株価予想

5201 AGC

2024年4月12日 株価
始値
5,864
高値
5,914
安値
5,813
終値
5,850
出来高
1,039,000
5201AGCのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 過熱 トレンド分析 上昇
予想高値
6,000
予想安値
5,700

5201 AGCの投資戦略

5201 AGCの株価は、オシレーター系指標では過熱圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、利益確定ゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

5201 AGCのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

5201 AGCの関連ニュース

  • 2024/02/07 17:25
    【決算】23年12月期の営業利益は30%減の1287億円 24年12月期は16.5%増の1500億円を計画
  • 2024/01/15 06:54
    【注目銘柄】車用調光ガラス Digital Curtain(デジタルカーテン)
    AGCの車用調光ガラス Digital Curtain(デジタルカーテン)が、にトヨタ自動車から発売される「センチュリー」に採用されたことから、拡販期待が出ている。調光ガラスの車ドア部位への採用は世界初で、後部座席に使用することで、透過光と視界を瞬時に制御し、広く快適な車内空間を実現している。

    これまで調光ガラスはパノラマルーフなど開閉しない部位に採用されていたが、Digital Curtainは、長期間の風雨や太陽光に耐えられる化学耐久性に加え、開閉や昇降などの機械的耐久性も実現した。調光モード(不透明な状態)では日差しの暑さ・眩しさを和らげ、透過モード(クリアな状態)では開放感を得られるため、シェードは不要となった。

    Digital Curtainは、2枚のガラスの間に凸版印刷の液晶調光フィルムを挟み込む合わせガラスの構造になっており、フィルム中には目に見えないほどの小さな特殊材料が封入されており、調光モード、透過モードのどちらの場合も紫外線を約99%カットする。

    株価は5400円がネックラインとなっているが、上方トレンドラインは健在で、材料の出方次第で、上値抵抗線となる5600円どころはチャンスがありそうだ。
  • 2023/12/22 12:32
    AGC横浜テクニカルセンターでバイオ医薬品CDMOの開発・製造能力を拡大 500億円
    2025年から遺伝子・細胞治療薬の開発サービスを先行して開始。2026年からmRNA医薬品、動物細胞を用いたバイオ医薬品、遺伝子・細胞治療薬向け開発・製造サービスを開始する予定。
  • 2023/11/28 10:21
    mRNA薬、国内で一貫生産
    AGCは、新型コロナウイルスワクチンで用いる「メッセンジャーRNA(mRNA)」の原料を2024年1~6月にも国内で生産する。mRNAは、遺伝情報を伝える物質であり、ワクチンや治療薬などの開発に用いられている。AGCは、ドイツのバイオ医薬品製造受託事業会社AGCバイオロジクスにおいて、mRNAの製造受託サービスを提供している。

    今回、AGCは、国内の拠点である「AGC横浜テクニカルセンター」に、mRNAの製造設備を新たに設け、プラスミドDNA(pDNA)を生産できる体制を整える。年間で数百万回から数千万回の接種回数分に相当する原料の量産体制を整える。

    AGCは、mRNAの原料となるプラスミドDNA(pDNA)を国内で製造する。pDNAは、mRNAの設計図となる物質であり、mRNAの製造には欠かせない。すでにドイツのAGCバイオロジクスにおいて、pDNAの製造設備を稼働させている。今回の国内でのpDNA製造設備の増設により、pDNAの製造能力を大幅に拡大する。

    pDNAは遺伝子治療において遺伝子を特定の細胞まで運ぶ「ウイルスベクター」の原料にもなる。
  • 2023/11/24 09:19
    太陽光パネルカバーガラスのリサイクル実証試験に成功
    AGCは、使用済み太陽光パネルのカバーガラス約24トンを、原料カレット(ガラス端材)にリサイクルする実証試験に成功した。この実証試験は、AGC横浜テクニカルセンターの建築用型板ガラス製造窯において行われた。使用済み太陽光パネルのカバーガラスは、破砕せずにそのまま原料カレットとして再利用できることを確認した。

    使用済み太陽光パネルは、カバーガラス、モジュール、バックシートの3つの部品で構成されている。カバーガラスは、太陽光パネルの表面を覆うガラスで、板ガラスの原料として再利用できる。

    近年、太陽光発電の普及に伴い、使用済み太陽光パネルの処理が課題となっている。太陽光パネルの耐用年数は20~30年とされ、2030年代後半より年間数十万トンの廃棄が予想されている。AGCは、今回の実証試験で得た成果を基に、使用済み太陽光パネルのリサイクル技術の開発を進め、2025年度の実用化を目指す。


    ・予想PER 17.22倍
    ・実績PBR 0.85倍
    ・予想配当利回り 3.89%


    売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円) 1株配(円)
    ◇21.12 1,697,383  210,247 210,045 123,840 559.1 210特
    ◇22.12 2,035,874  57,206 58,512 -3,152 -14.2 210
    ◇23.12予2,050,000 110,000 107,000 59,000 277.7 210
    ◇24.12予2,150,000 160,000 160,000 90,000 423.6 210~220
  • 2023/11/02 17:23
    【決算】23年12月期Q3の営業利益は37.2%減の955億円 通期は18.5%減の1500億円を計画
  • 2023/10/12 16:54
    【注目銘柄】発行済み株式総数4.4%の自己株式消却 消却日は2023年10月31日
  • 2023/07/26 10:32
    低反射スモークARを開発
    AGCは反射防止(AR)性能を持ち、白ぼけ感を抑える「低反射スモークAR」を開発した。反射を防ぎながら、自然光などの明るい場所でも高いコントラストを両立する。従来の反射防止フィルムは、反射を抑えるため、表面に凹凸加工を施すが、凹凸加工は、画面の視認性を低下させるという問題があった。

    次世代モビリティーでは、画面への映り込みを抑えた高級感のあるディスプレーが求められる。ハイエンドの車載用ARフィルムの市場規模は、2030年に全世界で150億円を超えると予想されている。低反射スモークARは、車載ディスプレイや医療用モニターなどの用途にも適している。年内をめどに市場投入を目指す。
  • 2023/05/01 10:30
    EUV露光用フォトマスクブランクスの生産能力増強
    AGCは、EUV露光用フォトマスクブランクスの生産能力増強を決定した。2024年1月より稼働を開始し、EUVマスクブランクス生産能力は2025年に現在の約30%増となる。AGCは、「ガラス材料」から「コーティング」までを一貫して手掛けることができる、世界で唯一のEUVマスクブランクスメーカーで、複数のロジックおよびメモリー半導体メーカーに採用されている。2025年には売上高400億円以上を目指す。

    EUVマスクブランクスは、低膨張ガラス基板の表面に複数の組成から成る膜を積層したもの。EUVマスクブランクスの表面に半導体チップの回路原版を形成したものがEUVフォトマスクであり、その回路をシリコンウェハ上に転写して半導体チップを形成する。
    EUVマスクブランクスは2020年から2027年までの期間で、世界市場規模が年平均約15%成長し、2027年には約47億米ドルに達すると予測されている。

オシレータ分析

過熱

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 100 RCI 9日 99.58
13日 80.08
ボリンジャーバンド +2σ 5740.43
-2σ 5201.34
ストキャススロー S%D 66.61
%D 87.5
ストキャスファースト %K 100
%D 87.5
ボリュームレシオ 14日 77.9
移動平均乖離率 25日 5.84 サイコロジカル 12日 75

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方