株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:水ビジネス 逆浸透膜(RO)の関連銘柄

水処理膜は、樹脂の穴の大きさで分類され、穴の直系が1ナノ(十億分の一)メートル以下をRO膜(逆浸透膜)と呼ぶ。主に海水淡水化につかうろ過膜で、日本企業の世界シェアは50%を超える。ろ過膜による造水プラントが主流となっている。大型プラントでは、東レ、日東電工が強い。東レは、逆浸透膜「ロメンブラ」使用の海水淡水化装置「TRシリーズ」を展開。

「水問題」が深刻化し、浄水の供給、排水処理、管理運営などの「水ビジネス」の市場規模は2025年に100兆円規模といわれる。新興国で経済成長に伴う生活用水や、工業用水が不足。高成長期待業種。水は株式市場の環境関連の大きなキーワードだ。中東では海水淡水化が生活用水で使用され、逆浸透膜では日東電工が世界トップクラス。海水を真水に変えるだけでなく、新興国の上下水道整備などに大きなビジネスチャンスがある。世界の上下水道ビジネスは、仏ヴェオリア、スエズが8割を抑えている。経産省は「水ビジネス国際展開研究会」を設立し、業界を後押し。

逆浸透膜(RO) 関連銘柄

逆浸透膜(RO) 関連テーマ

水ビジネス
TT膜 IMO(国際海事機関)規制 海外水循環システム協議会 逆浸透膜(RO) 水道 水道施設管理運営 精密ろ過膜(MF) 海水淡水化 超純水・水処理装置 造水プラント

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方