株テーマ:シェアリング・エコノミー クラウドソーシングの関連銘柄

クラウドソーシング関連株

自分のスキルを副業にできる「クラウドソーシング」は年々増加している。働き手であるクラウドワーカーは2017年末で420万人、18年末では500万人を突破する見込みとなっている。自由に働け裁量権も大きいのがフリーランスは1100万人と見られており、まだまだ増えそうだ。日本最大級を争うランサーズとクラウドワークスが大手で、他社との開きは大きい。単に仕事をマッチングさせるだけなく、クラウドワーカーに所得補償保険を付与したり、福利厚生面でも充実してきた。

シェアリング・エコノミー関連株。スマホを利用したシェアサービスが拡大し、シェアリングエコノミーという言葉も生まれてきた。世界では一般のドライバーが客を運ぶライドシェアで米ウーバーや、ホテルや民泊を仲介する米エアビーアンドビーが急成長している。日本では法律でライドシェアが規制され、民泊新法で届け出が必要となるなど、世界に遅れをとっているが、カーシェアリングやシェアハウスは確実に成長している。シェアリング・エコノミーは2025年には約3350億ドル規模に成長すると見られている。

政府はシェアリングエコノミー伝道師を任命し、企業の遊休資産の活用策を推進する。内閣府にはシェアリングエコノミー促進室が設置されており、自治体から企業へ活用の場を拡げる。

クラウドソーシング 関連銘柄

クラウドソーシング 関連テーマ

シェアリング・エコノミー
空き駐車場シェア カーシェアリング 家事代行 クラウドソーシング サブスクリプション シェアオフィス シェアサイクル(自転車) シェアリングエコノミー協会

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方