株テーマ:ヒッグス粒子 ハドロン衝突型加速器の関連銘柄

加速器では超電導技術が使われるため、超電導加速器の三菱重工など、日本企業に商機がある。

存在が予言されながら未発見の最後の素粒子。存在しなければあらゆるものが成り立たないことから「神の粒子」と呼ばれた。 2012年7月4日、CERN(欧州合同原子核研究機関)は、99.9999%以上の確率で存在するとの結果を発表。実験に使用された大型加速器に参加した日本企業。加速器の誘致は、ドイツ、スイス、ロシアの他、日本の北上山地と背振山地が立候補しており、北上山地の場合、経済効果は4兆3000億円と試算されている。候補地選定は2014年以降、完成は2020年頃となる。ILC(国際リニアコライダー)は最先端の素粒子実験施設で、岩手県の北上山地に誘致候補を一本化することに決まった。地下100メートルに長さ30キロのまっすぐなトンネルを掘り、電子と陽電子を衝突させ宇宙が誕生した直後の状態を作り出すという壮大な計画。一時話題になった「ヒッグス粒子」の性質を調べるほか、未知の粒子探索にも用いられる。「ヒッグス粒子」の発見が、東京大や高エネルギー加速器研究機構などの国際チームの実験で確定した。2013年のノーベル物 理学賞はピーター・ヒッグス英エディンバラ大学名誉教授とフランソワ・アングレー ル・ベルギー・ブリュッセル自由大学名誉教授に決定。

ハドロン衝突型加速器 関連銘柄

ハドロン衝突型加速器 関連テーマ

ヒッグス粒子
ハドロン衝突型加速器 検出器

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方