株価予想

6501 日立製作所

2024年4月12日 株価
始値
14,655
高値
14,660
安値
14,445
終値
14,605
出来高
2,458,800
6501日立製作所のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 過熱 トレンド分析 上昇
予想高値
15,000
予想安値
14,000

6501 日立製作所の投資戦略

6501 日立製作所の株価は、オシレーター系指標では過熱圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、利益確定ゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6501 日立製作所のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6501 日立製作所の関連ニュース

  • 2024/03/25 08:58
    【注目銘柄】日立とエヌビディア、生成AIでDX加速
    日立製作所とエヌビディアは、生成AIを用いたデジタル変革(DX)ソリューション事業を強化するための協業を発表した。両社の技術とノウハウを融合し、エネルギー、モビリティ、コネクテッドシステムなどの分野で社会課題解決に貢献する革新的なソリューション開発を目指す。

    生成AIの学習時間を20分の1に短縮できるデータ保存用のサーバーの製造・販売を手掛けるほか、電力プラントや鉄道の保守点検の現場をデジタル上で再現する産業向け「メタバース」を開発する。

    エヌビディアの画像処理半導体(GPU)を搭載したデータ保存サーバーの販売を6月までい始める。工場やインフラなど製造業の現場を仮想空間上で再現する「デジタルツイン」のシステム開発も進める。
  • 2024/01/31 17:06
    【上方修正】通期Adjusted EBITA8650億円→8800億円
  • 2023/10/11 18:58
    【注目銘柄】発行済み株式総数1.18%の自己株式消却 消却日は2023年10月18日
  • 2023/08/21 10:27
    日立アステモ、米工場に224億円投資 EV部品生産
    日立製作所の自動車部品子会社、日立Astemo(アステモ)は米ケンタッキー州の工場に1億5300万ドル(約224億円)を投資する。電動車部品を増産する。米国ではインフレ抑制法が成立しており、北米で組み立てられたEVの購入を補助するため、ケンタッキー州は今後10年間で最大240万ドル(約3億5000万円)の税制優遇を実施する。

    アステモは日立オートモティブシステムズとホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業の4社が統合した自動車部品メーカーで、日立が66.6%、ホンダが33.4%出資している。今後ホンダに株式を譲渡し、出資比率を40%と対等にした上で、産業革新投資機構(JIC)が20%出資し、新規上場を目指している。日立の株式譲渡額は約1580億円で、2024年3月期決算で事業再編等利益約940億円を計上する予定。
  • 2023/08/03 10:43
    イタリアの高速鉄道路線向けデジタル信号化契約に参画
    日立製作所は、イタリアで総額18億ユーロ(約2800億円)の高速鉄道路線向けデジタル信号化契約に参画する。イタリアの鉄道インフラを管理するレーテ・フェロヴィアリア・イタリアーナ(RFI)と、イタリアのヴェローナ-パドヴァ間を結ぶ高速鉄道のうち、ヴィチェンツァ近郊の路線区間向けに、線路やデジタル信号システムを設計・導入する。日立レールは、現在イタリアで運行されている全ての高速鉄道路線の建設に参加している。

    日立レールが欧州共通の列車制御システム(ERTMS)レベル2を納入する。ERTMSは最先端の鉄道デジタル制御システムであり、列車と地上設備の間で無線信号を使用して速度を監視し、危険が察知された場合、または列車が線路の制限速度を超えた場合に、列車の非常ブレーキを自動的に作動させる。国境を越えた鉄道運行を可能にする画期的なシステムとされている。従来の地上機器に依存した信号システムは、列車と地上無線基地局との間の無線通信に置き換えられる。
  • 2023/04/27 18:23
    【自社株買い】発行済み株式総数2.13%(2000万株) 1000億円 23年4月28日~24年3月31日

オシレータ分析

過熱

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 90.91 RCI 9日 96.67
13日 62.64
ボリンジャーバンド +2σ 14569.26
-2σ 11189.21
ストキャススロー S%D 75.09
%D 77.74
ストキャスファースト %K 100
%D 77.74
ボリュームレシオ 14日 64.11
移動平均乖離率 25日 8.3 サイコロジカル 12日 66.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方