株価予想

4596 窪田製薬 HD

2021年1月15日 株価
始値
251
高値
256
安値
250
終値
255
出来高
262,200
4596窪田製薬 HDのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
270
予想安値
240

4596 窪田製薬 HDの投資戦略

4596 窪田製薬 HDの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4596 窪田製薬 HDのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4596 窪田製薬 HDの関連ニュース

  • 2020/12/18 07:02
    【注目銘柄】「クボタメガネ」 初期型のプロトタイプが完成
    窪田製薬ホールディングスは、2020年12月17日、近視の治療・抑制を目的に開発するウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」の初期型のプロトタイプが完成したと発表した。今後は、人工的な光刺激を網膜に与える時間・期間の変更やクボタメガネが眼軸長に与える影響を中長期的に検証。医療機器としての製造販売認証申請のための臨床試験などを行う予定としている。

    窪田製薬ホールディングスの株価は22円高の277円で推移している。
  • 2020/11/13 17:32
    【注目銘柄】1-9月の営業利益は▲19億円(前期は▲24億円)
    窪田製薬ホールディングスの2020年12月期第3四半期(1-9月)の営業利益は▲19億円となった(前期は▲24億円)。通期は▲30億円を計画している。

    エミクススタト塩酸塩で2018年11月に開始したスターガルト病を対象とする第3相臨床試験を継続実施。2020年5月1日に全被験者登録を完了した。第3相臨床試験は多額の研究開発費が必要となることから単独では難しく、パートナー企業との共同開発の可能性を模索している。

    在宅で網膜の状態測定を可能にする遠隔眼科医療モニタリングデバイス「PBOS」では、量産型試作機の開発を進め、初期型試作機が完成した。

    近視の進行を抑制するウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」では、2020年内のプロトタイプ完成に向けて開発を継続している。

    窪田製薬ホールディングスの株価は3円高の259円で推移している。
  • 2020/08/25 09:18
    【注目銘柄】「クボタメガネ」 概念実証試験が成功
    窪田製薬ホールディングスは、2020年8月25日、ウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」の概念実証試験が成功したと発表した。卓上デバイスと同様に眼軸長の短縮を確認した。

    今後は2020年内にプロトタイプを完成させ、2021年内の商業化を目指す。

    窪田製薬ホールディングスの株価は8円高の326円で推移している。
  • 2020/08/20 17:16
    【注目銘柄】「エミクススタト塩酸塩」 第3相臨床試験が米FDAの助成プログラムに選定
    窪田製薬ホールディングスは、2020年8月20日、スターガルト病治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の第3相臨床試験が米FDAの助成プログラムに選定されたと発表した。これにより、3年間で最大約1.7億円の助成金が支給される。

    「エミクススタト塩酸塩」の第3相臨床試験では、2020年5月1日に全被験者登録を完了している。

    窪田製薬ホールディングスの株価は4円安の313円で推移している。
  • 2020/08/13 15:57
    【決算】中間期営業利益は▲12億円(前期は▲15億円)
    窪田製薬ホールディングスの2020年12月期第2四半期(1-6月)の営業利益は▲12億円となった(前期は▲15億円)。通期は▲30億円を計画している。

    エミクススタト塩酸塩で2018年11月に開始したスターガルト病を対象とする第3相臨床試験を継続実施。2020年5月1日に全被験者登録を完了した。

    在宅で網膜の状態測定を可能にする遠隔眼科医療モニタリングデバイス「PBOS」では、量産型試作機の開発を進め、初期型試作機が完成した。

    近視の進行を抑制するウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」では、2020年6月から米国での概念実証試験を開始した。

    窪田製薬ホールディングスの株価は4円高の300円で推移している。
  • 2020/08/13 09:05
    【注目銘柄】「クボタメガネ」 概念実証試験で被験者登録を完了
    窪田製薬ホールディングスは、2020年8月13日、ウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」の概念実証試験の被験者登録を完了したと発表した。臨床試験では、18歳から35歳までの25名の近視傾向がある被験者がクボタメガネを数時間装着し、角膜から網膜までの長さに与える効果を検証する。

    窪田製薬ホールディングスの株価は1円安の295円で推移している。
  • 2020/07/22 14:09
    【注目銘柄】「クボタメガネ」 ニューヨーク州立大学と共同研究契約
    窪田製薬ホールディングスは、2020年7月22日、ウェアラブル近視デバイス「クボタメガネ」でニューヨーク州立大学と共同研究契約を締結したと発表した。今後の研究開発計画は詳細が決まり次第、速やかに開示するとしている。

