株テーマ:LED(発光ダイオード) LED照明の関連銘柄

太陽電池と同じく、発光効率の問題や、コストの問題を抱えるが、省エネ法改正で一躍脚光。シャープが照明事業に乗り出すなど、新規参入が相次ぎ、一部のメーカーの支配力が大きい、照明市場が新たなステージに入った。蛍光灯の寿命は1万時間に対して、LED照明は4万時間で、環境配慮型照明として、採用が増えている。2013年にはLED照明市場は、2008年の十倍の4000億円へ拡大するとの見通しもある。大阪府は2009年度から、23000本の街路灯をLED照明に切り替える方針。道路照明灯での平均寿命は水銀灯で3年、ナトリウム灯で4年、LED灯で10年とされ、LED灯では消費電力が水銀灯の25-40%と長期的には低コスト。橋本府政で環境アピールの狙いもあるが、大阪府内にLED企業は多く、地域活性化に一役。

政府は成長戦略「底力発揮」で、発光ダイオードを用いた植物工場を3倍増加させる計画。シャープは電源に太陽電池を採用したLED街路灯を自治体に販売、LED事業を2000億円に拡大する意向。大和ハウスはコンビニ、ホテルなど商業施設にLED照明システムを販売する。LEDは消費電力が小さく、長寿命。 富士通キメラ総研は、LEDパッケージ世界市場の2012年予測を1437億9000万個(09年比134%)、9932億円(同170%)とした。白色LEDパッケージは2010年に前年比74%増の336億個。LEDの中でもTV用LEDバックライトや一般照明、自動車用ヘッドランプ等に代表される高輝度LEDの採用が急激に増加している。

LED照明 関連銘柄

LED照明 関連テーマ

LED(発光ダイオード)
LEDバックライト LEDモジュール LED照明推進協議会 LED素材 LED製造装置 LED道路灯 LED素子 LED照明 自動車LEDライト マイクロLED

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方