株価予想

7267 本田技研工業

2020年2月20日 株価
始値
3,019
高値
3,066
安値
3,019
終値
3,041
出来高
5,693,500
7267本田技研工業のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,300
予想安値
2,800

7267 本田技研工業の投資戦略

7267 本田技研工業の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7267 本田技研工業の関連ニュース

  • 2020/02/19 07:21
    【注目銘柄】四輪事業の運営体制を変更 採算改善・商品力強化
    ホンダは、2020年2月18日、四輪事業運営体制を変更すると発表した。子会社の本田技術研究所が持つ四輪車の開発部門をホンダが吸収。従来の営業・生産・開発・購買の自立した各領域による協調運営体制から、一体運営体制に変更する。開発の効率化で採算を改善し、商品力の強化につなげる。

    ホンダの株価は23円高の2977円で推移している。
  • 2020/02/07 17:29
    【上方修正】通期営業利益を5.7%上方修正 4-12月は6.5%減益
    ホンダは通期営業利益を6900億円から7300億円と5.7%上方修正した。日本でのN-BOXやFreedなどの販売が好調。販売台数の減少などはあるものの、収益改善に向けた取り組みを着実に実行するとしている。

    また、2020年3月期第3四半期(4-12月)の営業利益は6.5%減の6392億円となった。販売台数は5.1%減の50.2万台。利益は為替影響や一過性影響を除くと、コストダウン効果や販売費の減少などから増益となったとしている。

    ホンダの株価は79.5円安の2857.5円で推移している。
  • 2020/02/04 15:25
    【自社株買い】自社株買い進捗 1月は547万株・162億円を取得
    ホンダの自社株買い進捗。2020年1月1日から1月31日は547万株・162億円を取得した。自社株買いの累計は1814万株・557億円となっている。

    ホンダは発行済み株式総数1.9%(3300万株)を自社株買い。取得額は1000億円。取得期間は2019年11月11日から2020年3月31日。

    ホンダの株価は0.5円安の2809円で推移している。
  • 2020/01/29 09:23
    【注目銘柄】中古車のサブスクリプションサービスを開始
    ホンダは、2020年1月28日、月額定額モビリティサービス「ホンダマンスリーオーナー」を中古車で開始すると発表した。最短1カ月から最長11カ月まで顧客の好みに合わせた期間でホンダ車が利用できる。月額利用料は税金、メンテナンス費用、自動車保険などすべて込みで29800円から。燃料代と駐車場代は顧客負担となる。

    埼玉県内のホンダ認定中古車販売店「ユーセレクト城北」でサービスを開始し、順次拡大する。

    ホンダの株価は34.5円高の2884円で推移している。
  • 2020/01/14 07:09
    【注目銘柄】中国の新車販売 19年8.2%減 20年2%減を予測
    中国汽車工業協会は、2020年1月13日、2019年の新車販売台数が8.2%減の2576万9000台と発表した。米中貿易摩擦の影響などから新車購入が減少した。2020年は2%減を予測している。
  • 2019/12/25 16:28
    【注目銘柄】世界生産台数 11月は16.6%減の41万944台
  • 2019/12/20 10:18
    【注目銘柄】ビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズ
    ホンダは、ビジネス用電動二輪車「BENLY e:(ベンリィ イー)」シリーズを2020年4月から法人向けに販売する。動力用電源には簡便なバッテリー交換が可能な、着脱式バッテリーを備えており、後進アシスト機能を採用し、新聞配達や宅配などの集配業務で使い勝手を考慮した設計となっている。走行可能距離は原付一種タイプで87キロ、原付二種タイプで43キロ。両タイプともに車両本体、モバイルパワーパックと専用充電器セットで、70万円台となっている。

    既存のベンリィは50ccの新聞配達仕様が20万円台からの設定になっており、価格差は大きいが、東京都がEVバイクに8万円の購入補助導入や、国のクリーンエネルギー自動車導入事業費補助金もあり、本格普及の道を拓こうとしている。
  • 2019/12/16 08:35
    【注目銘柄】新NAFTAが2020年春に発行 米国での増産・部品調達増の見通し
    新NAFTA
    ・原産地生産比率 62.5%→75%
    ・乗用車1台の金額の40%を時給16ドル以上の工場で生産
    *満たさなければカナダ・メキシコから米国への輸出に関税2.5%がかかる
  • 2019/12/14 13:41
    【注目銘柄】2020年夏をめどにレベル3の自動運転車を発売 (日経)
  • 2019/12/09 08:58
    【注目銘柄】世界新車販売 2019年5%減の8010万台 2020年1%減の7890万台 (VDA)
  • 2019/11/28 16:47
    【注目銘柄】生産台数 10月は10.7%減の42万8397台
  • 2019/11/08 17:18
    【下方修正】通期営業利益を10.3%下方修正 円高や販売台数減少
    ホンダは通期営業利益を7700億円から6900億円と10.3%下方修正した。円高や販売台数の減少、インド市場の悪化などが影響した。

    ホンダの株価は58円高の3072円で推移している。
  • 2019/11/08 16:50
    【自社株買い】発行済み株式総数1.9%を自社株買い
    ホンダは発行済み株式総数1.9%(3300万株)を自社株買い。取得額は1000億円。取得期間は11月11日~3月31日。

    ホンダの株価は58円高の3072円で推移している。
  • 2019/10/02 16:23
    【注目銘柄】日本6社の米国の新車販売台数 7-9月は0.7%減の166万3652台
  • 2019/09/24 07:27
    【注目銘柄】ディーゼル開発撤退 HV・EVに集中 (日経)

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 65.2 RCI 9日 75
13日 91.07
ボリンジャーバンド +2σ 3254.13
-2σ 2803.28
ストキャススロー S%D 55.34
%D 87.4
ストキャスファースト %K 100
%D 87.4
ボリュームレシオ 14日 53.99
移動平均乖離率 25日 3.33 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方