株価予想

6723 ルネサスエレクトロニクス

2022年5月24日 株価
始値
1,482
高値
1,491
安値
1,419
終値
1,419
出来高
12,668,200
6723ルネサスエレクトロニクスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
1,500
予想安値
1,300
みんなの予想
上がる
100%
下がる
0%
平均予想株価
2,200円

この銘柄の株価は

上がる 下がる
予想株価

6723 ルネサスエレクトロニクスの投資戦略

6723 ルネサスエレクトロニクスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6723 ルネサスエレクトロニクスのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6723 ルネサスエレクトロニクスの関連ニュース

  • 2022/05/17 15:14
    【注目銘柄】甲府工場をパワー半導体生産ラインとして稼働再開へ
    ルネサスエレクトロニクスは、2022年5月17日、2014年に閉鎖した甲府工場を300mmウェハ対応のパワー半導体生産ラインとして稼働再開させると発表した。投資額は900億円。稼働再開は2024年を目指す。

    EV向けの需要が急拡大することを見据え、IGBTなどのパワー半導体の生産能力を増強する。甲府工場の本格的な量産開始でパワー半導体の生産能力は現在の2倍になるとしている。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は0.07%高の1395円で推移している。
  • 2022/04/27 16:17
    【決算】22年12月期Q1の営業利益は231%増の1000億円
  • 2022/04/27 16:15
    【自社株買い】発行済み株式総数8.64%(1億6806万株) 2000億円 4月28日~6月30日 1株1190円で自己株式公開買付け
  • 2022/04/04 07:33
    AIチップ企業のSyntiant(シンティアント)に出資
    ルネサスエレクトロニクスは、AIチップ企業のSyntiant(シンティアント)に出資した。シンティアントは、2000万個以上のニューラルデシジョンプロセッサ(NDP)を出荷しており、相当量のエッジAIチップを出荷している希少企業。シンティアントとルネサスは2021年夏から、ルネサスのマイクロプロセッサ「RZ/V」シリーズとシンティアントの「NDP120」を組み合わせた「音声制御マルチモーダルAIソリューション」を共同開発している。待機電力を非常に低く抑えながら、ルネサスのチップ上で実行されるビジョンベースのさまざまなAIアプリケーションの音声起動を実現する。

    シンティアントは調達資金(5500万ドル)を2023年発売予定の、第3世代のNDPコアのソフトウェア開発に充当する。
  • 2022/03/03 09:33
     インドのタタ・エレクシーと次世代EVイノベーションセンタ設立へ協業
  • 2022/02/09 15:35
    【決算】21年12月期の営業利益は181%増
    ルネサスエレクトロニクスの2021年12月期の営業利益は181%増の1836億円となった。自動車向けでは前年上期の自動車生産減少からの回復で売上が増加。産業・インフラ・IoT向けでもFA機器向けやデータセンター、携帯電話基地局向けなどの需要拡大を捉えた。

    2022年12月期第1四半期の売上収益は3360億円を計画する。前年比では65%増、前四半期比では6.9%増となる。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は5.55%高の1332円で推移している。
  • 2021/10/28 16:35
    【決算】1-9月の営業利益は149.9%増 イスラエルのCeLecoを359億円で買収
    ルネサスエレクトロニクスの2021年12月期第3四半期(1-9月)の営業利益は149.9%増の1194億円となった。中間期の114.8%増より伸びた。自動車向けでは自動車生産減少からの回復で売上が増加。産業・インフラ・IoT向けでは需要が拡大。8月に買収が完了したDialogの連結開始効果も寄与した。

