株テーマ:ラグビー(ワールドカップ)の関連銘柄

21019年日本開催のラグビー・ワールドカップでは日本代表の快進撃が続いている。ラグビー日本代表の愛称は「桜の戦士(ブレイブ ブロッサムズ)」で、1次リーグでは、格上のアイルランド、スコットランドを撃破し、4連勝で決勝トーナメントへ進む快進撃で、日本中を沸かせている。10月20日の決勝トーナメントで南アフリカを下すことにでもなれば、ラグビー熱も最高潮に達しそうだ。台風19号の影響で1次リーグで3試合が中止になったにも関わらず、128万人の動員を記録した。日本代表のジャージはゴールドウイン傘下のカンタベリーが製造するが、用意した20万着がほぼ完売の状況。

前回大会では、アサヒビールがラグビーの五郎丸選手とパートナーシップ契約を締結し、大型新商品の出演が決定するなど、ラグビーの選手が輝く時期でもある。すでにレプリカユニフォームは品薄、訪日外国人の増加でビール消費が猛烈に伸びている。一戦一戦のめり込むにわかファンも多く、相手を敬うというラグビー文化が称えられ、感動を生んでいる。

日本代表のワールドカップ日本代表選手では、フォワードの稲垣啓太、坂手淳史、堀江翔太がパナソニック所属。木津悠輔、姫野和樹がトヨタ所属。北出卓也がサントリー、德永祥尭が東芝所属となっている。キャプテンのリーチ・マイケルは東芝、ベテランのトンプソン・ルークは近鉄の所属。バックスでは茂野海人がトヨタ、田中史朗と田村優がキャノン、流大、中村亮土、松島幸太朗がサントリー、松田力也と福岡堅樹がパナソニック、山中亮平が神戸製鋼所属。ラグビートップリーグに所属している選手が注目される。

ラグビー関連株では選手の所属企業を始め、大正製薬 HDの存在感も大きい。今大会は多くの外国人が訪れたため、ビール人気が沸騰し、一部では在庫切れもあったようだ。恩恵があるのはビール会社、長期滞在が見込めるホテル、旅行関連、スポーツ用品店など幅広い。

2023年ラグビーワールドカップ・フランス大会の1次リーグ組み合わせ抽選会は、2020年12月14日にパリで行われる。ワールドカップ2019のオフィシャルスポンサーとなっていた三菱地所は、「オンライントークラグビー世界大会2020」を開催した。

ラグビートップリーグ

神戸製鋼コベルコスティーラーズ サントリーサンゴリアス   ヤマハ発動機ジュビロ
トヨタ自動車ヴェルブリッツ  NTTコミュニケーションズシャイニングアークス  パナソニックワイルドナイツ 
クボタスピアーズ  リコーブラックラムズ  Honda HEAT 
NECグリーンロケッツ  東芝ブレイブルーパス  キヤノンイーグルス 
宗像サニックスブルース  日野レッドドルフィンズ   


ラグビー日本代表スポンサー

トップパートナー   大正製薬    
オフィシャルパートナー  東芝   三井住友銀行  セコム
オフィシャルスポンサー  三菱地所     
オフィシャルスポンサー  NTTドコモ     

ラグビー(ワールドカップ) 関連銘柄

ラグビー(ワールドカップ) 関連テーマ

ワールドカップ(サッカー・ラグビー)
サッカー(ワールドカップ) ラグビー(ワールドカップ)

株式情報更新 (4月22日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方