株価予想

9984 ソフトバンクグループ

2024年7月19日 株価
始値
10,630
高値
10,700
安値
10,455
終値
10,510
出来高
6,305,000
9984ソフトバンクグループのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
11,000
予想安値
9,700
みんなの予想
上がる
100%
下がる
0%
平均予想株価
17,275円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

9984 ソフトバンクグループの投資戦略

9984 ソフトバンクグループの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

9984 ソフトバンクグループの関連ニュース

  • 2024/07/11 05:11
    【注目銘柄】この計算あってますか?!
    アーム(30兆円)+ソフトバンク(10兆円)=ソフトバンクグループ(17兆円)

    この計算あってますか?!

    現在のソフトバンクグループの資産価値に対するディスカウント率は史上最低になっている。株式資産なので、例え半分にしても20兆円。割り負け修正局面は続こう。
  • 2024/06/22 08:19
    【注目銘柄】AI半導体開発の新興企業に出資
    ・出資企業
    米SambaNova Systems(サンバノバシステムズ)
    AI半導体「RDU」は理研も採用 従来システムの10倍以下のコスト

    米mythic(ミシック)
    エッジAI向けチップを手掛ける ニューラル・ネットワーク
  • 2024/06/20 05:37
    【注目銘柄】ソフトバンクグループの投資評価と目標株価
    (9984) ソフトバンクグループ
    [ジェフリーズ]
    継続 Buy
    目標株価 11460円 → 12910円

    [ドイツ]
    継続 Buy
    目標株価 12000円 → 13000円

    [野村證券]
    継続 Buy
    目標株価 12150円 → 12450円

    [SMBC日興證券]
    継続 1
    目標株価 8600円 → 11000円
  • 2024/06/19 07:26
    【注目銘柄】医療データ処理プラットフォーム企業、Tempus AIが新規上場
    ソフトバンクグループ が出資する人工知能 (AI) を活用した医療データ処理プラットフォーム企業、Tempus AI (NASDAQ) は、1110万株を1株37ドルで新規株式公開 (IPO) を価格設定し、4億1070万ドルを調達する予定だ。初値は公開価格(37ドル)を8.1%上回る40ドルで、時価総額は66億ドルとなった。

    Tempus AIは、IPOの当初設定価格レンジの上限である37ドルで株式を発行し、企業価値を60億ドル以上と評価した。Tempus AI は、医師がリアルタイムに近いデータドリブンな意思決定を行うためのテクノロジーを提供する企業で、神経精神科、放射線科、心臓病科、腫瘍科などの分野でゲノム診断検査を支援している。

    エリック・レフコフスキーは、創業者でありCEO兼会長として、2015年の設立以来、同社の経営をリードしている。彼は以前、Grouponの創業者およびCEOを務めていた。
  • 2024/06/18 05:39
    【注目銘柄】アームが貢献
    エヌビディアは2020年、アームを400億ドル(約4兆5600億円)でソフトバンクグループ(SBG)から買収することで合意した。現金と自社株の組み合わせによる買収だったため、成立すればSBGはエヌビディアの大株主となるはずが、米英とEUの監督当局が深刻な懸念を表明したため破談となり、アームはNY上場の道を選んだ。

    エヌビディアによるアーム買収が頓挫した時、ジェンスン・ファンCEOは「アームと密接に連携し、今後数十年にわたりライセンシーとして支援する。アームは次の10年で最も重要なCPUアーキテクチャになる」として、20年間のArmライセンスを保持した経緯がある。

    ソフトバンクグループはアームのみならず、エヌビディアとも密接な関係があるということだ。

    ソフトバンクグループは、22年4月にアーム株の75%分を担保に差し入れ日米欧11の金融機関から約1兆円(80億ドル)の融資を受けている。邦銀ではみずほ銀行と三井住友銀行が参加しており、返済期日は、アームの上場の完了から3カ月後、または借り入れから2年後のいずれか早い方と、設定されている。

