株テーマ:公共事業(災害復興・耐震補強) 水道管(老朽化更新需要)の関連銘柄

老朽化の激しい水道管関連銘柄。水道管の法定耐用年数は40年とされ、2014年11月時点で8.5%が耐用年数を超過。2020年代には水道管の交換で年間1兆円の費用が発生する見通し。鋳鉄管メーカーではクボタが業界首位。

2018年6月、大阪市北部を震源とした震度6弱の地震で、埋設され50年以上の水道管2本が破裂し、高槻市・箕面市で2万8600戸が大規模断水に見舞われた。法定耐用年数を超えた水道管は多いが、自治体の財政不足が原因で、更新は追いついていない。重要な生活インフラだけに対応が急務。アジアゲートは水道管敷設の公共案件が増加。栗田工業は水道管劣化予測ソフトの米企業に出資している。

景気の急速な悪化から、公共事業を集中実施。老朽化した道路、橋梁の補修や、学校、病院等の耐震化工事が柱。2009年4月1日に発表された「経済危機対策」で、公共事業関係費2.4兆円と地方公共事業の臨時交付金1.4兆円が計上された。学校の耐震化、エコ化は「スクール・ニューディール」とも呼ばれる。

水道管(老朽化更新需要) 関連銘柄

水道管(老朽化更新需要) 関連テーマ

公共事業(災害復興・耐震補強)
橋梁 建機レンタル 豪雨復旧 水道管(老朽化更新需要) 耐震補強 道路

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方