銘柄診断

7272 ヤマハ発動機

7272ヤマハ発動機のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 下降
予想高値
3,400
予想安値
3,200

7272 ヤマハ発動機の投資戦略

7272 ヤマハ発動機の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は下降トレンド継続中で、戻り売りゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7272 ヤマハ発動機のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7272 ヤマハ発動機の関連ニュース

  • 2017/09/04 12:54
    【銘柄情報】「セルハンドラー」で医療装置分野に参入
    医療装置分野に参入する。新薬開発や抗がん剤の効果検査など、薬効を評価する試験工程で使う「セルハンドラー」を開発し、福島県立医科大学へ納入した。「セルハンドラー」は、目的の細胞を培養プレートへを高速・高精度で移動し、画像情報をデータ化する。人による作業時間を15分の1に短縮できる。価格は6000万円で初年度に5台の販売を計画する。

    「セルハンドラー」は産業用ロボット分野で強い表面実装機の超高速・高精度なピック&プレース技術を応用した。新薬開発プロセスを大幅に効率化することが期待され、ヤマハ発動機は医療機器を扱う部署を新事業開発本部に新設した。表面実装機は二輪車の製造工程で使用され、世界シェアは2割で利益率も2割と高い。医療機器への応用で高収益も期待出来るため、さらなる開発も進める。二輪車メーカーのヤマハ発動機が医療機器参入はサプライズ感がある。まだ業態転換というレベルではないが、高収益分野への参入は歓迎されよう。
  • 2017/08/08 15:33
    【上方修正】通期経常利益を12.5%増に上方修正。増配も
    ヤマハ発動機の通期経常利益は1200億円→1350億円、純利益は750億円→900億円に上方修正した。期末配当を32.5円→39円に増配し、年間配当を65円→78円とした。
  • 2017/02/09 15:22
    【決算】16年12月期経常利益は18.5%減の1020億円、純利益は5.2%増の631億円
    17年12月期経常利益は17.6%増の1200億円、純利益は18.8%増の750億円、年間配当は60円→65円への増配を計画。
  • 2016/11/02 15:37
    【決算】中間期経常利益は23.3%減の776億円、純利益は1.6%減の482億円。通期純利益は横ばいの600億円を計画。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 60 RCI 9日 -30
13日 -10.3
ボリンジャーバンド +2σ 3466.65
-2σ 2949.54
ストキャススロー S%D 27.14
%D 37.21
ストキャスファースト %K 0
%D 37.21
ボリュームレシオ 14日 38.74
移動平均乖離率 25日 -1 サイコロジカル 12日 33.33

トレンド分析

下降

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方