    JPモルガンやバークレイズ、BNPパリバ、ゴールドマン、大和証券グループやドイツ銀も参加しているようだ。ソフトバンクグループはアーム上場後の株価評価に自信を持っていたため、上場時のアーム売却は最小限にとどめた。現在では、財務面に不安はない。S&Pグローバルは、ソフトバンクグループの長期発行体格付けを「BB」から「BB+」に1段階引き上げ、格付けの見通しは「安定的」としている。
  • 2024/06/12 07:32
    【注目銘柄】AIに対応したArmプロセッサ搭載デバイスが2025年末までに1000億台出荷
    クアルコムはArmプロセッサを採用したPC向けSoCを搭載したパソコンが、Acer、ASUS、Dell、HP、Lenovo、サムスンから発売されることを明らかにした。アームは、クアルコム以外のメーカーからもArmプロセッサを採用したWindows向けSoCが登場するとして、AIに対応したArmプロセッサ搭載デバイスが2025年末までに1000億台出荷されるとしている。

    アームは、今後5年以内にウィンドウズ・パソコンの市場シェアの50%以上を確保するという目標を掲げたが、IT専門家によると、それより早い時期で達成可能という。2020年代の終わりまでにはArmアーキテクチャのデバイスがウィンドウズ市場で支配的なシェアを占めるようになると、さらに踏みこんだ。

    米国市場ではエヌビディアの快進撃が話題だが、アームはウィンドウズでソフトウェアを開発する環境をマイクロソフトと協力して構築しており、Chromeブラウザ、Slack、Spotifyなどがネイティブアプリとしてリリースされ、Armのソフトウェアをウィンドウズで活用できる環境が既にできあがっている。

    いずれライバルに追い上げられるエヌビディアか、モバイルのみならずパソコンも制覇するアームか。今選ぶならアームだ。
  • 2024/06/07 08:46
    【注目銘柄】ウィンドウズにおけるアームの市場シェアは、今後5年間で、50%以上になる
    世界全体でも日本国内でもウィンドウズのシェア率が70%ほどある。2023年の世界パソコン出荷台数が前年比13.9%減の2億5950万台となっているが、各社が人工知能(AI)半導体を搭載した新型パソコンを投入するなか、今後は市場が回復する見通しだ。

    アームのレネ・ハースCEOが、「ウィンドウズにおけるアームの市場シェアは、今後5年間で、50%以上になる」との見通しを示した。

    オープンAIは独自の半導体開発を検討しているとされてきたが、ここへ来て方針を転換し、共同開発に舵を切ったようだ。チャットGPTは約1万個のGPUを使っているとされるが、供給元も少なく、生成AIブームを背景に近年は特に調達が難しくなっている。

    共同開発の相手として、ブロードコム、マーベルに続いて、アームが噂されている。現実にはアームは大穴とされているが、噂があるだけで、株価支援材料となりそうだ。
  • 2024/06/06 06:57
    【注目銘柄】エリオットが自社株買い要求
    ・アクティビストファンドのElliott Managementがソフトバンクグループに再び巨額の投資を行い、150億ドルの自社株買い戻しを要求している。

    ・ソフトバンクグループの株価は正味資産価値を下回っており、Elliottはこの差を埋めるための施策を求めてい
    る。

    ・ソフトバンクグループは過去にもElliottからの投資を受けており、その際には200億ドルの自社株買い戻しを実施している。
  • 2024/05/24 06:31
    【注目銘柄】グラフコア買収の行方
    グラフコアのIPUは、機械学習に特化したプロセッサーだ。汎用的なCPUや描画演算向けのGPUでは、加速的に拡大する演算変数の処理に追いつけない。3D WoW(Wafer-On-Wafer)技術で最大40%高い性能と16%高い電力効率を実現した。

    人間の脳は約1000億個の神経細胞がるが、機械学習で扱うパラメーターは100兆を超える「GOODコンピューター」の開発に着手している。多くのメジャーなIT企業から資金を集めたが、経営の失敗で5月末までに資金調達が出来なければ、破綻の危機にある。

    このグラフコアの買収にソフトバンクグループが乗り出している。アームとは異なるアプローチが魅力だ。グラフコアはチップ会社Iceraをエヌビディアに4億3500万ドルで売却した経緯がある。

