株価予想

3825 リミックスポイント

2022年8月10日 株価
始値
490
高値
493
安値
464
終値
467
出来高
3,419,100
3825リミックスポイントのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
560
予想安値
370

3825 リミックスポイントの投資戦略

3825 リミックスポイントの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

3825 リミックスポイントのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

3825 リミックスポイントの関連ニュース

  • 2022/05/13 10:47
    【業務提携】SBI HDと資本業務提携でストップ高
    リミックスポイントは、(8473)SBI HDと資本業務提携する。SBI HDがリミックスポイント株の5%を取得し、連結子会社のビットポイント・ホールディングス株の51%を127億円で、SBIフィナンシャルサービシーズに譲渡する。ビットポイント・ホールディングスは暗号資産取引所を運営しており、両社で口座数の増加や暗号資産ビジネスを拡大する。またメタバースを含むウェブ3.0分野でも協業し、メタバース関連ファンドを組成する。

    さらにエネルギー分野でも連携し、再生可能エネルギー利用の電源の共同開発や、電力購入契約事業を全国展開する。SBIの金融機関ネットワークとの連携で、展開が加速するとみられる。資本業務提携により、リミックスポイントは子会社売却益86億円を特別利益として計上する。
  • 2022/05/09 13:56
    【上方修正】通期経常利益63億円→81億円
    電力先物市場における取引価格の上昇で、電力先物取引証拠金について実現損益と評価損益を計上。暗号資産交換業のビットポイントジャパンでの取引量の増加などが寄与。
  • 2022/01/26 13:12
    【注目銘柄】暗号資産「ディープコイン」の取扱いを開始 株価も上昇
    リミックスポイントは、2022年1月26日、日本で初めて暗号資産「ディープコイン」の取扱いを開始したと発表した。

    ディープコインは、Digital Entertainment Aseet Pte.Ltd.(DEA)が運営するGameFiプラットフォーム「PlayMinig」上で使用されるNFTを購入するためのユーティリティトークン。PlayMinigは2020年5月26日にサービスを開始し、2022年1月時点で全世界100か国、230万人超のユーザーを持つ。

    リミックスポイントの株価は4.89%高の322円で推移している。
  • 2022/01/05 15:01
    【注目銘柄】通期経常利益を148%上方修正 新規口座開設増で取引量が想定以上
    リミックスポイントは、2022年1月5日、通期経常利益を25.45億円から63.13億円と148%上方修正した。ビットポイントジャパンで「トロン」「エイダ」「ジャスミー」などを日本の暗号資産交換業者として始め取扱いを開始。新規口座開設が進み、取引量が想定以上となったことから増益となる見通し。

    リミックスポイントの株価は20.83%高の464円で推移している。
  • 2021/11/24 13:03
    【注目銘柄】暗号資産「チェーンリンク」の取り扱いを開始
    リミックスポイントは、2021年11月24日、連結子会社のビットポイントジャパンで新たに暗号資産「チェーンリンク」の取り扱いを開始すると発表した。開始は2021年11月30日から。

    チェーンリンクとは、チェーンリンクネットワークで利用される暗号資産で、ブロックチェーンと外部情報とを接続することを可能とする。ブロックチェーンと外部情報を接続することで、WEBサービスや金融、証券、保険など生活のあらゆる場面でブロックチェーン技術を活用できるとしている。

    リミックスポイントの株価は2.73%高の186円で推移している。
  • 2021/08/25 13:14
    【注目銘柄】新たに暗号資産「ADA」の取扱いを開始
    リミックスポイントは、2021年8月25日、新たに暗号資産「ADA(エイダコイン)」の取扱いを開始したと発表した。

    ADA(エイダコイン)とは、オリジナルのブロックチェーンを持つ暗号資産で、元イーサリアム開発者のチャールズ・ホスキンソン氏によって開発され、Cardanoで利用される基軸通貨。Cardanoは、スイスに本拠地を置くカルダノ財団が運営するオープンソースの分散型ブロックチェーン・暗号資産のプロジェクトの名称で、ビジョンとして「実用性のあるアプリケーションに必要とされるスケーラビリティ、相互運用性、サステナビリティを実現すること」としている。

    ADAの将来性としては、スケーラビリティも高く設計してあることから、今後実装されるスマートコントラクト技術の導入によって、多くの分散型アプリケーションが開発・利用されることが予想され、更なるエコシステムとプロトコルの成長が期待されるプロジェクトとなることが期待されている。

    リミックスポイントの株価は7.94%高の204円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 43.95 RCI 9日 -58.75
13日 -45.19
ボリンジャーバンド +2σ 679.55
-2σ 401.01
ストキャススロー S%D 22.88
%D 34.58
ストキャスファースト %K 19.67
%D 34.58
ボリュームレシオ 14日 42.54
移動平均乖離率 25日 -9.86 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (8月10日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方