株価予想

4563 アンジェス

2019年11月14日 株価
始値
706
高値
714
安値
697
終値
699
出来高
1,612,300
4563アンジェスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
740
予想安値
660

4563 アンジェスの投資戦略

4563 アンジェスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

4563 アンジェスのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

4563 アンジェスの関連ニュース

  • 2019/10/28 18:10
    【決算】2019年度の決算推移
    アンジェスの2019年度の経常利益は▲33億円計画に対し、1-3月▲9億円、4-6月▲17億円、1-9月▲23億円で推移している。HGF遺伝子治療用製品を中心とする遺伝子医薬品の研究開発を中心に実施した。1-9月期には遺伝子治療薬「コラテジェン」の日本での販売を開始した。

    主な研究開発では、遺伝子治療薬「コラテジェン」では、適応拡大を目的として、慢性動脈閉鎖症の安静時疼痛を有する患者を対象にした第3相臨床試験を開始する。試験期間は2年としている。また、米国での新試験計画の策定を進めている。

    NF-κBデコイオリゴDNAでは、椎間板性腰痛症を含む腰痛疾患を適応症とした開発を進める。米国では2018年2月から第1b相臨床試験を実施している。

    高血圧DNAワクチンでは、オーストラリアで18年4月から第1/2相試験を実施している。
  • 2019/10/28 16:55
    【下方修正】通期経常利益を▲28億円から▲33億円に下方修正 遺伝子治療薬「コラテジェン」関連の費用が増加
    アンジェスは通期経常利益を▲28億円から▲33億円に下方修正した。遺伝子治療用製品「コラテジェン」の国内における慢性動脈閉鎖症の安静時疼痛を有する患者を対象にした第3相臨床試験に伴う費用や、米国での新試験策定準備に伴う費用の増加などから減益となる見通し。

    アンジェスの株価は17円安の650円で推移している。
  • 2019/10/08 13:20
    【注目銘柄】HGF遺伝子治療薬「コラテジェン」第3相臨床試験を開始
    アンジェスは、2019年10月7日、HGF遺伝子治療薬「コラテジェン」で日本国内における慢性動脈閉鎖症の安静時疼痛を有する患者を対象とした第3相臨床試験を開始すると発表した。試験期間は約2年間。投与後、半年にわたって経過を観察し、安静時の疼痛の改善を確認する。

    「コラテジェン」は2019年3月に慢性動脈閉鎖症の潰瘍改善を効能又は性能として条件期限付き承認を受け、9月10日から田辺三菱製薬が販売を開始している。「コラテジェン」はアンジェス創業以来の開発製品であり、田辺三菱製薬とは5年間の期限付きながら、国内独占販売契約と米国独占販売契約を締結している。また、海外開発についても米国での新試験の計画を進めているとしている。
  • 2019/10/08 09:19
    【注目銘柄】株価上昇 遺伝子治療薬「コラテジェン」 慢性動脈閉鎖症の安静時疼痛を有する患者を対象とした第3相臨床試験を開始
    アンジェスは、2019年10月7日、HGF遺伝子治療薬「コラテジェン」で日本国内における慢性動脈閉鎖症の安静時疼痛を有する患者を対象とした第3相臨床試験を開始すると発表した。試験期間は約2年間。投与後、半年にわたって経過を観察し、安静時の疼痛の改善を確認する。

    「コラテジェン」は2019年3月に慢性動脈閉鎖症の潰瘍改善を効能又は性能として条件期限付き承認を受け、9月10日から田辺三菱製薬が販売を開始している。

    また、海外開発についても米国での新試験の計画を進めているとしている。

    アンジェスの株価は17円高の686円で推移している。
  • 2019/09/10 08:27
    【注目銘柄】遺伝子治療薬のコラテジェン「米国承認申請を目指す」 (日経)
  • 2019/08/29 09:39
    【注目銘柄】遺伝子治療薬「コラテジェン」が保険適用 投与1回の公定価格は60万円
  • 2019/08/20 16:39
    【注目銘柄】株価予想投票で「上がる」に転換
    アンジェスの株価予想投票で、2019年8月20日、「下がる」から「上がる」に転換した。19日(月)から閲覧数が増加。「上がる」が50%、「下がる」が50%だったが、本日は「上がる」が83.3%となっている。
  • 2019/07/30 08:24
    【決算】19年中間期経常利益は▲17億円
    アンジェスの中間期の経常利益は▲17億円となった。前年の▲12億円から赤字額が増加した。HGF遺伝子治療用製品を中心とする遺伝子医薬品の研究開発を中心に実施した。

