トラック隊列走行を5Gで実証 基地局圏外でも通信可能
    ソフトバンクは5Gの新たな無線方式(5G-NR)で、車両間直接通信試験を実施し、基地局圏外でも車両同士が自律的に直接通信し、無線遅延時間が1Ms(1000分の1秒以下)を、世界で初めて成功させた。トラックの隊列走行で、先頭車が有人運転で、後続車が自動運転で追従する仕組みで、これまでは基地局からの同期信号で圏内なら運用できたが、基地局圏外でも通信できると、トンネル内など、5G基地局がない環境でも自動隊列走行が可能になる。トラック隊列走行の早期実現に寄与する。
  • 2019/04/10 17:30
    【注目銘柄】米配車大手ウーバー・テクノロジーのIPOが浮上
    米配車大手ウーバー・テクノロジーは年内にIPOの可能性が期待されていたが、ロイターは100億ドルの株式売却を決定し、11日にIPO登録届出書を公開すると報じた。実現すれば、アリババ以来の大型IPOとなる。楽天が筆頭株主の配車大手リフトの上場時時価は243億ドルだったが、ウーバーの評価は最大1200億ドルとの試算もある。SVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)はウーバー株の15%を保有する筆頭株主。さらにトヨタと共同でウーバーの自動運転部門に10億ドルを出資する協議を行っているとも報じられている。ソフトバンクグループの株価は110円高の10940円。
  • 2019/03/29 09:32
    【注目銘柄】モネ・テクノロジーにホンダが参加 MaaSプラットフォームの開発加速
    モネ・テクノロジーは、トヨタのコネクティッドカーの情報基盤である「モビリティサービスプラットフォーム」と、ソフトバンクの「IoTプラットフォーム」を連携させた新しいモビリティサービスの提供を目指している。出資比率はソフトバンクが50.25%、トヨタが49.75%で資本金20億円で発足した。将来的に100億円に増資するとしていたが、モネに日野自動車とホンダが資本参加することが決まった。それぞれ2億4995万円を出資し、出資比率は9.99%となる。

    次世代移動サービス「MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)」のプラットフォームを開発するための「モネ・コンソーシアム」には88社が参加することになった。データが多ければ、安全性と効率は飛躍的に向上するため、さらなる参加も呼びかけており、一大勢力となりそうだ。ソフトバンクがAIに集中投資することと無関係ではない。AIベンチャー企業にも注目。
  • 2019/02/06 22:38
    【決算】4-12月期営業利益は61.8%増の1兆8590億円。発行済み株式総数10.3%を自社株買い。取得期間は2019年2月7日~2020年1月31日
  • 2018/11/05 23:43
    【決算】中間期営業利益は62.4%増の1兆4207億円

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 77.2 RCI 9日 76.67
13日 34.07
ボリンジャーバンド +2σ 5240.75
-2σ 3994.23
ストキャススロー S%D 17.14
%D 46.07
ストキャスファースト %K 100
%D 46.07
ボリュームレシオ 14日 52.1
移動平均乖離率 25日 -1.8 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株価予想

この銘柄の株価は

上がる 下がる

予想株価

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方