株価予想

6988 日東電工

2021年9月16日 株価
始値
8,740
高値
8,830
安値
8,620
終値
8,640
出来高
714,600
6988日東電工のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
9,000
予想安値
8,300

6988 日東電工の投資戦略

6988 日東電工の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6988 日東電工のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6988 日東電工の関連ニュース

  • 2021/09/13 10:39
    【注目銘柄】意欲的な中期経営計画で核酸医薬に注力、株価一万円を目指す
    日東電工は、新中期経営計画「Nitto Beyond 2023」を策定した。2023年度に、売上高9200億円、営業利益1400億円の過去最高益を目指す。設備投資は28%増の2220億円で、M&Aに1500億円、環境投資に180億円を充当する。注力するのは原薬製造で世界シェア6割の核酸医薬で、臨床試験用から商業生産へのステージ移行をとらえ、米国拠点の生産拡大へ250億円を投じる。核酸医薬全体としては売上を400億円規模に拡大する。ライフサイエンス事業の売上比率は4%から6%に高め、営業利益はトントンから8%に拡大する。

    光学フィルムで有機EL向けの販売を拡大するほか、プリント回路事業には650億円を投じ、データセンターやスマホの部品事業を取り込む。株価はこのところ急上昇しているが、前期末売上が7613億円の企業が3年で1600億円増加させることはかなり意欲的で、一万円大台を目指すことになりそうだ。
  • 2021/07/26 16:38
    【決算】4-6月の営業利益は70.4%増
    日東電工の2022年3月期第1四半期(4-6月)の営業利益は70.4%増の297億円となった。通期は11.9%増の1050億円を計画しており、進捗率は28.2%となっている。

    ハイエンドスマートフォンの生産増加で組立用部材の需要が伸長。テレワークの拡大などでタブレット端末やサーバーなどの電子機器に使用されるセラミックコンデンサーや半導体需要が増加し、それらの生産における工程部材も伸長した。

    日東電工の株価は1.34%高の8310円で推移している。
  • 2021/04/26 17:04
    【決算】21年3月期営業利益は34.4%増 22年3月期は11.9%増を計画
    日東電工の2021年3月期営業利益は34.5%増の938億円となった。テレワークの拡大などで、電子機器の組み立て用部材や半導体の生産における工程用部材、ノートパソコンやタブレット端末用光学フィルムの需要が伸長。今後、成長が期待されるプリント回路では高精度基盤を用いた新しい市場への取り組みとして、スマートフォン用部材の業績への寄与が始まったとしている。

    2022年3月期は11.9%増の1050億円を計画する。

    インダストリアルテープでは、今後加速が想定される次世代モビリティ市場の拡大とサプライチェーンの変化を見据え、トランスポーテーションを基盤機能材料に統合し、CASEといった領域でのイノベーション創出に向けて対応を強化する。

    オプトロニクスの情報機能材料では、TV向けで中国の協業先との連携継続やスマートフォンではOLEDディスプレイ用の光学フィルムの採用拡大などに取り組む。プリント回路ではデータセンター向けの堅調な推移や、高精度基盤ではスマートフォン用部材への供給拡大を目指す。

    日東電工の株価は110円高の9410円で推移している。
  • 2021/02/24 16:16
    【】発行済み株式総数の5.67%の自己株式消却を実施
    日東電工は発行済み株式総数の5.67%(900万株)の自己株式を消却する。消却予定日は2021年3月15日。
  • 2021/01/26 17:05
    【上方修正】10月に続き再び上方修正 テレワーク拡大と自動車産業の回復が想定以上
    日東電工は通期営業利益を750億円から900億円と20%上方修正した。テレワークの拡大を背景に10月に640億円から750億円と17.2%上方修正したが、再び上方修正した。テレワーク拡大による需要増加と自動車産業の回復が想定以上となったことが寄与した。

    また、2021年3月期第3四半期(4-12月)の営業利益は26.1%増の759億円となった。4-9月の3.1%増から増加した。

    セグメント別では、インダストリアルテープの営業利益は6.1%増の208億円で、4-9月の37.4%減から改善した。テレワーク拡大でPCやサーバー向けセラミックコンデンサや半導体製造工程で使用される関連部材などが拡大した。

    オプトロニクスの営業利益は32.9%増の626億円で、4-9月の22%増から増加した。情報機能材料ではテレワーク拡大でノートPCやタブレット向け偏光板の需要が拡大。プリント回路ではHDDがPC向けでは低調も、データセンター用途の高容量化で需要が堅調に推移した。

    日東電工の株価は70円高の9360円で推移している。
  • 2020/10/26 17:09
    【上方修正】通期営業利益を17.2%上方修正 テレワーク拡大で需要増
    日東電工は通期営業利益を640億円から750億円と17.2%上方修正した。テレワークの拡大を背景にノートパソコンやタブレット端末向け部材やスマートフォンなどの電子機器組み立て用部材、半導体生産における工程用部材の需要が伸長した。

    2021年3月期第2四半期(4-9月)の営業利益は3.1%増の423億円となった。

    セグメント別では、インダストリアルテープの営業利益は37.4%減の84億円。テレワーク拡大でPCやサーバー向けセラミックコンデンサや半導体製造工程で使用される関連部材などが拡大した。

    オプトロニクスの営業利益は22%増の377億円。情報機能材料ではテレワーク拡大でノートPCやタブレット向け偏光板の需要が拡大。プリント回路ではHDDがPC用途は低調も、データセンター用途の高容量化で需要が堅調に推移した。

    日東電工の株価は30円高の7380円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 45.39 RCI 9日 -28.33
13日 48.35
ボリンジャーバンド +2σ 9064.12
-2σ 7732.74
ストキャススロー S%D 89.07
%D 74.28
ストキャスファースト %K 0
%D 74.28
ボリュームレシオ 14日 67.2
移動平均乖離率 25日 0.89 サイコロジカル 12日 66.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (9月17日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方