株価予想

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ

2024年4月12日 株価
始値
1,565
高値
1,565
安値
1,539
終値
1,550
出来高
50,804,800
8306三菱UFJフィナンシャル・グループのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
1,600
予想安値
1,500
みんなの予想
上がる
83.3%
下がる
16.7%
平均予想株価
2,076円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループの投資戦略

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループの関連ニュース

  • 2024/03/26 08:19
    【注目銘柄】銀行株は今後1年半ほどで2倍
    金利上昇は銀行など金融機関の業績押し上げ期待につながるとして、一部ファンドで「銀行株は今後1年半ほどで2倍まで上昇する」という見方が出ている。マイナス金利解除で、日銀が10年債利回りの許容変動幅を拡大しており、追加利上げは6から9月に1回、年内にもう1回の予想が前提となっている。

    日銀は、緩和的な環境継続のため、国債購入を継続する姿勢だが、長期金利は2年以内に1.5~2%に上昇する可能性があるという。金利上昇への備えとして銀行株を保有する動きがみられ、投資家の銀行株へのオーバーウエート幅は過去最大となっているため、買い余地は少ないと見るのが一般的だが、それは短期目線に過ぎない。

    金融株の中では、損保株の上げ余地が大きいと見られるが、銀行株もポートフォリオの一角に加える必要がありそうだ。
  • 2024/02/05 18:06
    【決算】24年3月期Q3の純利益は278%増の1兆2979億円 通期は1兆3000億円を目標
  • 2023/12/22 08:25
    【注目銘柄】運用資産残高を足元の2倍の200兆円へ
    三菱UFJフィナンシャル・グループは、2030年3月末までに三菱UFJアセットマネジメントなどの運用資産残高を足元の2倍の200兆円に増やす。資産運用と資産管理をあわせた両分野で7%だった営業純益に占める割合を倍増させる。

    三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJ信託銀行は、オーストラリアで年金などの資産管理を手掛けるリンク・アドミニストレーション・ホールディングス(Link社)の発行済株式の100%を取得し、連結子会社化する。取得金額は11億1000万豪ドル(約1050億円)。

    Link社は、オーストラリアで最大級の年金資産管理会社で、約1200万人の加入者を有している。また、投資信託やヘッジファンドなどの資産管理や証券代行業務も手掛けている。三菱UFJ信託銀行は、海外の資産管理事業を拡大しており、欧州金融大手のUBSのファンド管理事業などを相次いで買収した。今回の買収により、オーストラリアでの資産管理事業を強化し、グローバルでの競争力を高める。
  • 2023/08/01 17:58
    【決算】24年3月期Q1(4-6月)の純利益は391%増の5583億円
  • 2023/05/16 06:44
    三菱UFJ銀行、メタバース経済圏の創出に向けてTBT Labグループと資本業務提携
    三菱UFJ銀行は、Web3・メタバース領域を中心とするビジネス開発ラボであるTBT Labの子会社JP UNIVERSE、およびログシスの計6億円の株式取得を決定し、TBT Labグループと資本業務提携を締結した。ゲームやメタバースをはじめとする次世代デジタル空間サービスは、利便性と体験価値の双方を備えており、経済と産業の成長に大きなインパクトを与えるため、メタバース経済圏の創出に向けた取り組みを加速させる。

    メタバース経済圏とは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)のようなデジタル空間上に作り出された仮想世界での経済活動や取引が行われるエコシステムを指す。メタバース経済圏を実現するためには、まずデジタル空間を提供するプラットフォームを構築する必要があり、ユーザーがアバターや仮想アイテムを所有・操作し、他のユーザーとやり取りすることができる環境を構築する。

    メタバース経済圏では、仮想通貨が取引や経済活動の基盤となり、アイテムの販売やサービスの提供、取引の決済手段として使用される。

    TBT Labは、2023年2月、メタバースやデジタルコンテンツが集う共通基盤(オープン・メタバース)を活用したジャパン・メタバース経済圏創出の構想を立ち上げ、三菱UFJフィナンシャル・グループを含む国内企業計10社が参画している。

    メタバース経済圏創出に必要となる認証、決済、データなどの金融プラットフォーム機能の開発を推進し、商業銀行プラットフォームを構築している東南アジアでの展開も検討する。日本の国際競争力の強化にもつながるとしているが、現実世界とは異なる仮想世界内での経済活動がどれほど進むかは不透明。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 68.21 RCI 9日 76.25
13日 15.25
ボリンジャーバンド +2σ 1650.17
-2σ 1359.41
ストキャススロー S%D 40.1
%D 52.09
ストキャスファースト %K 82.35
%D 52.09
ボリュームレシオ 14日 46.24
移動平均乖離率 25日 0.27 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方