株価予想

7012 川崎重工業

2020年10月29日 株価
始値
1,240
高値
1,321
安値
1,231
終値
1,304
出来高
2,848,500
7012川崎重工業のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
1,400
予想安値
1,200

7012 川崎重工業の投資戦略

7012 川崎重工業の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7012 川崎重工業の関連ニュース

  • 2020/10/22 16:02
    【注目銘柄】ロボットを用いた移動式PCR検査システムによる検査サービスを開始
    川崎重工業は、2020年10月22日、ロボットを用いた移動式PCR検査システムによる検査サービスを開始すると発表した。感染リスクを伴う工程をロボットで自動化。検体受付から検査結果通知までを80分以内で実施するとしている。また、検査システムは40フィートコンテナにパッケージ化(1コンテナ当たりの処理能力は2000検体)できることから、多くの人が集まる場所に簡単に移動できるという。

    川崎重工業は、まず航空業界の需要回復に向け国際空港での搭乗前検査の導入を目指す。また、駅やスポーツ、大規模イベントなどの会場に設置することで、人々の往来回復や行動制限をなくすことに貢献するとしている。

    川崎重工業の株価は7円安の1329円で推移している。
  • 2020/10/09 08:48
    【注目銘柄】世界初の電動タンカーに搭載される内航船向け大容量バッテリー推進システムを受注
    川崎重工業は、世界初の電動タンカーに搭載される内航船向け大容量バッテリー推進システムを受注した。IMO(国際海事機関)による二酸化炭素や窒素化合物などの各種排ガス規制強化が進む中、海運業界では一般的に利用されてきた重油に代わるクリーンな動力源の利用促進が期待されている。システムは、EV100台分の大容量リチウムイオンバッテリーや、推進制御装置、電力管理装置で構成されており、温室効果ガスを出さず、重油を動力源とする船舶と比べて大幅に環境負荷を低減する。災害時にはバッテリーを非常用電源として活用することも検討し、東京湾内で船舶用の燃料運搬船として使う計画。
  • 2020/06/04 07:26
    【注目銘柄】自動PCR検査ロボットシステムなどの開発・社会実装に向け神戸市と連携
    川崎重工業とシスメックスが折半出資するメディカロイドは、2020年6月3日、新型コロナウイルスの再拡大に備え、自動PCR検査ロボットシステムなどの開発・社会実装に向けて神戸市と連携すると発表した。2020年10月に神戸市医療産業都市内の施設で運用開始を予定する。

    遠隔操作による検体採取ロボットシステムや自動PCR検査ロボットシステム、検温等のバイタル測定や食事のデリバリー等を行う見守り・ケアネットワークシステムを社会実装することで、医療従事者の感染リスクや作業負担の軽減などに貢献する。

    川崎重工業の株価は27円高の1762円、シスメックスの株価は159円安の8412円で推移している。
  • 2019/11/18 15:16
    【注目銘柄】宇宙ゴミ除去の事業化へ協業
    川崎重工は、2019年11月18日、東京海上日動と三井物産と宇宙ゴミ(スペースデブリ)除去の事業化に向けた協業に合意したと発表した。宇宙ゴミ除去市場の創出のためのスキーム構築のほか、法整備や国際協調などの実現に向けた働きかけを行う。川崎重工は2025年度の宇宙ゴミ除去サービスの商用化を目指している。

    また、宇宙ゴミ除去技術やビジネスモデルを応用し、人工衛星向け軌道上サービスである燃料補給や修理回収、軌道離脱、救出などの事業性の検討を開始する。人工衛星向け軌道上サービスの市場規模は今後10年で30億ドル超になると予測されている。

    川崎重工業の株価は16円安の2536円、三井物産の株価は7.5円安の1921.5円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 53.43 RCI 9日 -31.67
13日 -21.43
ボリンジャーバンド +2σ 1602.92
-2σ 1275.12
ストキャススロー S%D 24.63
%D 39.79
ストキャスファースト %K 37.62
%D 39.79
ボリュームレシオ 14日 46.7
移動平均乖離率 25日 -5.08 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方