株価予想

7267 本田技研工業

2022年8月10日 株価
始値
3,380
高値
3,428
安値
3,373
終値
3,426
出来高
4,241,100
7267本田技研工業のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,500
予想安値
3,300

7267 本田技研工業の投資戦略

7267 本田技研工業の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7267 本田技研工業のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7267 本田技研工業の関連ニュース

  • 2022/08/10 15:30
    【自社株買い】発行済み株式総数1.9%(3200万株) 1000億円 22年8月12日~23年3月31日
  • 2022/06/16 10:53
    1人乗り電動3輪車の開発をする「ストリーモ」を設立
    ホンダは、社内発ベンチャーとして、1人乗り電動3輪車の開発をする「ストリーモ」を設立した。「バランスアシストシステム」を搭載した3輪の電動キックボードで、停止時には車体が自立する。他社の電動キックボードと同様、現行法規では原動機付き自転車の扱いになるが、ストリーモは道交法改正後の「特定小型原動機付自転車」を目指しているようだ。重量は約20kgで、3種の走行モード(時速6km、時速15km、時速25km)を搭載。1回の充電で30km走行できる。価格は26万円で300台限定の抽選販売する。

    超小型モビリティーの需要拡大が見込まれており、23年には欧州や米国での発売も計画する。2030年までには1920億ドル規模の市場になると予想されている。
  • 2022/04/12 16:07
    EVやソフトウェア領域に10年で5兆円投資
    ホンダは、2022年4月12日、今後10年間で研究開発費として約8兆円、そのうち電動化・ソフトウェア領域に約5兆円を投資すると発表した。2030年までにグローバルで30機種のEVを展開し、年間生産は200万台超を計画する。また、全固体電池の実証ラインにも着手。約430億円を投資し、2024年春にも立ち上げる予定。

    ホンダの株価は0.15%安の3229円で推移している。
  • 2022/04/06 06:50
    【注目銘柄】米GMとグローバルEVシリーズを共同開発
    ホンダと米GMは、2022年4月5日、GMの次世代アルティウムバッテリーを搭載した新たなグローバルEVシリーズを共同開発すると発表した。両社で設備の共通化などを進め、2027年以降に数百万台規模でのEV生産を目指す。た、電動化コストの更なる低減や将来のEV向けバッテリー技術での協業も検討する。

    ホンダの株価は0.55%安の3436円で推移している。
  • 2022/03/04 15:34
    【注目銘柄】ホンダとソニー モビリティ分野での戦略的提携へ基本合意書を締結
    ホンダは、2022年3月4日、ソニーグループとモビリティ分野での戦略的提携に向けた基本合意書を締結したと発表した。今後、両社で合弁会社を設立し、高付加価値のEVを共同開発・販売し、モビリティ向けサービスの提供と併せて事業化する方針。2022年中の新会社の設立を目指し、2025年にEV車両の初期モデルの販売開始を想定する。

    ホンダの株価は4.46%安の3215円、ソニーグループの株価は3.15%安の11385円で推移している。
  • 2022/01/20 10:31
    【業務提携】米SESと、リチウム金属二次電池に関する共同開発契約を締結
    ホンダは、EV用バッテリー研究開発会社である米SESと、リチウム金属二次電池に関する共同開発契約を締結した。ホンダは、EVの基幹部品であるバッテリーについては、独自に開発している全固体電池を含めて、次世代バッテリーとしていくつかの選択肢を並行して検討しており、今回の共同開発契約はその一環としている。現行のリチウムイオン電池には通常、負極に炭素系材料を使うが、リチウム金属二次電池は負極にリチウム金属を用いることで、現行よりも高いエネルギー密度が期待できる。

    SESは特別買収目的会社(SPAC)のスキームでニューヨーク証券取引所への株式上場を計画しており、ホンダはSPACの私募増資引き受けを通じ、株式約2%を取得する予定。
  • 2022/01/06 11:47
    【注目銘柄】中国合弁会社がEV専用新工場を建設
    ホンダは、2022年1月6日、中国の合弁会社・東風HondaがEV専用新工場を建設すると発表した。生産能力は年12万台で、2024年の稼働を予定する。

    ホンダの株価は0.06%高の3418円で推移している。
  • 2021/11/25 18:31
    【注目銘柄】AIが事故予兆を検出する先進の将来安全技術を公開
    ホンダは、2021年11月25日、AIが事故予兆を検出する先進の将来安全技術を世界初公開した。1人ひとりの能力や状態に合わせ、運転ミスやリスクを減らすAI活用による「知能化運転支援技術」と人とモビリティが通信でつながることで事故が起きる手前でリスクの予兆・回避をサポートする「安全・安心ネットワーク技術」で2050年に全世界でホンダの二輪・四輪が関与する交通事故死者ゼロの実現を目指す。

    知能化運転支援技術は、人の行動や状態を理解する技術に加え、ADASセンサー/カメラを用いて周辺リスクを把握することで、AIが運転リスクを検出。最適な運転行動をリアルタイムで導き出し、それぞれのドライバーの認知状態と交通シーンに応じた適切な運転支援を行う技術。現在、開発を進めている次世代運転支援機能により、1人ひとりの運転行動や状態に合わせたミスがない・リスクに近寄らせない新たな安全・安心価値の提供を目指す。今後は知能化運転技術をさらに進化させ、2020年代前半に要素技術を確立し、2020年代後半の実用化を目指す。

    安心・安全ネットワーク技術は、車載カメラやスマホからの情報から検知した交通環境に潜むリスクを仮想空間上に再現。事故リスクの高い交通参加者の行動を予測し、リスクを回避できる最適な支援情報を導き出す。この支援情報を四輪/二輪運転者・歩行者に直感的に知らせることで、事故を未然に回避する行動を促す。2030年以降の社会実装に向け、2020年代前半にシステム構築・効果検証を完了させ、2020年代後半に標準化することを目指す。

    ホンダの株価は0.79%高の3302円で推移している。
  • 2021/09/08 14:10
    【注目銘柄】自動運転技術実証 日本で21年9月中に開始
    ホンダは、2021年9月8日、日本で自動運転技術の技術実証を2021年9月中に開始すると発表した。米GMとGMの自動運転子会社クルーズと共同で行う。技術実証は、栃木県のホンダ施設内に実証拠点を新設して推進。将来的には、ホンダ、GM、クルーズの3者が共同開発する自動運転モビリティサービス事業専用車両「クルーズ・オリジン」を活用した自動運転モビリティサービス事業の展開を目指す。

    ホンダの株価は0.93%高の3463円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 48.25 RCI 9日 -32.08
13日 -66.48
ボリンジャーバンド +2σ 3530.43
-2σ 3157.99
ストキャススロー S%D 49.69
%D 29.76
ストキャスファースト %K 52.38
%D 29.76
ボリュームレシオ 14日 32.54
移動平均乖離率 25日 1.07 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (8月10日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方