    経営悪化の主因は、大口出資者であったマイクロソフトが採用しなかったことだ。そんな企業をソフトバンクグループが買おうとしていることは興味深い。買収金額が高ければ高いほど、その技術に価値があるということだ。買収の行方を見守っていきたい。
  • 2024/05/23 09:04
    【注目銘柄】イザナギ・プロジェクトでAI半導体開発
    グラフコアは、AI(人工知能)をサポートするために設計されたチップの一形態であるインテリジェンス・プロセッシング・ユニット(IPU)に特化した新興の半導体メーカーで、英アームとは異なるタイプの半導体技術に取り組んでいる。

    データセンター内のAIソフトウエア処理を支援するIPUの設計を手がけ、自社製品を米エヌビディアのハイエンド画像処理半導体(GPU)に匹敵すると唱い、サムスン電子やボッシュ、セコイア・キャピタルなどから資金調達した経緯がある。

    マイクロソフトは、アームの設計を元にしたクアルコム製の半導体を採用した。新型AIパソコンには、AI処理に特化した効率的な計算をこなすNPU(ニューラル・プロセッシング・ユニット)を搭載する。

    IPU、NPUと呼び方は違うが、いずれもAIをサポートする重要な技術だ。グラフコアは、エヌビディアの有力なライバルと目されていたが、米国が対中輸出規制を強化したことで勢いを失い、従業員は22年10月の620人から400人前後まで減少しているようだ。5月までに資金調達できなければ事業継続が危ういとされている。

    昨年9月頃にも買収を打診したとの報道もあるが、グラフコアは否定していた。同じ英国のアームが買収する方法もあるかも知れない。どちらにしても、5月中に結論が出るはずで、株価が真実を表しそうだ。
  • 2024/05/17 08:07
    【注目銘柄】「イザナギプロジェクト」に期待
    現在AIチップ市場の90%を占めるエヌビディアは、アームの顧客だ。アームがAIチップを設計することは、エヌビディアとの直接競争をいとわないことになるが、もし画期的はAIチップを開発すれば、エヌビディアに供給することにもなりそうで、したたかな計算が働いている。。

    チップ製造を担当するファウンドリーしては台湾TSMCが有力とされており、アームは専用部隊を組織する。開発に成功すればソフトバンクグループ傘下に取り込む案もあるようだ。開発したAI半導体で世界各地にAIデータセンターを構築する計画はいかにも壮大だ。アップルやインテルとも競争となるが、アームの自己資金とソフトバンクグループの拠出金を合わせれば、戦力は十分。中東からの資金調達も有望視される。

    6月の株主総会までには、「イザナギプロジェクト」の詳細が明らかになると見られる。
  • 2024/05/13 16:22
    【決算】24年3月期の当期利益は▲2276億円
  • 2024/02/27 06:39
    【注目銘柄】AI(人工知能)からAGI(汎用人工知能)へ
    AI(人工知能)からAGI(汎用人工知能)へ

    孫正義氏が、エヌビディアに対抗するAI半導体ベンチャーを立ち上げるため、最大1000億ドル(約15兆円)の資金投入を検討していると、報じられた。目的は、英半導体設計会社アームを補完することで、AI市場へのアーム参入を強化するためだ。孫氏はこれまでもAIに超強気で、あらゆるタスクを人間と同等かそれ以上にこなすことができるAGI(汎用人工知能)時代の到来も予見している。

    AGIについて「10年以内に実現する」と言及したこともあり、エヌビディアを超えるAI半導体に意欲を見せても、不思議はない。従来のAIは特定のタスクを処理する能力に特化しているが、AGIはさまざまな分野の専門知識を持ち、過去に経験したことのない状況にも柔軟に対応できる能力を持つという。

    完全なAGIが実現すれば、科学や医療、経済などあらゆる分野で革命的な変化をもたらすと予想されている。人間がAIに学習データを与えることで、特定のタスクをこなすが、AGIはAI自身が自己学習する。テキスト自動生成や画像自動生成などが可能な「生成AI」とは、次元が異なる。

    人間と会話をしているかのような音声コミュニケーションが可能になったチャットGPTは、広義の意味でAGIに定義されるが、まだ完成形にはほど遠い。
  • 2024/02/19 09:17
    【注目銘柄】イザナギ(Izanagi)プロジェクト=AI半導体へ1000億ドル規模
    孫正義氏は、人工知能(AI)に特化した半導体ベンチャー企業の設立を目指していると、ブルームバーグが報じている。投資規模は最大1000億ドル(約15兆円)とみられ、半導体設計会社アームを傘下に持つソフトバンクGの強みを活かして、AI分野における半導体開発の加速を目指す。ソフトバンクGが300億ドルを出し、中東の投資家などから700億ドルを調達するという案があるようだ。

