株テーマ:感染症:インフルから新型ウイルス インフルエンザ薬の関連銘柄

インフルエンザ治療薬の関連銘柄。主なインフルエンザ治療薬はロシュの「タミフル」、国内では中外製薬が販売。グラクソスミスクラインの「リレンザ」の二品目が有力。国内では中外製薬(ロシュ)の「タミフル」、第一三共の「イナビル」、塩野義製薬の「ゾフルーザ」が主力。

塩野義製薬はA型又はB型インフルエンザウイルス感染症を対象に、厚労省の医薬品先駆け精度品目に「ゾフルーザ」が指定。2018年2月に製造認可され、3月に販売を開始した。1回の投与で治療できるため、2018年度(18年4月~19年3月)では263億円を売上、トップとなった。米国、台湾でも販売している。第一三共の「イナビル」は口から吸いこむタイプの粉末薬で、1回吸うだけで効果がある。

2019年10月、厚生労働省はインフルエンザの流行期が早まり、10月にも流行期に入る可能性があるとして、ワクチン製造メーカーへワクチンの供給を前倒しするよう要請した。国内インフルエンザHAワクチン製造メーカーは、上場企業では第一三共、デンカ生研の2社。

インフルエンザワクチンの開発では、田辺三菱製薬がたばこの葉でインフルエンザワクチンを造る新技術を開発。日東電工が阪大微生物研究会とインフルエンザワクチンを開発し、製品化を目指すなどの動きがある。

「アビガン(ファビピラビル)」は富士フイルム富山化学が2012年3月に錠剤タイプの新しい抗インフルエンザウイルス薬として製造承認を受けており、他の抗インフルエンザ薬が無効又は効果不十分である場合に備える。成人にはファビピラビルとして1日目は1回1600mgを1日2回、2日目から5日目は1回600mgを1日2回経口投与し、総投与期間は5日間とされている。2020年2月22日、加藤厚労相は「アビガン」を新型肺炎患者に対して、国内の2カ所の医療機関で投与したことを認めた。

感染症、コロナウイルス関連株

感染病法によると、感染力・重篤度・危険性が極めて高く、早急な届出が必要になる一類感染症にはエボラ出血熱や天然痘、ペストなどが指定されている。感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる二類感染症には重症急性呼吸器症候群(SARS、コロナウイルスに限る)中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ(H5N1)および鳥インフルエンザ(H7N9)などが指定されている。腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)は三類、鳥インフルエンザ(H5N1は除外)は四類、インフルエンザは五類。

関連注目銘柄情報はこちら

インフルエンザ薬 関連銘柄

インフルエンザ薬 関連テーマ

感染症:インフルから新型ウイルス
インフルエンザ薬 ECMO(人工心肺装置) エボラ出血熱 化学防護服 空気清浄機 ウイルス検査キット・臨床検査 コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) サーモグラフィー 除菌剤・消毒薬・うがい薬 新型コロナ治療薬 新型コロナワクチン 人工呼吸器 テレワーク・遠隔医療 デング熱 鳥インフルエンザ マスク(ウイルス対策) 調剤薬局 ワクチン投与キット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方