株テーマ:はやぶさ2の関連銘柄

小惑星探査機「はやぶさ」関連株。「はやぶさ」プロジェクトサポート企業一覧。はやぶさ2は2018年の6月から7月ごろ、小惑星「Ryugu(りゅうぐう)」に到達する予定で、2020年に採取した岩石を持ち帰る。JAXA(宇宙航空研究開発機構)は2018年6月27日前後に「Ryuguりゅうぐう」に到着する予定と発表した。光学電波複合航法を実施し、イオンエンジンの往路運転は終了したという。イオンエンジン運用は安定稼働時間が約4倍に伸びている。「Ryuguりゅうぐう」と地球との距離は約3億キロ。

はやぶさ2のりゅうぐう着陸は、2019年2月22日に成功した。地球から3億キロも離れた小惑星のわずか直径6メートルの範囲に着陸するのは至難の業。りゅうぐうが予想以上に岩だらけで、着陸地点を探すだけで時間がかかったが、岩石のかけらを持ち帰ることが期待される。

はやぶさ2は2019年4月5日、衝突装置の分離に成功し、金属弾を発射して、りゅうぐうに人工クレーターを作ることを世界で初めて成功した。7月11日、はやぶさ2りゅうぐうに着陸し、地中からの試料の採取に成功したとみられると発表。地中にあった砂などを採取できていれば世界初となる。2020年末に地球に帰還する予定。「はやぶさ2」に搭載したカプセルの地球帰還は、2020年12月6日と正式決定した。豪州のウーメラ立入制限区域に着陸する。

はやぶさ2はカプセルを分離し、豪州で発見された。12月8日には日本に持ち帰る予定で、はやぶさ2は新たな任務に向かった。次の目的地は地球と火星の間を回るりゅうぐうより小さい小惑星「1998KY26」で、到着は2031年10月頃と打ち上げから17年近い挑戦が待っている。月よりも遠い天体から砂などの試料を持ち帰ったのははやぶさ2が世界で初めて。46億年前に出来たと言われる太陽系の謎を解く大きなカギとなる。


「米国版はやぶさ」と呼ばれる小惑星探査機「オンリス・レックス」は、2020年10月21日に小惑星「ベンヌ」に着陸し、サンプル採取に成功した。中国も小惑星探査を計画しており、将来の資源開発に向けて国際競争は激しくなっている。

はやぶさ2 関連銘柄

はやぶさ2 関連テーマ

宇宙(ロケット・衛星)
ispace(アイスペース) あかつき(金星探査機) 宇宙ごみ(アストロスケール) イオンエンジン イカロス イプシロン 宇宙ステーション 衛星企業連合 H3ロケット 火星探査 月面探査 HTV(こうのとり) 小型月着陸実証機「SLIM」 小型ロケット JAXA認定宇宙部品 スペースワン 超小型衛星 通信・分析機器 電波望遠鏡 はやぶさ2 みちびき(準天頂衛星) 衛星用リチウムイオン電池

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方