株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:水ビジネス バラスト水処理の関連銘柄

貨物船やタンカーなどは、荷物を積んでいない時、海水を船底のタンクに注入している。この海水は「バラスト水」と呼ばれ、船舶のバランスを保つために利用されている。港で荷物を積む際にはバラスト水は不要になるため、船外に排出される。しかしながら、バラスト水には魚介類やプランクトン、細菌などが混入。船舶と一緒に海洋生物が世界中を行き交うことで、各地の生態系を乱している。そこで2017年9月に「バラスト水管理条約」が発効。締結国に寄港する外航船に処理装置の設置が義務づけられる。条約発効後には、新造船にはもちろん既存船舶も5年に1度の定期検査の際に対応する必要があることから、処理技術の開発が進められている。コストは1隻あたり数千万円から1億円前後という。バラスト水処理装置の市場規模は2017年に5000億円となる見通し。JFEエンジニアリングは、浄水場向けに培ってきたフィルターと薬剤を組み合わせて生物を除去。三浦工業は、フィルターで生物を濾過した上で、UV(紫外線)を海水に照射し、処理・殺菌する。栗田工業は、バラスト水をフィルターで濾過せず薬剤のみで処理・殺菌する。

「水問題」が深刻化し、浄水の供給、排水処理、管理運営などの「水ビジネス」の市場規模は2025年に100兆円規模といわれる。新興国で経済成長に伴う生活用水や、工業用水が不足。高成長期待業種。水は株式市場の環境関連の大きなキーワードだ。中東では海水淡水化が生活用水で使用され、逆浸透膜では日東電工が世界トップクラス。海水を真水に変えるだけでなく、新興国の上下水道整備などに大きなビジネスチャンスがある。世界の上下水道ビジネスは、仏ヴェオリア、スエズが8割を抑えている。経産省は「水ビジネス国際展開研究会」を設立し、業界を後押し。

バラスト水処理 関連銘柄

バラスト水処理 関連テーマ

水ビジネス
TT膜 海外水循環システム協議会 逆浸透膜(RO) 水道 水道施設管理運営 精密ろ過膜(MF) 海水淡水化 超純水・水処理装置 バラスト水処理 造水プラント

広告

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方