    「クボタメガネ」は2020年内にプロトタイプを完成させることを目標としている。

    窪田製薬ホールディングスの株価は26円高の329円で推移している。
  • 2020/07/20 15:03
    【注目銘柄】「PBOS」 量産型試作機が完成
    窪田製薬ホールディングスは、2020年7月17日、在宅で網膜の状態測定を可能にする遠隔眼科医療モニタリングデバイス「PBOS」の量産型試作機が完成したと発表した。今後は更なる機能改善のため、ソフトウェアの改良を行う。

    窪田製薬ホールディングスの株価は14円高の302円で推移している。
  • 2020/06/30 12:49
    【注目銘柄】ウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」米国で概念実証試験を開始
    窪田製薬ホールディングスは、2020年6月30日、アクティブスティミュレーション技術「クボタメガネテクノロジー」を用いたウエアラブル近視デバイス「クボタメガネ」で、米国で概念実証試験を開始したと発表した。18歳から35歳までに25名の近視傾向のある被験者に対し、クボタメガネが角膜から網膜までの長さである眼軸長に与える効果を検証する。

    2020年後半に実証実験を終え、2020年内にプロトタイプの完成を目指す。

    窪田製薬ホールディングスの株価は24円安の306円で推移している。
  • 2020/06/25 08:12
    【注目銘柄】近視治療用ウエアラブルデバイス「クボタメガネ」を米国で臨床試験
    近視治療用ウエアラブルデバイス「クボタメガネ」について、臨床試験で近視の原因の一つである眼軸の伸長を治せる可能性が示唆されていた。近視の多くは軸性近視と診断され、眼軸が伸長することにより起こるとされている。この結果を元に近く米国で臨床試験に入ると報じられている。2020年後半に実証試験を終え、2020年内にプロトタイプを完成させることを目標としている。
  • 2020/05/14 18:39
    【下方修正】通期営業利益を▲25億円から▲30億円に下方修正 投資や臨床試験費用増 1-3月は▲7.41億円
    窪田製薬ホールディングスは通期営業利益を▲25億円から▲30億円に下方修正した。早期研究段階の医薬品、医療機器プロジェクトへの投資増額、エミクススタト塩酸塩のスターガルト病を対象とする第3相臨床試験費用の増加を見込む。

    また、2020年12月期第1四半期(1-3月)の営業利益は▲7.41億円となった(前期は▲7.5億円)。エミクススタト塩酸塩で2018年11月に開始したスターガルト病を対象とする第3相臨床試験を継続実施した。臨床試験は世界10か国・30施設で、162名の被験者をランダムに10mgのエミクススタト投与群とプラセボ群に2対1で割り当て、1日1回の経口投与にて24カ月間実施する。

    在宅で網膜の状態測定を可能にする遠隔眼科医療モニタリングデバイス「PBOS」では、2018年に米国で実施した臨床試験で良好な結果が得られたことから、量産型試作機の開発を進めた。

    窪田製薬ホールディングスの株価は9円安の267円で推移している。
  • 2020/05/01 10:54
    【注目銘柄】「エミクススタト塩酸塩」第3相臨床試験の被験者登録が完了
    窪田製薬ホールディングスは、2020年5月1日、スターガルト病を適応症として開発している治療薬候補「エミクススタト塩酸塩」の第3相臨床試験の被験者登録が完了したと発表した。臨床試験は、ランダムに10mgのエミクススタト投与群とプラセボ群に2対1で割り当て、1日1回の経口投与で24カ月間実施する。

    窪田製薬ホールディングスの株価は13円高の296円で推移している。
  • 2020/04/16 18:53
    【注目銘柄】白血球接着分子「VAP-1阻害剤」でデンマークのLEO Pharmaと共同研究契約を締結
    窪田製薬ホールディングスは、2020年4月16日、デンマークのLEO Pharmaと共同研究契約を締結したと発表した。窪田製薬が発見した白血球接着分子「VAP-1阻害剤」は炎症が原因の患者を治療するために有望な新しい薬剤として期待されており、眼科領域の医薬品に特化して開発が進められている。

    一方、VAP-1阻害剤は、新型コロナウイルス感染症に伴う急性呼吸窮迫症候群やアトピー性皮膚炎、糖尿病腎疾患などで引き起こされる炎症病態に効果があると考えられている。

    LEO Pharmaがパートナーに対して炎症性皮膚疾患に対する新しい治療薬を同定する機会を提供するオープンイノベーションプログラムで協業。LEO Pharmaは自社が持つ知見と化合物を探索する研究ツールを提供する。また、結果に応じてビジネスパートナーシップに関する対話も進めるとしている。

    窪田製薬HDの株価は13円安の231円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 63.64 RCI 9日 56.25
13日 77.34
ボリンジャーバンド +2σ 281.33
-2σ 240.15
ストキャススロー S%D 30.1
%D 64.84
ストキャスファースト %K 70
%D 64.84
ボリュームレシオ 14日 37.72
移動平均乖離率 25日 -0.64 サイコロジカル 12日 41.67

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方