株価予想

7272 ヤマハ発動機

2021年10月19日 株価
始値
3,185
高値
3,185
安値
3,130
終値
3,145
出来高
1,021,100
7272ヤマハ発動機のチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,300
予想安値
3,000

7272 ヤマハ発動機の投資戦略

7272 ヤマハ発動機の株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

7272 ヤマハ発動機のテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

7272 ヤマハ発動機の関連ニュース

  • 2021/09/16 10:40
    【注目銘柄】トヨタとエンジン共同開発で実績、EVモーターの穴株か
    日本電産が動意付いており、周辺銘柄でヤマハ発動機も注目される。ヤマハ発動機は、2020年2月に四輪車を含めた電動モーターユニットの試作開発受託を開始すると発表し、EVをはじめとした高出力帯のモビリティ向けに最大出力350kWクラスの電動モーターユニットを開発し、2021年4月から試作開発受託を開始している。受託事業は市場調査の意味合いもあり、四輪車をはじめとして、本格開発する可能性がある。

    ヤマハ発動機は二輪車の世界大手だが、「トヨタ2000GT」を共同開発したこともあり、トヨタとの資本業務提携は現在も続いている。主な提携事業は車両用エンジンの開発とマリン事業であり、「セリカ」のエンジンも供給した。歴史を見ればEVモーター開発も不思議はなく、穴株としてマークしておきたい。株価は回復基調で年初来高値は3380円だが、上場来高値は3935円と天井も高い。
  • 2021/09/03 10:32
    【注目銘柄】自動運転システム開発のティアフォーと新型自動運転EVを開発し、工場敷地内の自動搬送サービスを開始
    ヤマハ発動機は、自動運転システム開発のティアフォーと新型自動運転EVを開発し、工場敷地内の自動搬送サービスを開始する。1500kgまでの牽引能力もしくは300kgまでの積載能力を有しており、サブスクリプション型契約を採用、月額30万円台から定額利用できる。ティアフォーは名古屋大学発のベンチャーで、開発した自動運転OSは無償開放しており、世界で200社以上が利用している。

    ヤマハ発動機の浜北工場などで先行運用し、自動搬送のノウハウを蓄積しており、22年度から500台-1000台の受注を目標としている。事前に地図情報や使用条件を設定し、交換して使用するリチウムイオン電池を搭載している。短距離輸送の省力化に向いているようで、工場内の人件費削減にもつながりそうだ。
  • 2021/04/13 07:16
    【注目銘柄】ハイパーEV向け電動モーターユニットを開発し、試作開発受託を開始
    ヤマハ発動機は、2021年4月12日、ハイパーEVをはじめとした高出力帯のモビリティ向けに業界最高クラスの出力密度を実現する電動モーターユニットを開発し、4月から試作開発受託を開始すると発表した。

    2020年から四輪車をはじめとするモビリティ向け電動モーター(35~200kW)の試作開発の受託実施。最大出力350kWクラスの電動モーターユニットを開発。試作開発受託を開始する。

    ヤマハ発動機の株価は24円高の2831円で推移している。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 72.06 RCI 9日 37.92
13日 66.9
ボリンジャーバンド +2σ 3345.28
-2σ 2590.25
ストキャススロー S%D 47.06
%D 72.03
ストキャスファースト %K 63.89
%D 72.03
ボリュームレシオ 14日 40.24
移動平均乖離率 25日 0.51 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (10月19日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方