株テーマ:次世代蓄電池 リチウム空気電池の関連銘柄

リチウム空気電池は、正極材で化学反応を起こし、負極のリチウムと反応させて電気を作る仕組み。空飛ぶ自動車やウエアラブルデバイス、ドローン、ロボットなどあらゆる産業への拡張性を持つ電池として期待されている。

東邦チタニウムは、車載電池向けに容量を5倍にする技術を開発。古河電池は、負極材にマグネシウムを使い、大容量空気電池を開発。トヨタは、独BMWグループとリチウムイオン電池を共同研究し、高容量の金属空気電池も研究。FDKは、電解液が不稔性の水溶液で、負極は水素吸蔵合金を使うことで、リチウム空気電池の早期実用化を目指している。

また、国立研究開発法人「物質・材料研究機構」は、カーボンナノチューブ空気極により超高容量なリチウム空気電池を開発した。従来のリチウムイオン電池の15倍に相当する極めて高い蓄電容量を実現している。

日経新聞は「韓国サムスン電子が現行のリチウムイオン電池、次世代の全固体電池に続く、次次世代の空気電池を開発する」と報じている。2030年までの実用化を目指し、試作品段階だが、小型軽量化が可能で、電気自動車(EV)の航続距離を飛躍的に伸ばすことができる。

当面はリチウムイオン電池が主流。全固体電池の登場も2022年頃とされるが、電池の進化は止まらない。

風力発電、太陽光発電など、自然エネルギー利用のネックは天候による発電ロスであり、これを補うために、大容量蓄電システムの利用が不可欠。リチウムイオンキャパシターは、リチウムイオン電池とコンデンサーの中間的存在。電池より容量が小さいが、瞬時に充放電が可能。経産省は、蓄電池の新たなイノベーションや用途の拡大を促し、国際競争力を高めるために「蓄電池システム産業戦略研究会」を設立(2009年5月)。

リチウム空気電池 関連銘柄

リチウム空気電池 関連テーマ

次世代蓄電池
リチウムイオンキャパシター 分子クラスター電池 大容量ニッケル水素電池 革新型蓄電池共同開発 リチウム空気電池 ナトリウムイオン電池 マグネシウム電池 レドックス・フロー電池

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方