株価予想

4552 JCRファーマ

4552JCRファーマのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
6,600
予想安値
5,900

4552 JCRファーマの投資戦略

4552 JCRファーマの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4552 JCRファーマのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4552 JCRファーマの関連ニュース

  • 2019/03/28 16:04
    【上方修正】主力のヒト成長ホルモン製剤や腎性貧血治療薬、再生医療等製品の販売が好調で上方修正
    通期経常利益を43.6億円から50億円と14.7%上方修正した。主力製品であるヒト成長ホルモン製剤「グロウジェクト」、腎性貧血治療薬「エボエチンアルファBS注JCR」、再生医療等製品「テムセルHS注」の販売が好調に推移。契約金収入も予想を上回り、上方修正した。
  • 2019/03/22 17:10
    【注目銘柄】ヒト骨髄由来間葉系幹細胞「テムセルHS注」の適用拡大について皮下投与による表皮水疱症に対する適用拡大について厚労省に製造販売承認を申請
    「テムセルHS注」の皮下投与による表皮水疱症に対する適用拡大について、厚労省に製造販売承認申請。

    テムセルHS注は2018年10月に厚労省から「表皮水疱症における潰瘍」に対する希少疾病用再生医療等製品の指定を受けている。

    表皮水疱症は、四肢末梢や大関節部などの部位に、軽微な外力により水疱や潰瘍を生じる遺伝性の重篤な希少疾病。

    本疾患の静脈内投与による治療の開発も検討している。
  • 2019/02/28 22:45
    【注目銘柄】血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤が欧州医薬品庁よりオーファンドラッグ指定
  • 2018/10/29 16:53
    【注目銘柄】ヒト骨髄由来間葉系幹細胞「テムセルHS注」の適応拡大として表皮水疱症に対する開発を開始
  • 2018/09/14 13:11
    【注目銘柄】独自の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo」を利用した新薬・サンフィリッポ症候群A型治療酵素製剤の開発に着手
    JCRファーマは、独自の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo」を利用した新薬・サンフィリッポ症候群A型治療酵素製剤(JR-441)の開発に着手する。

    サンフィリッポ症候群A型は、ハンター症候群やハーラー症候群と同じムコ多糖症の一種。中枢神経症状、睡眠障害、肝脾腫、痙攣発作などが起きる疾患で、現段階で有効な治療法がない。

    JR-441は、動物実験において、末梢臓器のみならず脳への薬剤移行や脳内に蓄積したヘパラン硫酸の減少効果でも良好な結果を示したとしている。早期の臨床試験開始を目指す。
  • 2018/06/01 13:19
    【注目銘柄】JR-141の第3相臨床試験が開始へ 販売開始への見通しは?
    JCRファーマが開発を進めている血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo」を適用した血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤(JR-141)について、第3相臨床試験の治験計画届を提出し、所定の調査が終了。2018年8月に第3相臨床試験が開始される。

    第3相臨床試験では、20名のハンター症候群患者にJR-141を12ヶ月投与し、脳脊髄液中のバイオマーカーを主要評価項目として、中枢神経症状及び全身症状の変化について評価を行うとしている。

    JR-141は、2018年3月に厚生労働省より先がけ審査指定制度の対象品目に指定。第3相臨床試験を実施した後、2019年度中に世界に先がけて日本でも製造販売承認申請を行う予定としている。さらに、グローバル展開の第一歩として、2018年6月にブラジルで第2相臨床試験開始を予定している。
  • 2018/05/18 15:07
    【注目銘柄】遺伝子組換えヒト成長ホルモン製剤「グロウジェクト」への「SHOX異常症」の効能追加へ。7月に第3相臨床試験開始予定
    JCRファーマは遺伝子組み換えヒト成長ホルモン製剤「グロウジェクト」への「SHOX異常症」の効能追加について、PMDAに治験計画届けを提出し、所定の調査が終了。2018年7月に第3相臨床試験開始を予定する。

    SHOX異常症は、性染色体上に存在する成長遺伝子SHOXの機能喪失を招く微細欠失・重複や変異などにより生じる先天性疾患。
  • 2018/04/26 15:14
    【注目銘柄】新たな治験薬製造センターを建設へ
    JCRファーマは神戸市西区にある室谷工場敷地内に新たな治験薬製造センターを建設する。投資額は30億円。竣工は2020年6月。

    治験薬製造のみに留まらず、その前段階である研究施設としても運用することにより、研究開発のスピードアップと今後のグローバル展開を見据えた十分な治験薬の供給体制の確立を実現することを目的とするとしている。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 54.41 RCI 9日 -30
13日 -61.54
ボリンジャーバンド +2σ 6695.27
-2σ 5720.89
ストキャススロー S%D 57.11
%D 46.37
ストキャスファースト %K 70.97
%D 46.37
ボリュームレシオ 14日 75.27
移動平均乖離率 25日 0.33 サイコロジカル 12日 66.67

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方