    孫氏はすでに複数の半導体業界関係者と接触しており、新会社設立に向けた具体的な検討を進めている。このプロジェクトは「イザナギ」というコードネームで呼ばれる。新会社は、AI処理に特化した半導体設計や製造を行うとみられ、アームの技術を活用した高性能なAIチップの開発を目指す。

    AIの進化に伴い、AI処理に特化した半導体への需要は急速に高まっている。しかし、現在の半導体市場は、米エヌビディアや台湾積体電路製造(TSMC)など限られた企業が寡占状態にあり、新たな競争勢力の台頭が求められている。

    孫氏によるAI半導体ベンチャー設立は、この市場に大きな変革をもたらす可能性がある。ソフトバンクGの豊富な資金力とアームの技術力を活かして、新会社が競争力のあるAIチップを開発できれば、AI技術のさらなる発展と、半導体市場の勢力図再編に繋がる可能性がある。
  • 2024/02/08 16:42
    【決算】24年3月期Q3の四半期利益は▲4587億円
  • 2023/12/27 09:22
    Tモバイルに株式4875万株(1.1兆円相当)を発行するよう通知
    SBG、Tモバイル、ドイツテレコムの間で締結された2020年2月20日付のレターアグリーメントに規定された条件が充足されたことを受けたもので、条件充足でTモバイルはSBG又はその指定する関係会社に対し、Tモバイルの普通株式4875万株を無償で発行することになる。TモバイルはSBGの通知から10営業日以内に株式を発行する見込みとしている。
  • 2023/11/09 17:43
    【決算】24年3月期Q2の四半期利益は▲1兆4087億円
  • 2023/11/08 13:55
    米シェアオフィスのウィーワークが経営破綻
  • 2023/10/02 10:26
    オープンAIと新会社設立へ
    英フィナンシャル・タイムズは日、対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を手掛ける米オープンAIが、チャットGPTの技術を使った初の消費者向け端末の開発を検討していると報じた。ソフトバンクグループから10億ドル(約1500億円)超の資金を調達し、製品開発のためのベンチャー企業を設立することを協議しているという。ソフトバンクグループはアームの上場に伴う利益を元に、AIで数百億ドル規模の投資を検討しており、オープンAIは有力候補となっていた。

    オープンAIのアルトマン最高経営責任者(CEO)は、米アップルの元最高デザイン責任者で、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などを担当したジョナサン・アイブ氏の企業にも協力を要請。「AIのアイフォーン」に当たる端末の開発を目指しているという。
  • 2023/09/22 10:28
    アウトルックを「ポジティブ」に変更
    S&Pは、ソフトバンクグループ(SBG)の長期発行体格付けのアウトルックを「安定的」から「ポジティブ」に変更した。長期発行体格付けは「BB」に据え置いた。アーム上場によりSBGの投資ポートフォリオの流動性が大きく回復したことで、投資資産の質が改善したうえ、今後1年程度その状態が続くと見ている。投資ポートフォリオにおける上場資産比率は、長期格付けを「BB」に引き下げた際の約38%から、アーム上場時点で約70%に回復したとS&Pは試算している。

    アームの上場に加え、世界的にテクロノジー企業の株価が回復しつつあることも、SBGの投資ポートフォリオ全体の資産リスクを一定程度抑制する。資産リスクが高い未上場株式に投資するファンド事業が、投資ポートフォリオに占める割合は4割から3割に低下したと試算している。半導体業界におけるアームの高い事業面の競争力と、有利子負債がない強固な財務基盤に支えられて、アーム単体の信用力は親会社を大きく上回ると指摘した。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 33.49 RCI 9日 -56.67
13日 10.44
ボリンジャーバンド +2σ 11976.93
-2σ 7362.81
ストキャススロー S%D 89.61
%D 63.19
ストキャスファースト %K 0
%D 63.19
ボリュームレシオ 14日 73.05
移動平均乖離率 25日 -1.75 サイコロジカル 12日 66.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (7月20日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方