株テーマ:がん光免疫療法の関連銘柄

光免疫療法は、イルミノックスプラットフォームと呼ぶ特定の細胞に選択的に光感受性物質を運び、光を照射することで標的の細胞を壊死させる治療法。がんの治療法として、手術、放射線、抗がん剤、免疫薬い続く第5の治療法として期待される。


リボミックは、2023年10月にリボミックのアプタマーの光免疫療法への応用可能性を検討するため、慈恵大学と共同研究契約を締結したと発表した。

楽天メディカルジャパンは、2020年9月にがん細胞を壊死させる新しい局所治療に用いる医薬品「アキャルックス」で切除不能な局所進行又は局所再発の頭蓋部がんを効能・効果として厚生労働省から製造販売承認を取得した。

また、島津製作所と2021年6月に光計測技術を活用した医療機器を共同開発すると発表。光照射に対する薬剤反応をリアルタイムで可視化・測定・記録する技術を共同開発し、腫瘍の状態に合わせた光照射の最適化を目指す。

楽天メディカルジャパンが製造販売している抗体薬「アキャルックス」を使用した世界初のがん治療の「光免疫療法」が国内で始まった。「アキャルックス」はがん細胞とだけ結合するため、近赤外光の医療機器レーザを照射するとがん細胞のみを破壊するという。最終治験は終わっていないが、昨年9月に厚労省が条件付きで承認しており、人体に無害で、照射時間は数分間と利便性が高いため、国内20カ所の医療機関が採用している。

島津と楽天メディカルは、米国国立衛生研究所の国立がん研究所で、切除可能な原発または再発の頭頸部扁平上皮がんおよび皮膚扁平上皮がんを対象とした、

がん光免疫療法 関連銘柄

がん光免疫療法 関連テーマ

先端医療・新薬
特殊ペプチド 薬品研究開発業務受託機関(CRO) アルツハイマー検査 遺伝子治療 潰瘍性大腸炎 核酸医薬品 がん中性子療法 がん免疫療法 抗体薬物複合体(ADC) 先駆け審査指定制度 CDMO スイッチ薬 脊髄損傷 創薬ベンチャー 認知症(アルツハイマー) 脳梗塞 脳腫瘍 パーキンソン病 がん光免疫療法 肥満症薬 ペプチスター 放射性医薬品(セラノスティクス) マイクロニードルアレイ

株式情報更新 (5月24日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方