株価予想

6723 ルネサスエレクトロニクス

2024年3月5日 株価
始値
2,700
高値
2,763
安値
2,646
終値
2,753
出来高
24,985,400
6723ルネサスエレクトロニクスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
2,900
予想安値
2,600
みんなの予想
上がる
60.9%
下がる
39.1%
平均予想株価
3,594円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

6723 ルネサスエレクトロニクスの投資戦略

6723 ルネサスエレクトロニクスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6723 ルネサスエレクトロニクスのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6723 ルネサスエレクトロニクスの関連ニュース

  • 2024/03/04 13:07
    【注目銘柄】インドCGパワーと半導体組立で合弁
    インド政府は、国内外の企業が総額200億ドル(約3兆円)を超える申請のうち、3件の半導体工場の設立を承認した。地場大手タタ財閥系やルネサスエレクトロニクスなどの計画で、投資額の合計は1兆2560億ルピー(約2兆2000億円)。

    4件の半導体製造工場の設立申請と、13件の化合物半導体工場およびATMP(組み立て、パッケージング)施設の設立申請があったようだ。

    ルネサスエレクトロニクスは、財閥ムルガッパ系CGパワーとタイのスターズ・マイクロエレクトロニクスとともに、グジャラート州で後工程関連の工場を建設する。投資額は760億ルピー(約1373億円)となる。CGパワーは2月上旬、ルネサスなどとの合弁設立の方針を発表していた。半導体パッケージングで合弁する。24年6月までに着工する。

    合弁会社の出資比率はCGパワーが92.3%、ルネサスが6.8%、スターズが0.9%となる。3社の出資額は計約2億2000万ドル(約330億円)で、ルネサスの出資額は約20億円となる。
  • 2024/02/21 08:42
    【注目銘柄】時価総額目標へ、アルティウム買収の成否がカギ
    ルネサスエレクトロニクスは、PCB設計ツール会社アルティウムを約8879億円で買収する。これは、ルネサスが半導体メーカーからプラットフォーム企業へと進化を遂げるための重要な一歩となる。

    AIやIoTなどの技術革新により、製品の設計には従来の半導体だけでなく、ソフトウェアやシステム全体の連携が不可欠となっている。アルティウムのPCB設計ツールを活用することで、ルネサスは半導体単体ではなく、顧客のニーズに合わせたシステム全体のソリューションを提供できるようになる。

    アルティウムは、これまでどの半導体メーカーにも偏らない中立的な立場を維持してきた。ルネサスは、この買収によってアルティウムのオープン性を損なわないようにする必要がある。ルネサスがこの課題を克服できれば、半導体業界における新たなビジネスモデルを確立し、競争力を強化することができるだろう。

    買収の意図を巡って、不透明感により下落したが、一応の下値目処である200日移動平均の2400円どころで落ち着きそうだ。昨年3月には、30年に株式時価総額(2023年3月15日時点で約3.6兆円)を6倍に引き上げる目標を掲げていた。アルティウム買収の成否がカギとなる。
  • 2024/02/20 08:35
    【注目銘柄】ルネサスエレクトロニクスの買収は新ステージへ
    ルネサスエレクトロニクスのメインの事業は、自動車の走る・止まる・曲がるを制御するマイコンをはじめとする車載用半導体の設計・開発・生産である。世界のマイコン(コンピュータの機能をひとつのICチップにまとめた電子部品)市場でルネサスはオランダのNXPセミコンダクターズに次ぐ第2位のメーカーだ。

    那珂工場の火災発生前の20年、ルネサスの車載半導体事業の収益は全体の約半分を占めていた。近年、ルネサスは海外企業の買収によって車載以外の半導体事業を強化している。。

    これまで、2017年に約3200億円を投じてアナログICの米インターシル社、2019年に約7300億円でアナログ・デジタル混在半導体部品の米インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー社、2021年には約6200億円で英ダイアログ社を買収した。この3件の大型買収だけで約1兆7000億円近くを投じてきた。

