株テーマ:携帯情報端末 電子書籍の関連銘柄

電子書籍サービスが日本国内でも本格化する。米アマゾンは専用端末「キンドル」で先行したが、スマートフォンの普及により、利用端末の幅が拡がったことが背景。シャープはツタヤと「ガラパゴス」、ソニーは「リーダーストア」、ソフトバンクも「ソフトバンクブックストア」を展開。端末では、ソニーが「リーダー」、楽天が「コボ」、凸版印刷が「リディオ」を投入。アマゾンとの価格競争が激化している。

携帯電話端末は薄型、軽量化、高機能化にひた走る。アップルのスマートフォン投入で、激戦必至。2010年以降に商用化される次世代携帯電話の基地局開設申請は2009年4月3日に開始。1社あたりの設備投資は3000-5000億円と見られている。世界の携帯端末市場では、フィンランドのノキアが4割のシェア、カナダのRIMが2割、アップルが1割で、日本企業の存在感は薄い。

電子書籍 関連銘柄

電子書籍 関連テーマ

携帯情報端末
音声認識 基地局 携帯キャリア 携帯販売 コネクター ソフト・コンテンツ 手書きメモ 電子書籍 内蔵アンテナ 有料コンテンツ レンズユニット

広告

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方