株テーマ:日本語特化型生成AIの関連銘柄

日本語特化型生成AIは、近年注目を集めている分野です。各社は、より高性能なモデルの開発や、俗語・方言対応などの機能追加を進めています。今後は、さらに自然で流暢な文章生成や、様々な分野での応用が期待されます。


(9432)NTT
「tsuzumi」は、日本語と英語の処理に特化したLLMで、パラメータサイズが6億から70億と比較的小さい。

(6701)日本電気
「cotomi」LLMは、130億パラメーターを持ち、世界最大級の日本語に特化したモデル、「cotomi Pro(コトミプロ)」「cotomi Light(コトミライト)」も開発。

(9433)KDDI
「ELYZA」は、Meta社のオープンソース基盤モデル「Llama 2 70B」をベースとして開発され、700億パラメータを持つ。

(4755)楽天グループ
仏AIスタートアップであるMistral AI社を基に日本語・英語データを学習させて開発

(4751)サイバーエージェント
「CyberAgentLM」は70億パラメータをもち、AWSサービスを通じて利用出来る

(9434)ソフトバンク
24年度内にパラメーター数で3900億のモデルを開発、1500億円を追加投資

日本語特化型生成AI 関連銘柄

日本語特化型生成AI 関連テーマ

AI(人工知能)
AI注目株 AIスピーカー AI開発 AI同時通訳 AIファクトリー AI半導体 AIチップ LLM開発 AI音声認識 生成AI データサイエンティスト デジタルツイン 日本語特化型生成AI

株式情報更新 (6月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方