株テーマ:感染症 エボラ出血熱の関連銘柄

エボラ出血熱は西アフリカで猛威を振るっており、リベリアでは戒厳令が敷かれた。世界保健機関(WHO)は、エボラ出血熱の感染拡大に関して「前例のない規模」と警告している。富士フイルムがインフルエンザ薬として開発している「ファビピラビル」をエボラ出血熱感染者の治療に使えるよう、米国の提携先が申請する意向で、米食品医薬品局(FDA)と協議したと報じられている。この開発手法はエボラ出血熱や他の難治療性感染症への応用も期待出来るという。市場人気は防護服やマスク、バイオハザードへと拡がりを見せている。

感染病法によると、感染力・重篤度・危険性が極めて高く、早急な届出が必要になる一類感染症にはエボラ出血熱や天然痘、ペストなどが指定されている。感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる二類感染症には重症急性呼吸器症候群(SARS、コロナウイルスに限る)などが指定されている。腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)は三類、鳥インフルエンザ(H5N1は除外)は四類、インフルエンザは五類。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

エボラ出血熱 関連銘柄

エボラ出血熱 関連テーマ

感染症
エボラ出血熱 デング熱 MERS

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方