株価予想

4188 三菱ケミカル HD

2022年6月28日 株価
始値
754
高値
758
安値
750
終値
757
出来高
4,564,200
4188三菱ケミカル HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
790
予想安値
730

4188 三菱ケミカル HDの投資戦略

4188 三菱ケミカル HDの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4188 三菱ケミカル HDのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4188 三菱ケミカル HDの関連ニュース

  • 2022/05/13 15:00
    【決算】22年3月期のコア営業利益は2723億円 23年3月期は2750億円を計画
  • 2022/02/28 10:35
    【注目銘柄】メディカゴが、開発中の植物由来の新型コロナワクチンが、カナダで承認を取得
    三菱ケミカル傘下の田辺三菱製薬子会社のカナダ・メディカゴは、開発中の植物由来の新型コロナワクチン(MT-2766)が、カナダで承認を取得した。デルタ株、ガンマ株に対する有効性はそれぞれ75.3%、88.6%で2万4000人以上の治験参加者を対象にした最終段階の治験が行われていた。

    メディカゴのVLP(ウイルス様粒子)ワクチンは、遺伝子情報を持たず、安全性が高いとされている。カナダ、米国、英国、ブラジル、欧州、南米の約10か国で第2/3相試験が実施されている。2021年10月から日本国内臨床試験を始め、2022年第2四半期にも承認申請する見通し。ワクチンは冷蔵(2-8度)での保存・流通が可能とされている。
  • 2022/02/25 16:39
    【注目銘柄】カナダ子会社の新型コロナワクチン カナダで承認を取得
    田辺三菱製薬は、2022年2月24日、カナダの連結子会社メディカゴの新型コロナワクチンがカナダで承認を取得したと発表した。日本でも第1/2相臨床試験を2021年10月から実施中で、2022年7-9月の承認申請を目指す。

    三菱ケミカルホールディングスの株価は1.29%高の808円で推移している。
  • 2022/02/03 21:26
    【決算】4-12月のコア営業利益は92.7%増 進捗率は72.9%
    三菱ケミカルホールディングスの2022年3月期第3四半期(4-12月)のコア営業利益は92.7%増の2189億円となった。通期は71.7%増の3000億円を計画しており、進捗率は72.9%となっている。

    セグメント別では、機能商品のコア営業利益は33.7%増の575億円。自動車向けなどの販売数量が増加するも、4-9月の83.2%増からは縮小した。

    ケミカルズのコア営業利益は835億円(前年は▲90億円)。MMAモノマーの市況上昇や原油上昇に伴う販売価格の上昇などが寄与した。

    産業ガスのコア営業利益は25.4%増の739億円。国内外の需要が回復した。

    ヘルスケアのコア営業利益は79.4%減の46億円。新型コロナワクチンの研究開発費が増加した。

    三菱ケミカルホールディングスの株価は6.2%安の844.1円で推移している。
  • 2021/12/17 15:01
    【注目銘柄】メディカゴの新型コロナワクチン カナダで承認申請 株価も上昇
    田辺三菱製薬は、2021年12月17日、連結子会社のカナダのメディカゴが植物由来の新型コロナワクチンにおいて、カナダで承認申請を行ったと発表した。承認されれば、世界初の植物由来ワクチンとなる。

    日本でも第1/2相臨床試験2021年10月から実施しており、カナダ申請に用いたデータに日本の臨床試験の結果を加え、2022年春の承認申請を目指している。また、WHOや米国、英国への承認申請も行う予定。

    今後はオミクロン株に対する抗体反応を確認する試験を実施する予定。また、mRNAワクチンやアデノウイルスベクターワクチン既接種者に対するブースター試験を早期に実施できるよう検討を進めている。小児への試験も予定している。

    三菱ケミカルホールディングスの株価は1.65%高の851.5円で推移している。
  • 2021/12/09 10:51
    【注目銘柄】メディカゴは、新型コロナワクチン(MT-2766)の最終治験の中間解析で、オミクロン株を除く変異株に対する有効性は71%
    三菱ケミカル傘下の田辺三菱製薬子会社のカナダ・メディカゴは、開発中の植物由来の新型コロナワクチン(MT-2766)の最終治験の中間解析で、オミクロン株を除く変異株に対する有効性は71%だったと発表した。グラクソ・スミスクラインのパンデミックアジュバントを併用するため、両社共同で発表した。メディカゴは、2万4000人以上の治験参加者を対象にした最終段階の治験の投与を終えている。安全性については、MT-2766投与に関連する重篤な副反応は見られず、軽度の発熱の頻度は、2回目の接種後でも10%未満だった。

    メディカゴのVLP(ウイルス様粒子)ワクチンは、遺伝子情報を持たず、安全性が高いとされている。VLPはウイルスと同様の外部構造を持ち、生育の早いタバコ属の植物を使用した製造技術で短期間に大量生産できるという。カナダ、米国、英国、ブラジル、欧州、南米の約10か国で第2/3相試験が実施されている。2021年10月から日本国内臨床試験を始め、2022年3月にも承認申請する見通し。ワクチンは冷蔵(2~8度)での保存・流通が可能とされている。
  • 2021/11/19 16:47
    【注目銘柄】GaN基板製造実証設備で4インチGaN結晶の成長を確認
    日本製鋼所と三菱ケミカルは、2021年11月19日、NEDOの「戦略的省エネルギー技術プログラム」において、2021年5月に竣工した世界最大級のGaN基板製造実証設備を使い、高品質なGaN基板の低コスト製造技術「SCAAT-LP」を用いた4インチGaN基板の量産に向けた結晶成長試験で、4インチGaN結晶が計画通り結晶成長していることを確認したと発表した。