    また、イスラエルのCeleno社を買収すると発表した。投資額は約359億円で、完了は第4四半期(10-12月)を予定する。

    Celenoは、アナログ半導体企業で、ホームネットワークやスマートビルディング、通信、産業分野向けに先端WiFiチップセットなど幅広い無線通信技術を提供する。ルネサスは、IoTやインフラ、産業、自動車分野のアプリケーション向けとして、需要が高まる低電力のコネクティビティ技術を提供する。なお、Celenoの2020年12月期の売上高は42億円、営業利益は▲9.8億円、純利益は▲10億円となっている。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は2.21%高の1434円で推移している。
  • 2021/07/29 18:01
    【決算】中間期営業利益は114.8%増 自動車向けと産業・インフラ・IoT向けが共に好調
    ルネサスエレクトロニクスの2021年12月期第2四半期(1-6月)の営業利益は114.8%増の656億円となった。自動車向けでは自動車生産減少からの回復で車載制御・車載情報の売上が増加。産業・インフラ・IoT向けではFA機器向け、データセンター、基地局向けなどが好調に推移した。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は7.51%高の1174円で推移している。
  • 2021/07/28 20:32
    【注目銘柄】米シンティアントと「マルチモーダルAIソリューション」を開発
    ルネサスエレクトロニクスは、2021年7月28日、米シンティアントと「マルチモーダルAIソリューション」を開発したと発表した。ルネサスのビジョンAI向けマイクロプロセッサとシンティアントの低電力な音声AI技術を組み合わせ、任意の音声でシステムを起動・操作しつつ、操作する人のふるまいをAIで画像認識し、不審な動きがあれば操作を停止したり、注意を促すなど、音声と画像の双方のAIを組み合わせたマルチモーダルシステムの開発が可能になる。

    セルフレジや顔認証セキュリティカメラ、テレビ会議システム、ロボット掃除機などスマート家電などのビジョンAIシステムを非接触で完全な音声UIで操作できるようになる。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は4.7%安の1092円で推移している。
  • 2021/06/27 11:31
    【注目銘柄】火災のあった半導体製造工場 火災発生前の生産能力水準を回復
    ルネサスエレクトロニクスは、2021年6月25日、火災のあった半導体製造工場(那珂工場)のN3棟で、火災発生前の生産能力復帰に必要となる装置の全ての立ち上げが完了し、火災発生前の生産水準を回復したと発表した。N3棟の出荷水準の復帰次期は7月の第3週頃の見込みとしている。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は横ばいの1200円で推移している。
  • 2021/05/28 16:31
    【公募売出し】新株発行などで約2185億円を調達 英Daialog買収資金に充当
    ルネサスエレクトロニクスは、2021年5月28日、新株発行などで約2185億円を調達すると発表した。調達資金は2021年2月に発表していた英半導体Dialogの買収費用約6157億円の一部に全額を充当する。発行済み株式総数は約17万3329万株から約19万3334万株と約11.5%増加する見通し。

    英Daialogの技術は低電力やコネクティビティ技術を強みとしており、マイコンやSoCを中心としたルネサス製品と高い補完関係がある。特に低電力技術の獲得で、IoT分野の提供範囲・能力を拡大。また、コネクティビティ技術により、高成長の非接触IoT分野や自動車分野向けのシステムソリューションを差異化できるとしている。

    なお、Daialogの2019年12月期の売上高は1644億円、営業利益は398億円、純利益は316億円となっている。

    ルネサスエレクトロニクスの株価は2021年に入ってから1200円あたりを中心に横ばいで推移しており、本日は1円安の1179円で推移している。買収が今後の成長と株価上昇につながるかが注目される。

    なお、4月28日発表の2021年12月期1-3月の営業利益は126.8%増の301億円となっている。自動車向けでは自動車生産減少からの回復で車載制御・車載情報の売上が増加。産業・インフラ・IoT向けではFA機器やデータセンター、基地局向けなどが好調に推移した。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 57.73 RCI 9日 81.67
13日 67.03
ボリンジャーバンド +2σ 1491.23
-2σ 1221.67
ストキャススロー S%D 59.91
%D 74.35
ストキャスファースト %K 55.69
%D 74.35
ボリュームレシオ 14日 56.1
移動平均乖離率 25日 2.48 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (5月25日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方