株価予想

4061 デンカ

2021年12月3日 株価
始値
3,425
高値
3,495
安値
3,390
終値
3,485
出来高
431,900
4061デンカのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
3,800
予想安値
3,100

4061 デンカの投資戦略

4061 デンカの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4061 デンカのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4061 デンカの関連ニュース

  • 2021/06/11 15:40
    【注目銘柄】がん治療用ウイルス製剤 悪性神経膠腫を対象として世界で初めて承認
    デンカは、2021年6月11日、開発を進めてきたがん治療用ウイルスG47△製剤「デリタクト(テセルパツレブ)」で、悪性神経膠腫の治療を目的とした再生医療等製品として、国内で条件および期限付き承認に該当する製造販売承認を第一三共が取得したと発表した。デンカは第一三共から委託を受けて、本品の生産を担うとしている。

    悪性神経膠腫とは、神経細胞の支持組織であるグリア細胞から発生する原発性脳腫瘍である神経膠腫のうち、悪性度が高いグレード3、グレード4を指す。国内の罹患数は年間約2800人程度と推定される。

    デンカは、がん治療用ウイルス製剤の生産を実現するため、2015年に製造工程の開発に着手。約20億円を投資して、建屋建設と設備導入を進め、2017年10月に竣工。商用製剤生産に必要な製造プロセスの確立で、国内医療機関に必要とされる製剤数の確実な供給が可能になったとしている。

    デンカの株価は15円高の3750円で推移している。
  • 2021/06/11 14:38
    【注目銘柄】新型コロナ抗原迅速診断キットを厚労省の配布事業に供給
    デンカは、2021年6月11日、新型コロナウイルス抗原迅速診断キット「クイックナビ-COVID19Ag」を厚生労働省の配布事業に供給すると発表した。医療機関や老健施設などにおける無症状者等を含めたスクリーニング検査体制が早期に構築され、クラスター発生回避や感染抑制につながるものと期待。今後、抗原検査の活用範囲がさらに拡がり、短時間での結果の確認ができるデンカのキットの需要が拡大した場合、積極的に増産を行い需要に対応するとしている。

    デンカの株価は横ばいの3735円で推移している。
  • 2021/02/05 20:54
    【決算】4-12月の経常利益は20.2%増 成長分野製品の伸長や固定費削減などが寄与
    デンカは、2021年3月期の経常利益計画を3.4%減の290億円としていたが、2020年11月に290億円から300億円に上方修正した。前年より0.1%減となる見通し。新型コロナウイルスの影響が第2四半期以降、徐々に収束に向かい、第3四半期以降に正常化することを前提としていたが、EVやHV、FCV関連製品の販売好調や8月から販売を開始した新型コロナウイルス抗原迅速診断キットの販売見通しを織り込んだ。

    経常利益は、世界的な景気後退による需要減少や原材料価格の下落による販売価格の見直しの影響などで、4-6月は21.3%減の50億円、4-9月は15.4%減の122億円で推移していたが、4-12月は20.2%増の272億円と前年より増益に転じた。進捗率は90.6%となっている。売上減少要因は続くも、成長分野製品の伸長や固定費削減などが寄与した。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 43.04 RCI 9日 -58.33
13日 -81.18
ボリンジャーバンド +2σ 4098.71
-2σ 3341.1
ストキャススロー S%D 9.64
%D 16.42
ストキャスファースト %K 64.44
%D 16.42
ボリュームレシオ 14日 55.83
移動平均乖離率 25日 -2.64 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (12月4日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方