    ルネサスが買収したダイアログは、スマートフォンに搭載される電源管理の集積回路や、産業機器に用いられるパワー半導体、5G通信など高速通信を用いたIoT向け半導体関連技術に強みを持つ。

    ルネサスは車載、パワー半導体、IoT関連チップの技術力を取り込んで収益源を分散し、世界的な半導体企業への成長を狙っている。大型買収ゆえに注目されたが、その度毎に「意図が見えない」、「買収で強くなるのか」などの評価が一般的だった。株価は2020年までは低迷したが、2021年には株価は5倍近くに値上がりし、今年はさらに2倍になろうとしている。

    INCJ(旧産業革新機構)が、2023年11月にルネサス株式のほとんどを売却し、官民支援が終了し、普通の企業となったことが大きい。INCJは、出資額1383億円の約10倍の投資リターンを確保したと見られる。
  • 2024/02/19 09:19
    【注目銘柄】アルティウム買収はファーストステップ
    ルネサスエレクトロニクスは、電子基板の設計ソフトウエアをのアルティウムを91億豪ドル(約9000億円)で買収する。これまでも巨額買収はあったが、今回は半導体メーカーではなく、半導体を搭載する電子基板を設計開発するソフトウエアメーカーだ。

    今回の買収は、ルネサスが持たない半導体を補完してきたこととは、意味合いが違う。敢えて言えば、英アームのような半導体設計分野に踏み込んだ匂いがする。

    売上高が400億円、営業利益が130億円ほどの企業に約9000億円の巨費を投じることに、市場では戸惑いも見られた。如何に成長率が20%を超えるといえども、高い買収に見える。エクイティ・ファイナンスは否定しているが、買収資金も銀行借り入れが中心で、負債が増加することには警戒感が出て当然だ。


    アルティウムは、半導体製品に使うプリント基板をクラウド上で設計できるソフトウエアを手がけ、世界で高いシェアを持つ。設計のシステムを一元化して開発や設計を短期間で行い、競争力を高めるねらいがある。

    半導体を使う自動車や産業機械のメーカーは、自社の製品を設計開発する際に、パソコン上で専用ソフトを用いる。アルティウムの設計開発用のソフトを使用して、製品開発設計段階から、メーカーに入り込めば、受注増にもつながる期待がある。

    このようなビジネスモデルは、ソシオネクストも採用している。ソフトウェア会社買収は大きな意味がありそうだ。ある程度時間はかかることを覚悟して、「強気評価」とする。
  • 2024/02/15 16:58
    米Altiumを完全子会社化 100% 8897億円
    Altiumは、PCB設計などのソフトウェアツールの開発・販売。買収により、コンポーネント、サブシステム、システムレベル設計間のコラボレーションを可能にする統合されたオープンな「電子機器設計・ライフサイクルマネジメントプラットフォーム」を構築する。
  • 2024/02/13 07:38
    【注目銘柄】復配、自社株消却で大幅高
    NECと日立が保有するルネサスエレクトロニクス株を全て売却することになったのが、相場の起点となっている。INCJ(旧産業革新機構)は保有株を全て売却済みで、NECが3.93%、日立が3.48%を保有していた。海外の機関投資家などに売却する

    売却価格については、NECは1株につき2503.0円で、売却価格の総額は1749億円、日立製作所は売却益1159億円を計上する。

    一連の株式売出しで、需給の悪化が一時的に懸念されたが、国の支援を受けた再建が完了し、23年12月期の純利益は前期比31%増の3370億円と過去最高となった。23年12月期の年間配当を28円とし、19年ぶりの復配も果たす。

