株価予想

7912 大日本印刷

2022年9月29日 株価
始値
2,879
高値
2,916
安値
2,861
終値
2,908
出来高
653,000
7912大日本印刷のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
3,000
予想安値
2,800

7912 大日本印刷の投資戦略

7912 大日本印刷の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7912 大日本印刷の関連ニュース

  • 2022/09/14 10:51
    「ライトアニメ」サービスを開始
    大日本印刷は、従来の手法と比較して、アニメーション制作にかかる時間やコストを大幅に抑制できる新しいフローを開発し、「ライトアニメ」としてサービスを開始した。原作のマンガ原稿をもとにアニメ用の原稿を描き起こす従来手法に対して、「ライトアニメ」ではマンガ原稿の活用を基本とする。セリフの吹き出しなどを削除したマンガ原稿に、色付けや分割を行い、必要に応じてアクションを加えて動画にすることで、制作期間とコストを大幅に抑えることが出来る。

    制作時間は従来平均の約12分の1、費用は約10分の1で、動画配信プラットフォームに向けて放送権を販売するサービスとなっている。コンテンツホルダーやパートナー企業、社外のクリエイターとの連携体制を強化し、2025年度までに30億円の売上を目指す。
  • 2022/07/04 10:46
    薄型で軽量の5G「電波吸収シート」を開発
    大日本印刷(DNP)は、5Gで用いられる特定周波数帯の電波のみを選択的に吸収する薄型で軽量の「電波吸収シート」を開発した。電波吸収シートは、5Gシステムに用いられるミリ波(28GHz帯)やSub6帯(3.7GHz帯、4.5GHz帯)で、特定周波数の電波のみを選択的に吸収し、電波干渉や通信エリアからの電波漏えいを抑えることができる。従来シートに比べ、大幅な薄型化と軽量化も実現した。ミリ波帯対応シートは厚みが0.3mmで、重さは0.5kg/m2、Sub6帯対応シートは厚みが1.6mm、重さは3kg/m2となっている。

    また、独自の電子線コーティング技術を活用することで、屋外でも利用できる高い耐候性や耐傷性を実現し、2023年までに製品化を目指す。
  • 2022/05/13 15:29
    【自社株買い】発行済み株式総数2.23%(600万株) 100億円 5月16日~12月20日
  • 2022/04/18 09:10
    細い円柱にも巻き付けられる、フィルム型アンテナを開発
    大日本印刷は、5GのSub6周波数帯に対応し、直径15cmの細い円柱にも巻き付けられる、意匠性・耐候性の高いフィルム型アンテナを開発した。Sub6周波数帯は、通信距離が短いため、基地局とアンテナを多数設置する必要がある。従来のアンテナは街灯や電柱等の円柱物に巻き付けて設置することが困難だったが、ローカル5G設備で実証実験を行い、意匠付きフィルム型アンテナの5G-Sub6帯での通信に成功した。2023年度に量産化を開始し、2025年に売上10億円を目指す。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 32.34 RCI 9日 -75
13日 -66.07
ボリンジャーバンド +2σ 3060.88
-2σ 2824.48
ストキャススロー S%D 66.47
%D 36.04
ストキャスファースト %K 18.12
%D 36.04
ボリュームレシオ 14日 56.14
移動平均乖離率 25日 -1.84 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (9月30日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方