株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:インフルエンザ インフルエンザ薬の関連銘柄

主なインフルエンザ治療薬はロシュ(スイス)の「タミフル」、国内では中外製薬が販売。グラクソスミスクライン(英国)の「リレンザ」の二品目が有力。厚生労働省が優先対面助言品目に指定して開発を急いでいるのは、「T-705」(富士フイルム傘下の富山化学)、「CS-8958」(第一三共)、「ペラミビル」(塩野義製薬)の三品目。CS-8958は9歳以下の小児患者では、タミフルより高い効果が治験で証明された。塩野義製薬は、A 型又は B 型インフルエンザウイルス感染症を対象に、厚労省の医薬品の先駆け審査指定制度品目に「S-033188」が指定された。

鳥インフルエンザは人への感染が確認されて以来、世界的なネットワークで監視中。ワクチンの他に、感染を防ぐ不織布なども注目を浴びる。毒性の強いH5N1型鳥インフルエンザに加え、WHO(世界保険機構)は人類に免疫のほとんどないパンデミックインフルエンザの警戒フェーズを6段階の3に引き上げ、世界的大流行を懸念している。厚生労働省も発生に備え、行動計画を策定。2009年4月25日、WHOはメキシコ、米国の豚インフルエンザが人へ感染したことを受けて、緊急事態声明を出し、各国に監視強化を要請した。4月29日、警戒水準をフェーズ5に引き上げ。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

インフルエンザ薬 関連銘柄

インフルエンザ薬 関連テーマ

インフルエンザ
イオン発生機 インフルエンザ薬 うがい薬 空気清浄機 検査薬 消毒薬・除菌剤 体表面温度測定器 鳥インフルエンザ ドラッグストア マスク 臨床検査 ワクチン投与キット

広告

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方