株テーマ:ノーベル賞 2016年生理学・医学賞の関連銘柄

2016年のノーベル生理学医学賞は、東京工大の大隅良典名誉教授が受賞した。トムソン・ロイターが生物を構成するたんぱく質が体内で分解、再利用される「オートファジー(自食作用)」の仕組みや機能を解明した大隅良典・東工大特任教授と、水島昇・東大教授が有望としている。コスモバイオは生きたまま細胞のオートファジー動態をモニタリングできる蛍光試薬や抗体、阻害試薬・誘導試薬を取り扱っている。医学生物学研究所も取扱品目が多い。

ノーベル賞の選定基準は、過去20年以上にわたる学術論文の被引用件数に基づいて、各分野の上位0.1%にランクインする研究者とされている。クラリベイト・アナリティクス(トムソン・ロイター)は論文や引用データーから、ノーベル賞クラスの研究者に「引用栄誉賞」を与えており、受賞する確率が高いという。

2016年生理学・医学賞 関連銘柄

2016年生理学・医学賞 関連テーマ

ノーベル賞
2010年ノーベル化学賞 2012年生理学・医学賞 2013年ノーベル化学賞(候補) 2013年物理学賞 2014年物理学賞 2015年ノーベル物理学賞 2015年生理学・医学賞(候補) 2016年生理学・医学賞 スーパーカミオカンデ ノーベル文学賞候補 2017年ノーベル賞候補

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方