株価予想

6503 三菱電機

2020年9月25日 株価
始値
1,450
高値
1,450
安値
1,440
終値
1,443
出来高
4,064,800
6503三菱電機のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
1,500
予想安値
1,400

6503 三菱電機の投資戦略

6503 三菱電機の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6503 三菱電機のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6503 三菱電機の関連ニュース

  • 2020/08/25 13:06
    【注目銘柄】パワー半導体の新製品5品種を9月から順次発売
    三菱電機は、2020年8月25日、パワー半導体の新製品5品種を2020年9月から順次発売すると発表した。鉄道や電力用途で広く使用される「LV100タイプ」で、産業用途向けに最適化することで、太陽光や風力発電など再生可能エネルギー電源用のインバーターや大容量のモータードライブ装置の小型化・低消費電力化に貢献する。

    三菱電機の株価は29.5円高の1465円で推移している。
  • 2020/07/30 13:31
    【決算】4-6月の営業利益は63.2%減
    三菱電機の2021年3月期第1四半期(4-6月)の営業利益は63.2%減の202億円となった。通期は53.8%減の1200億円を計画しており、進捗率は16.8%となっている。

    主なセグメント別では交通や電力事業などの重電システムの営業利益は102.7%増の186億円。国内の交通事業や電力事業などが堅調に推移した。

    FAシステムや自動車機器事業の産業メカトロニクスの営業利益は▲34億円(前期は211億円)。各国の新車販売の減速で自動車機器事業が大幅に減少した。

    家庭電器は56.5%減の135億円となった。海外での経済活動の制限や国内の設備投資の抑制などで空調機器が大幅に減少した。

    三菱電機の株価は40円高の1449.5円で推移している。
  • 2020/06/03 13:13
    【注目銘柄】人と協調するAIを開発
    三菱電機は、2020年6月3日、人と協調するAIを開発したと発表した。AI技術「マイサート」の1つである逆強化学習を活用し、人の操作を少ないデータで効率的に模倣学習し、人が操作しているかのような自然な動作を機械が実現する。

    今後、人と機械が混在する生産・物流現場での無人搬送車やロボットなどに技術を適用して実運用開発を進め、作業効率の向上や自動運転車などへの展開を目指す。

    三菱電機の株価は14円安の1442円で推移している。
  • 2020/05/11 18:12
    【決算】20年3月期営業利益は10.6%減 21年3月期は53.8%減を計画
    三菱電機の2020年3月期営業利益は10.6%減の2596億円となった。通期は10.5%減の2600億円を計画しており、計画より4億円下回った。

    交通や電力事業などの重電システムの営業利益は0.2%減の823億円。電力や公共・交通事業は増加するも、火力発電事業が減少し、前年並みとなった。

    有機ELやスマートフォン関連などの産業メカトロニクスは51.6%減の689億円。円高やFA機器・加工機・数値制御装置や自動車用電装品などが減少した。

    家庭電器は31.4%増の782億円。北米でのダクトレス空調や欧州でのヒートポンプ式温水暖房の需要が拡大、日本での学校向け業務用空調の需要増加などで増益となった。

    2021年3月期は53.8%減の1200億円を計画する。新型コロナウイルスの影響で、各国・地域の市況低迷とその後の市況回復過程を織り込み、第2四半期まで業績に影響する前提としている。

    三菱電機の株価は27円高の1362円で推移している。
  • 2020/02/18 16:49
    【注目銘柄】新衛星生産棟が竣工 約110億円
    三菱電機は、2020年2月18日、鎌倉製作所内に建設していた新衛星生産棟が竣工すると発表した。人工衛星の並行生産能力が10機から18機に増える。国内の官需衛星と国内外の商用通信衛星の需要増加に対応する。投資額は約110億円。

    三菱電機の株価は13円安の1551円で推移している。
  • 2020/02/03 13:38
    【決算】4-12月期営業利益は9.5%減の1822億円
    三菱電機の2020年3月期第3四半期(4-12月)の営業利益は9.5%減の1822億円となった。通期は10.5%減の2600億円を計画しており、進捗率は70%となっている。

    交通や電力事業などの重電システムの営業利益は20.9%増の474億円。有機ELやスマートフォン関連などの産業メカトロニクスの営業利益は48.3%減の589億円。家庭電器の営業利益は37.4%増の697億円となった。

    三菱電機の株価は25円高の1570円で推移している。
  • 2019/11/01 13:54
    【下方修正】通期営業利益を11.8%下方修正 需要回復の遅れや円高修正
    三菱電機は通期営業利益を2950億円から2600億円と11.8%下方修正した。産業メカトロニクス部門で国内外向けの需要回復が遅れていることや、ユーロ・人民元などで円高に見直したことから減益となる見通し。

    三菱電機の株価は15.5円安の1556.5円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 33.04 RCI 9日 -88.33
13日 -35.3
ボリンジャーバンド +2σ 1503.77
-2σ 1370.99
ストキャススロー S%D 68.75
%D 37.39
ストキャスファースト %K 8.7
%D 37.39
ボリュームレシオ 14日 51.89
移動平均乖離率 25日 -1.32 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方