    さらに、発行済み株式総数の4.5%にあたる8783万株を2月29日に消却する。
  • 2024/02/08 10:01
    【決算】23年12月期の営業利益は7.9%減の3907億円
  • 2024/01/12 14:58
    米トランスフォームを買収 100% 492億円
    トランスフォームのGan(窒化ガリウム)パワー半導体技術を獲得。EV向けX-in-1パワートレイン用途やコンピューティンング、エネルギー、産業、民生向けパワーソリューションの提供力を強化する。
  • 2023/05/23 10:38
    SiCパワー半導体に投資、2025年に量産化へ
    ルネサスエレクトロニクスは、年内にも炭化ケイ素(SiC)パワー半導体への投資を開始し、2025年に量産化を目指すことを明らかにした。電気自動車(EV)の普及に伴い、省エネ性能に優れたSiCパワー半導体の需要が今後伸びると見込まれており、同社は成長分野への対応を強化する。経済産業省によると、SiCパワー半導体市場は21年の1400億円から30年には約3.4兆円まで拡大する見通し。2023年から2030年の間に年平均成長率は30%との予測もある。

    SiCパワー半導体は、Si製のパワー半導体に比べて耐熱性や耐電圧性が高く、省エネ化が図れる。EVの急速充電器や送電設備などに使われている。

    ルネサスは、SiCパワー半導体市場への参入を昨年11月に表明。今回の投資により、高崎工場量産体制を構築する。同社は、EV向けの半導体でも積極投資を進めている。2024年には、閉鎖していた甲府工場を再稼働し、生産能力を増強する。

    ルネサスは、半導体不足や原材料価格の高騰などの課題に直面しているが、成長分野への対応を強化することで、業績の回復を目指す。

    ・SiCパワー半導体世界大手企業
    STマイクロエレクトロニクス
    インフィニオンテクノロジーズ
    クリー
    ローム
    オンセミコンダクター
    三菱電機
    富士電機
  • 2023/03/28 10:41
    オーストリアのファブレス半導体企業「パントロニクス」を買収
    ルネサスエレクトロニクスは、高性能ワイヤレス製品に特化したオーストリアのファブレス半導体企業「パントロニクス」を買収する。買収により、ルネサスはコネクティビティのポートフォリオを拡げ、フィンテック、IoT、アセットトラッキング、ワイヤレス給電、さらに自動車向けで需要が拡大するNFC(近距離無線通信)に対応可能となる。

    NFC関連市場は、モバイル決済端末や非接触型決済に代表されるフィンテック、IoTや、ワイヤレス給電に用いられる事例が増加し、高成長を続けている。パントロニクスは、高性能なNFCチップセットやソフトウェアを提供しており、市場優位性の高いNFC技術を内製化し、ルネサスが市場投入する。両社は現在、決済端末やIoT、ワイヤレス給電、モバイル向けのシステムも開発中としている。
  • 2023/03/07 10:25
    インドのTCS(タタ・コンサルタンシー・サービス)と協業
    ルネサスエレクトロニクスは、インドのTCS(タタ・コンサルタンシー・サービス)と協業する。IoT、インフラ、産業、自動車分野向けの半導体設計とソフトウェアソリューションの構築に向けて、共同でベンガルールとハイデラバードにイノベーションセンタを設立した。TCSは、61万6000人を超える人材を擁し、世界55カ国でITサービスやコンサルティング事業を展開している。

    イノベーションセンタでは、IoTに関する深い知見と製造業、情報通信業、自動車産業に関する専門知識を有するTCSと、ルネサスの半導体の設計開発技術と組込みソフトウェア開発サポート力を融合し、革新的な半導体設計とソフトウェアソリューションを創出する。なお、ルネサスエレクトロニクスは日経平均の新規採用銘柄となっており、4月3日から算出される。採用銘柄としてある程度プレミアムが期待される。現在産業革新投資機構傘下のINCJを対象に、発行済み株式総数の2.1%に当たる4045万3174株を1株当たり1236円でTOBを実施中。期間は3月10日まで。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 74 RCI 9日 68.33
13日 71.98
ボリンジャーバンド +2σ 2708.4
-2σ 2316.43
ストキャススロー S%D 47.35
%D 68.02
ストキャスファースト %K 100
%D 68.02
ボリュームレシオ 14日 52.29
移動平均乖離率 25日 9.33 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (3月5日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方