株価予想

8002 丸紅

2021年11月30日 株価
始値
1,053
高値
1,066
安値
1,016
終値
1,017
出来高
13,219,700
8002丸紅のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
1,100
予想安値
980

8002 丸紅の投資戦略

8002 丸紅の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

8002 丸紅のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

8002 丸紅の関連ニュース

  • 2021/11/02 12:26
    【上方修正】通期当期利益を52,2%上方修正 商品市況などが堅調 増配も
    丸紅は2022年3月期の当期利益を2300億円から3500億円と52.2%上方修正した。資源価格が好調に推移した金属で940億円増、航空・船舶で130億円増、農業資材需要が旺盛のアグリ事業で130億円増、肉牛処理加工が好調の食糧第二で120億円増などが寄与した。下期も商品市況などが想定以上に堅調に推移する見込みとし、増益となる見通し。また年間配当も34円から51円に増配する。

    また2022年3月期第2四半期(4-9月)の四半期利益は102.4%増の2058億円となった。

    主なセグメント別では、食料第一の利益は104.7%増の93億円、食料第二は54.3%増の197億円となった。牛肉処理加工・販売事業などが好調に推移した。

    アグリ事業の利益は99.4%増の332億円。旺盛な農業資材需要や資材価格上昇を的確の捉え、増益となった。

    金属事業の利益は371.1%増の870億円。商品価格上昇で豪州原料炭事業や加アルミ事業の増益が寄与した。

    電力事業の利益は▲88億円(前年は120億円)。海外EPC案件による一過性損失などが影響した。

    丸紅の株価は5.08%高の1034円で推移している。
  • 2021/09/24 13:50
    【注目銘柄】eVTOL開発の英社と業務提携 日本での事業参画検討を共同で推進
    丸紅は、2021年9月24日、eVTOL開発の英バーティカル・エアロスペースと業務提携すると発表した。日本での市場調査や機体認証に関する課題調査、離発着ポートなどインフラ構築に関する調査など、事業参画検討推進を共同で行う。

    丸紅の株価は2.58%高の907.8円で推移している。
  • 2021/09/15 16:03
    【注目銘柄】日豪間のグリーン液化水素サプライチェーン構築に向け事業化調査を実施
    岩谷産業、川崎重工業、関西電力、丸紅は、2021年9月15日、豪州のStanwellとAPAと共に、日豪間の再生可能エネルギー由来の水素サプライチェーン構築に向け、事業化調査を実施すると発表した。

    岩谷産業とStanwellは、2019年から大規模なグリーン液化水素の製造と日本への輸出に向けた調査を実施。この調査を踏まえ、事業化に向けた検討を本格的に実施する。長期安定的かつ安価な水素製造・供給を目指しており、2026年頃に100t/日規模以上、2031年以降に800t/日以上の水素生産規模を想定する。

    岩谷産業の株価は1.33%安の6660円、川崎重工業の株価は1.46%安の2558円、関西電力の株価は1.46%安の1115円、丸紅の株価は1%安の956.6円で推移している。
  • 2021/08/17 13:54
    【注目銘柄】酪農・畜産DXに向けファームノートと協業を開始
    丸紅は、2021年8月17日、ファームノートホールディングスと酪農・畜産DXの推進に向けた協業を開始したと発表した。

    丸紅が持つ日本全国のネットワークを活用し、ファームノートが提供する酪農・畜産IoTソリューションの普及を促進。丸紅が持つ飼料や保険、ファイナンスなど多様な機能を組み合わせた複合的なサービスを提供する。協業で、酪農・畜産DXを推進し、生産性向上・効率化の実現に向けた取り組みを進める。

    丸紅の株価は0.39%高の909.2円で推移している。
  • 2021/08/03 11:23
    【決算】4-6月の四半期純利益は92.9%増 進捗率は48.7% 株価も上昇
    丸紅の2022年3月期第1四半期(4-6月)の四半期利益は92.9%増の1121億円となった。通期は2.1%増の2300億円を計画しており、進捗率は48.7%となっている。

    主なセグメント別では、食料第一の利益は103%増の65億円、食料第二は横ばいの81億円となった。輸入水産物取引の採算改善などが寄与した。

    アグリ事業の利益は62%増の248億円。農業資材価格の上昇や好天候による肥料事業などの増益などが寄与した。

    金属事業の利益は482%増の408億円。商品価格上昇によるアルミ事業の増益などが寄与した。

    電力事業の利益は50.3%減の22億円。経費の増加などが影響した。

    丸紅の株価は3.02%高の983.2円で推移している。
  • 2021/05/06 15:33
    【決算】22年3月期は2.1%増を計画
    丸紅の2021年3月期当期利益は2253億円となった。

    主なセグメント別では、食料の利益は45.4%増の283億円。食肉処理加工・販売の好調や穀物トレードの採算改善などが寄与した。

    アグリ事業の利益は424億円(前年は▲770億円)。穀物や肥料価格の上昇や前年の米国西海岸穀物輸出事業投資の減損損失の反動などで改善した。

    金属事業の利益は613億円(前年は▲57億円)。前年のチリ銅事業投資の減損損失の反動などで改善した。

    電力事業の利益は11%増の99億円。前年の英国洋上風力据付事業投資の減損損失の反動などで改善した。

    2022年3月期は2.1%増の2300億円を計画する。

    丸紅の株価は23.6円高の932.2円で推移している。
  • 2021/02/03 11:13
    【上方修正】エネルギーや金属の改善などで11月に続き再び上方修正 当期利益を26.7%上方修正
    丸紅は当期利益を1500億円から1900億円と26.7%上方修正した。11月にも1000億円から1500億円と50%上方修正しており、再び上方修正した。原油や銅などの資源価格が想定を上回って推移し、エネルギーや金属の業績が改善。穀物相場の上昇でアグリ事業の業績も好調。食料や化学品などの堅調に推移したとしている。

    丸紅の株価は17.2円高の734.9円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 46.45 RCI 9日 39.58
13日 54.81
ボリンジャーバンド +2σ 1071.39
-2σ 879.05
ストキャススロー S%D 69.64
%D 61.32
ストキャスファースト %K 8.33
%D 61.32
ボリュームレシオ 14日 50.1
移動平均乖離率 25日 0.29 サイコロジカル 12日 58.33

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (12月1日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方