株価予想

6701 日本電気

6701日本電気のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,200
予想安値
2,700

6701 日本電気の投資戦略

6701 日本電気の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6701 日本電気のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6701 日本電気の関連ニュース

  • 2018/03/27 13:04
    【銘柄情報】空飛ぶ車の実現に向けてスポンサー契約を締結
    NECは、2018年3月27日、空飛ぶ車の開発活動「カーティベーター」を運営する一般社団法人CARTIVATOR Resource Managementと2020年の空飛ぶ車の実現に向けてスポンサー契約を締結した。

    CARTIVATORは、陸空両用で長い滑走路や大型車庫などを必要としない、世界最小の空飛ぶ車「スカイドライブ」の開発を進めている。無人機1分の1スケールの試作機開発を進めており、2018年夏に一般公開を予定しているという。

    NECは、無人航空機の制御技術を提供することで、空飛ぶ車の実現に向けた取組を加速する。また、無人航空機の管制技術、電波監視技術、サイバー攻撃対策技術についても技術協力を予定している。
  • 2018/02/27 13:18
    【銘柄情報】人間の耳には聞こえない音で個人を認証する技術を開発
    NECは、人間の耳には聞こえない音で個人を認証する技術を開発した。

    重要インフラ施設の保守・管理や警備などでの安全・安心に関わる業務でのなりすまし防止、医療現場やコールセンターなどでのハンズフリー認証による業務効率化、人々の生活に密着したスマートイヤホン領域などへの応用を視野に、2018年度の実用化を目指す。
  • 2018/02/15 13:17
    【銘柄情報】世界最速のブロックチェーン技術を開発
    NECは、毎秒10万件以上の記録性能を達成する世界最速のブロックチェーン向け合意形成アルゴリズムを開発したと発表した。

    世界規模のクレジットカード取引を支えるシステムとして必要とされる毎秒数万件を超える性能であり、ビジネス用途でのブロックチェーンの本格的な活用を加速する技術としている。
  • 2017/12/12 13:23
    【銘柄情報】ディープラーニングの自動最適化技術を開発
    NECは、2017年12月12日、ディープラーニングの自動最適化技術を開発したと発表した。従来のディープラーニングは、人工的な神経細胞で構成される神経回路網の構造に応じた学習の調整が困難なため、ネットワーク全体で最適な学習を行うことができなかった。開発した技術では、その構造に応じて自動最適化し、従来よりも高い認識精度を実現する。

    顔認証や行動解析などの映像監視の高精度化やインフラ点検作業の効率化、障害・事故や災害など画像認識や音声認識などの分野で認識精度の向上が期待される。
  • 2017/10/02 14:46
    【銘柄情報】多言語音声翻訳サービスを提供開始
    NECは、訪日外国人の接客が生じる空港やホテル、百貨店などに向け外国語でのコミュニケーションを支援する「多言語音声翻訳サービス」を11月から提供開始すると発表した。

    国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の開発した観光会話向けの高精度翻訳エンジンを活用し、日本語・英語・中国語・韓国語に対応した接客業向けの音声翻訳サービス。1台で双方向での会話ができるという。

    また、様々な業務シーンで対応できるよう、スマートフォンやタブレットで利用可能なアプリ版での提供や、専用の業務用小型端末も用意するという。


    政府は人工知能(AI)を使った高精度の同時通訳システムを2020年の東京五輪・パラリンピックまでに実用化する。スマートフォンなどの携帯端末でリアルタイムの通訳を実現し、ビジネスや観光、医療で課題となる言葉の壁をなくす。訪日外国人が気軽に楽しめるまちづくりにつなげる。

    総務省が管轄する情報通信研究機構(NICT)が中心となり、パナソニックやベンチャーと連携してシステムを開発。2019年度までに100億円を投じる計画。完成したシステムは国内外の機器メーカーにライセンス供与する。

    ディープラーニングを使って通訳の制度を向上する。スマホのほか腕時計や小型スピーカーなどの活用を想定している。観光地にある看板をスマホのカメラで撮影するだけで、自動で他の言語に翻訳して表示するアプリケーションの開発も同時に行う。
  • 2017/09/25 14:08
    【銘柄情報】生活支援ロボットの普及に向け共同研究を開始
    トヨタ自動車とNTTは、生活支援ロボットの普及に向けた共同研究を開始する。AI技術を組み込んだコミュニケーションロボットなど、両社が保有する技術やノウハウを組み合わせ、多様なロボットやその他デバイスを連携。人の行動を先回りしてサポートできる技術開発を推進する。

  • 2017/07/31 15:39
    【決算】4-6月期営業利益は▲144億円。パブリック事業やテレコムキャリア事業が増収
    4-6月期営業利益は▲144億円、純利益は78億円。パブリック事業やテレコムキャリア事業が増収。関連会社株式売却益も計上も寄与。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 72.88 RCI 9日 45
13日 65.11
ボリンジャーバンド +2σ 3345.06
-2σ 2838.83
ストキャススロー S%D 40.34
%D 77
ストキャスファースト %K 100
%D 77
ボリュームレシオ 14日 57.3
移動平均乖離率 25日 0.13 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方