    今後は大型実証設備で更なる実証実験を行い、高品質なGaN基板の安定供給を通じ、超高効率デバイスの実現への貢献を目指す。2022年度初頭からの市場供給を開始する予定。

    日本製鋼所の株価は0.93%安の3185円、三菱ケミカルホールディングスの株価は0.86%高の949.8円で推移している。
  • 2021/11/02 13:52
    【上方修正】通期コア営業利益を30.4%上方修正 ケミカル市況上昇などが寄与
    三菱ケミカルホールディングスは2022年3月期のコア営業利益を2300億円から3000億円と30.4%上方修正した。ケミカルズでの市況が想定以上で610億円増となることなどが寄与する見通し。また年間配当を24円から30円に増配する。

    また、2022年3月期第2四半期(4-9月)のコア営業利益は185,8%増の1561億円となった。

    セグメント別では、機能商品のコア営業利益は83.2%増の458億円。自動車向けなどの販売数量増加などが寄与した。

    ケミカルズのコア営業利益は622億円(前年は▲181億円)。MMAモノマーなどの市況上昇などが寄与した。

    産業ガスのコア営業利益は35.6%増の483億円。国内外の需要が回復した。

    ヘルスケアのコア営業利益は91.7%減の11億円。新型コロナワクチンの研究開発費の増加などが影響した。

    三菱ケミカルホールディングスの株価は0.57%安の963円で推移している。
  • 2021/09/30 13:35
    【注目銘柄】結晶質アルミナ繊維事業を売却 譲渡益計上を見込む
    三菱ケミカルホールディングスは、2021年9月30日、結晶質アルミナ繊維事業を売却すると発表した。譲渡価額は850億円で、譲渡益で約540億円を見込む。完了は2022年3月1日を予定する。

    結晶質アルミナ背には主に自動車の排ガスを浄化する触媒コンバータで走行中の振動や衝撃からセラミック触媒担体を守るサポート材として世界中で使用されているが、内燃機関搭載車の販売を規制する動きもみられ、持続的な成長のためには新用途開発や成長分野への投資が不可欠となっている。三菱ケミカルホールディングスが保有する製品群や技術では、十分なシナジーをもって事業の変革・成長を図ることは難しいと判断し、売却する。

    三菱ケミカルホールディングスの株価は3.08%高の1026.5円で推移している。
  • 2021/08/27 10:49
    【注目銘柄】洗浄剤やエッチング材料などの半導体材料の開発・生産体制を強化
    三菱ケミカルは、洗浄剤やエッチング材料などの半導体材料の開発・生産体制を強化する。半導体回路形成時に使用されるフォトレジスト用感光性ポリマー「リソマックス」や、ウエハー枚葉洗浄剤「AM1」、レジスト表面に発生する電子の蓄積を防止するためのフォトマスク帯電防止剤「アクアセーブ」などを製造している。

    福岡事業所に専用の試作棟を新設し、開発スピードを上げていく。5月にはGaN(窒化ガリウム)単結晶基盤の量産実証設備も竣工させており、2022年度から市場供給を目指している。需要が増加するパワーデバイスに対応する。
  • 2021/08/04 13:58
    【上方修正】中間期コア営業利益を45.4%上方修正 MMAモノマー等の市況が想定以上などが寄与
    三菱ケミカルホールディングスは2021年3月期中間期(4-9月)のコア営業利益を1025億円から1490億円と45.4%上方修正した。機能商品の一部製品需要が想定以上。ケミカルズは市況が想定以上で増益となる見通し。

    また、2022年3月期第1四半期(4-6月)のコア営業利益は490.8%増の886億円となった。通期は31.6%増の2300億円を計画しており、進捗率は38.5%となっている。

    セグメント別では、機能商品のコア営業利益135%増の266億円。自動車向けの販売数量増加などが寄与した。

    ケミカルズのコア営業利益は348億円(前年は▲176億円)。MMAモノマー等の市況上昇や石化製品の販売増加などが寄与した。

    産業ガスのコア営業利益は76.2%増の238億円。国内外の需要が回復した。

    ヘルスケアのコア営業利益は47.1%減の47億円。新型コロナワクチンの研究開発費の増加などで減益となった。

    三菱ケミカルホールディングスの株価は1.42%安の925.9円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 28.85 RCI 9日 -55
13日 -73.76
ボリンジャーバンド +2σ 816.15
-2σ 741.09
ストキャススロー S%D 39.99
%D 17.1
ストキャスファースト %K 30.16
%D 17.1
ボリュームレシオ 14日 39.34
移動平均乖離率 25日 -2.04 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (6月29日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方