    主な研究開発では、HGF遺伝子治療用製品では、19年3月に厚労省から遺伝子治療用製品の国内条件付承認を取得。販売開始に向けて準備を進めている。海外では米国での新試験計画の策定を進める。NF-κBデコイオリゴDNAでは、米国で18年2月から第1b相臨床試験を実施。高血圧DNAワクチンでは、オーストラリアで18年4月から第1/2相試験を実施している。

    アンジェスの株価は45円高の676円で推移している。
  • 2019/07/07 13:21
    【注目銘柄】エボラ出血熱
    WHO(世界保健機関)は、アフリカのコンゴでエボラ出血熱による死者の数が1500人を超えたと発表した。感染者数は2300人以上としている。エボラ出血熱は2014頃にアフリカで猛威を振るい、2018年には再びコンゴで発生していた。折しも厚労省は東京五輪までに検査態勢を強化する目的で、エボラ出血熱など5種類の病原体輸入を解禁したばかり。

    2014年の流行時には、富士フイルムがインフルエンザ薬として開発している「ファビピラビル」をエボラ出血熱感染者の治療に使えるよう、米国の提携先が申請する意向で、米食品医薬品局(FDA)と協議したほか、市場人気は防護服、マスク、バイオハザードと物色が拡がっていた。

    「エボラ出血熱」関連
    3161 アゼアス
    3302 帝国繊維
    3604 川本産業
    4508 田辺三菱製薬
    4557 医学生物学研究所

    4563 アンジェス
    4901 富士フイルム HD
    5122 オカモト
    5199 不二ラテックス
    6291 日本エアーテック

    6946 日本アビオニクス
    7487 小津産業
    7963 興研
    7980 重松製作所
  • 2019/05/14 11:35
    【注目銘柄】HGF遺伝子治療用製剤の販売開始を延期
    アンジェスは、重症虚血肢を対象としたHGF遺伝子治療用製剤で、3月26日に条件期限付承認を取得し、田辺三菱製薬が担当することとなる販売開始に向けて対応してきたが、販売準備に時間を要しており、販売開始を延期すると発表した。

    引き続き早期発売に向けた努力を行うとしている。

    アンジェスの株価は36円安の802円で推移している。
  • 2019/04/22 15:39
    【決算】19年1-3月期経常利益は▲9.38億円
    アンジェスの2019年12月期1-3月期の経常利益は▲9.38億円だった。前年の▲5.87億円より赤字額が増加した。HGF遺伝子治療用製品を中心とする遺伝子医薬品の研究開発を中心に実施した。

    主な研究開発では、HGF遺伝子治療用製品では、19年3月に厚労省から遺伝子治療用製品の国内条件付承認を取得。海外では米国での新試験計画の策定を進める。NF-κBデコイオリゴDNAでは、米国で18年2月から第1b相臨床試験を実施。高血圧DNAワクチンでは、オーストラリアで18年4月から第1/2相試験を実施している。

    アンジェスの株価は28円高の890円で推移している。
  • 2019/03/27 09:11
    【注目銘柄】遺伝子治療薬承認で買い気配のスタート
    HGF遺伝子治療用製品の国内条件付承認を取得した。足の血管を再生する遺伝子治療薬で、提携先の田辺三菱製薬からのマイルストーンとロイヤリティ収入は、今期業績に織り込み済みとなっている。しかし治療薬「コラテジェン」はアンジェス創業以来の開発製品であり、田辺三菱製薬とは国内独占販売契約と米国独占販売契約を締結している。5年間の期限付き承認ではあるが、期待は高まりそうだ。

    またこの承認により、「継続企業の前提に関する注記」の記載を抹消することも評価されそうだ。1320円の高値更新から、一段高となりそうだ。
  • 2019/03/26 18:04
    【注目銘柄】HGF 遺伝子治療用製品の国内条件付承認を取得
  • 2019/03/18 16:41
    【注目銘柄】米国のバイオ企業Emendo社へ投資
    Emendo社は、現在ゲノム編集で課題となっている「オフターゲット効果」の低減化を含む、新たなゲノム編集の技術開発を行っている。

    ゲノム編集では、特定のターゲットの配列のみを切断することで、標的とする遺伝子を改変する。しかしながら、類似の部位を誤って切断してしまうことが安全上の大きな課題となっている。Emendo社は、ターゲット配列以外ではDNAを切断することがない高度な切断酵素の開発を実施。これにより、安全性の高いゲノム編集が実現できるという。

    アンジェスは、Emendo社が持つ安全性の高いゲノム編集技術を活用することで、遺伝子治療開発分野での優位性を獲得したいとしている。

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 42.86 RCI 9日 -51.25
13日 36.81
ボリンジャーバンド +2σ 735.58
-2σ 567.61
ストキャススロー S%D 93.07
%D 85.65
ストキャスファースト %K 13.04
%D 85.65
ボリュームレシオ 14日 61.93
移動平均乖離率 25日 3.13 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方