株価予想

6753 シャープ

2020年9月25日 株価
始値
1,256
高値
1,258
安値
1,223
終値
1,233
出来高
2,402,500
6753シャープのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
1,300
予想安値
1,200

6753 シャープの投資戦略

6753 シャープの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

6753 シャープのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

6753 シャープの関連ニュース

  • 2020/08/28 08:34
    【注目銘柄】白山工場をシャープに譲渡 約413億円
    ジャパンディスプレイは、2020年8月28日、白山工場をシャープに譲渡すると発表した。譲渡額は3.9億ドル(約413億円)。また、他社に白山工場の生産装置を2.85億ドル(約301億円)で譲渡する。完了は2020年9月から10月を予定する。

    譲渡により営業外収益及び特別利益が約268億円、特別損失が最大で約116億円となる見通し。

    ジャパンディスプレイの株価は2円高の51円で推移している。
  • 2020/05/19 15:32
    【決算】20年3月期経常利益は19.5%減 液晶パネルが減少
    シャープの2020年3月期経常利益は19.5%減の555億円となった。スマートライフが増益も、8KエコシステムとICTが減益となった。また、新型コロナウイルスの影響で営業利益に約360億円の影響があった。

    家電やセンサーモジュールなどのスマートライフの営業利益は26.3%増の397億円。エアコンや冷蔵庫、洗濯機が増加した。

    液晶パネルなどの8Kエコシステムは68.4%減の149億円。液晶テレビやスマートフォン用パネルの販売が減少した。

    ICTは2.9%減の202億円。通信事業が減少した。


    2021年3月期の業績予想は未定としている。

    シャープの株価は62円高の1195円で推移している。
  • 2020/05/08 16:47
    【下方修正】通期経常利益を42.1%下方修正
    シャープは通期経常利益を950億円から550億円と42.1%下方修正した。1月下旬以降の新型コロナウイルスの感染拡大の影響でのディスプレイをはじめとするデバイス事業で納入先工場の稼働低下や退職給付費用の増加、投資有価証券評価損の計上などから減益となる見通し。

    シャープの株価は34円高の1181円で推移している。
  • 2020/04/20 15:19
    【注目銘柄】個人向けにマスクを販売開始 4月21日から
    シャープは、2020年4月20日、個人向けマスクをECサイト「SHARP COCORO LIFE」で販売を開始すると発表した。シャープは、日本政府からの要請を受け、三重工場でマスクを生産。3月31日から日本政府向けに出荷を開始し、4月21日から個人販売も開始する。

    1箱あたり50枚入りで、販売数量は1日3000箱(1日15万枚)。今後の生産能力の増強に伴い、1日1万箱(1日50万枚)を目指すとしている。

    シャープの株価は32円高の1185円で推移している。
  • 2020/03/25 12:44
    【注目銘柄】NECディスプレイソリューションを子会社化 約92億円
    シャープは、2020年3月25日、NECの子会社のNECディスプレイソリューションズ(NDS)を子会社化すると発表した。約92億円で、NDSの株式66%を取得する。株式取得日は2020年7月1日を予定する。

    NDSは、NECグループのBtoB向けディスプレイ事業を担う企業として、液晶ディスプレイ、ビジネスプロジェクター、デジタルシネマを中心にグローバル展開している。両社商材のクロスセルやLEDディスプレイ、8K+5Gエコシステムなどで相乗効果が期待できるとしている。

    NDSの経常利益は2017年3月期が9.8億円、2018年3月期が32億円、2019年3月期が6.5億円で推移している。

    シャープの株価は100円高の1127円、NECの株価は295円高の3780円で推移している。
  • 2020/02/17 14:47
    【注目銘柄】5G対応スマホ「AQUOS R5G」を商品化 20年春に発売予定
    シャープは、2020年2月17日、5Gに対応スマートフォン「AQUOS R5G」を商品化すると発表した。2020年春に発売予定。

    8Kワイドカメラを搭載し、広範囲の撮影でも細部まで鮮明に記録。また、約6.5インチの「Pro IGZO」液晶ディスプレイを採用している。

    シャープの株価は42円安の1525円で推移している。
  • 2020/02/04 15:30
    【決算】4-12月期経常利益は3.4%増の641億円
    シャープの2020年3月期第3四半期(4-12月)の経常利益は3.4%増の641億円となった。通期は37.7%増の950億円を計画しており、進捗率は67%となっている。着実なトランスフォーメーションの進展から安定した収益を確保。2018年度第4四半期を底に回復基調にあり、各利益は第2四半期からさらに大きく伸長するとしている。中間期の経常利益は23.4%減の331億円だった。

    家電やセンサーモジュールなどのスマートライフの営業利益は34.5%増の351億円、液晶パネルなどの8Kエコシステムは27.6%減の293億円、ICTは27.4%増の155億円となっている。

    下期はデバイス事業やディスプレイ事業の大幅回復やエネルギー事業・家電などでB2B事業を強化、5G対応機器の展開などに取り組む。

    シャープの株価は40円高の1541円で推移している。
  • 2019/12/29 13:07
    【注目銘柄】白山工場 JDI「あらゆる選択肢を検討」 シャープ「取得による影響を慎重に検討」
    ジャパンディスプレイは、2019年12月27日、白山工場について「あらゆる選択肢を検討している」と発表した。選択肢を検討するにあたり、白山工場の生産設備とインフラ設備などの状態を総点検しているとしている。また、シャープは、関係先からの要請を受けて白山工場の取得によって生じるシャープ業績への影響など様々な観点から慎重に検討を進めていると発表した。

    報道では白山工場を米アップルとシャープに売却する方向で交渉していると報じられた。売却額は800億円から900億円で交渉が進められているもよう。ジャパンディスプレイは白山工場の建設に1700億円を投資。建設資金の大半を米アップルが前受金として拠出していたが、有機ELの採用が進み稼働が低迷している。前受金は2019年9月末時点で約900億円となっている。

    ジャパンディスプレイの株価は5円高の78円、シャープの株価は8円高の1663円で推移している。
  • 2019/11/01 16:08
    【決算】中間期経常利益は23.4%減の331億円
    シャープの中間期経常利益は23.4%減の331億円となった。米中貿易摩擦の長期化などがあるも、安定した収益を確保。2018年度第4四半期を底に業績は回復基調としている。

    下期はデバイス事業やディスプレイ事業の大幅回復やエネルギー事業をはじめ、白物家電やテレビでもB2Bを強化、IoTやクラウド、スマートライフなどのサービスを拡大する。通期経常利益は37.7%増の950億円を計画している。

    シャープの株価は28円高の1287円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 28.75 RCI 9日 -55
13日 -53.3
ボリンジャーバンド +2σ 1424.74
-2σ 1066.26
ストキャススロー S%D 48.5
%D 22.76
ストキャスファースト %K 0
%D 22.76
ボリュームレシオ 14日 18.72
移動平均乖離率 25日 -5.88 サイコロジカル 12日 25

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方