株テーマ:訪日外国人 化粧品の関連銘柄

中国訪日客の増加で化粧品の売り上げが顕著に伸びている。資生堂の高級ブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」では数万円のクリームが売れ、拡大の一途を辿っている。2017年度の化粧品市場は2兆5000億円を突破し、資生堂の2018年第1四半期決算は市場にサプライズを与えた。コーセーの美白化粧品「雪肌精」がドラッグストアで大人気となったが、シワ取りクリームもヒットし、各社は高価格帯へシフトしている。資生堂、花王が首位を争い、コーセー、ポーラ・オルビスが二番手グループを形成している。

政府は、訪日外国人数を2020年に4000万人へ倍増、30年に3倍増の6000万人とする新たな目標を決定した。日本政府は中国観光客へのビザ発給を大幅に緩和。注目の1万人ツアーは2010年10月9日に始まり、東京イン・大阪アウトコースと、大阪イン・東京アウトコース。首都圏・関西圏の観光地を訪問し、浜名湖・琵琶湖等で温泉も楽しむ内容。観光庁によるとインバウンド消費は、中国人の買い物は一人あたり平均11.7万円で、韓国人の3倍とか。訪日外国人を増やしたい日本政府は、インドネシアへのビザ免除と、フィリピンとベトナムに対するビザの大幅緩和を行う。外国人のインバウンド消費は2020年の東京五輪まで増加に弾みがつきそうだ。

2017年の訪日外国人客数は2869万人となった。2018年も伸び続け、1-3月の消費額は前年同期比17.2%増の1兆1343億円となっている。政府目標は2020年に8兆円。

化粧品 関連銘柄

化粧品 関連テーマ

訪日外国人
航空・チケット アウトレット 越境EC 家電量販店 キャラクター クルーズ 化粧品 化粧品原料 宿泊 炊飯器・温水便座 テーマパーク デパート 民泊 免税店

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方