株テーマ:東京五輪 多言語音声翻訳技術推進コンソーシアムの関連銘柄

2020年に向けた外国人のおもてなしに関して、国立研究開発法人情報通信研究機構が開発し技術的に世界トップクラスの評価を得ている多言語音声翻訳で、技術推進コンソーシアムを結成。多言語音声翻訳技術を2020年までに社会で実用化するための社会実証を始める。

「震災復興」を掲げ、JOCは東京を2020年夏季五輪の立候補都市に決定。16年五輪に続く2度目の招致活動を繰り広げる。アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれる国際オリンピック委員会(IOC)総会で9月7日に東京開催が決定された。イスタンブールは治安面で、マドリードは財政面での不安を抱えており、英ブックメーカーでは東京有利の展開。経済波及効果(生産誘発額)は全国総計で約2兆9600億円。施設整備など需要増加額は東京都だけで約9600億円といわれる。2020年五輪は東京に決定。2020年の東京五輪の開催日程は7月24日から8月9日で計28競技が行われる。東日本大震災からの復興を後押しするため、聖火リレーは東北の被災地を縦断する計画。

多言語音声翻訳技術推進コンソーシアム 関連銘柄

多言語音声翻訳技術推進コンソーシアム 関連テーマ

東京五輪
スポーツ 不動産 含み資産 広告 東京五輪ゴールドパートナー 東京招致オフィシャルパートナー 百貨店 鉄道・飛行機 建設 遮熱性舗装 多言語音声翻訳技術推進コンソーシアム ホテル

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方