株テーマ:スーパーカミオカンデの関連銘柄

スーパーカミオカンデは、世界最大の水チェレンコフ宇宙素粒子観測装置。物質を構成する最小単位のニュートリノ素粒子を観測する。これまでに小柴昌俊氏や梶田隆章氏がノーベル賞を受賞した。岐阜県神岡鉱山内の地下1000メートルに位置しており、5万トンのタンクを満たす超純水装置はオルガノ、1万3000本の光電子増倍管は浜松ホトニクス、光センサーの破損防止用アクリル板はクラレが担当した。高周波電源装置はアドテック プラズマ テクノロジーの子会社の技術を採用。富士通は実験解析システム。

カミオカンデ、スーパーカミオカンデの次世代型ハイパーカミオカンデの建設が始まる。今回は浜松ホトニクスの光電管が4万本使用され、建設費は第二世代のスーパーカミオカンデの7倍の700億円となる。

2020年8月、東大宇宙線研究所はスーパーカミオカンデの高感度改修を終え、100億年以上前の超新星爆発で放出されたニュートリノの観測を始めた。

スーパーカミオカンデ 関連銘柄

スーパーカミオカンデ 関連テーマ

ノーベル賞
2010年ノーベル化学賞 2014年物理学賞 2015年ノーベル物理学賞 2015年生理学・医学賞(候補) 2012年生理学・医学賞 2013年ノーベル化学賞(候補) 2013年物理学賞 2016年生理学・医学賞 2017年ノーベル賞候補 2020年ノーベル賞候補 スーパーカミオカンデ ノーベル文学賞候補

株式情報更新 (6月25日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方