株テーマ:電動キックボードの関連銘柄

電動キックボードは、ラストワンマイルと呼べれる0.5km~4kmの移動に適したもので、原動機付き自転車に区分され、走行は車道のみで運転免許証も必要となる。政府は2022年3月に道路交通法改正案を閣議決定し、電動キックボードで低速車両の新たな区分を創設。最高速度が自転車並みの時速20キロまでの車両は「特定小型原動機付き自転車」として免許なしでも運転できるようにする。16歳未満の運転は禁じる。警察庁は2023年1月に一定の条件を満たす電動キックボードの運転免許なしでの公道走行を2023年7月から解禁する方針を示した。

米ボストン・コンサルティング・グループは、電動キックボードのシェアリングの市場規模が2025年に最大500億ドル(約5.6兆円)になると試算しており、今後の市場拡大が期待される。


リードは、2022年9月に電動キックボード用「移動型ワイヤレス給電スタンド」の特許を申請。

京浜急行電鉄とサンオータスは、電動キックボードシェアリングサービスを開始。京急グループのホテルなどにパーキングステーションを設置し、サンオータスが所有するキックボードを専用アプリで利用する。

古河電気工業は、電動キックボードのワイヤレス充電ポートシステムを開発。2022年3月まで大林組技術研究所で実証実験を行い、2025年の製品化を目指す。

スタートアップのLuupも設置を拡大しており、主要株主は東京海上ホールディングスやDG(デジタルガレージ)インキュベーション、マーキュリアインベストメントなど。

ファミリーマートは最大600店舗に電動キックボードの貸し出し拠点を開設する。制度改正で利用しやすくなり、全国展開も視野に入れる。

電動キックボード 関連銘柄

電動キックボード 関連テーマ

シェアリング・エコノミー
空き駐車場シェア 家事代行 クラウドソーシング サブスクリプション シェアオフィス シェアサイクル(自転車) シェアリングエコノミー協会 電動キックボード

株式情報更新 (1月30日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方