株式情報。日経平均、東証株式市況、株式テクニカル分析で、株式投資を強力サポート。

アセットアライブ株式情報 asset alive market information

株テーマ:カジノ カジノ参入の関連銘柄

政府は、カジノを成長戦略の目玉と位置付け、東京五輪が開催される2020年を目標に法案を整備する。検討チームを内閣官房に設置しており、米国やシンガポールの事例を調査する。安倍首相はカジノに前向きで、官邸主導で準備に本腰を入れる。京急は横浜、お台場を候補地とし、カジノ参入を検討。総投資額6000億円を想定。セガサミーは、韓国においてカジノ、ホテルなどの運営を行なっているパラダイス・グループと合弁で、韓国・仁川市エリアにカジノを含む複合型リゾート施設の開発・運営に乗り出す。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するUSJも複数の海外カジノ運営企業と協議していると見られる。

カジノ関連株。超党派の国会議員で構成する「国際観光産業振興議員連盟(カジノ議連)」が発足しており、100名以上が参加。カジノを含む「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」を、2014年秋の臨時国会で成立する見込み。日本金銭機械は米国カジノ向け紙幣鑑別器のシェアが大きい。コナミは米国カジノ向けスロットで第3位。自民党、日本維新の会、生活の党は2013年秋の臨時国会にカジノ解禁法案を提出した。2014年の臨時国会での成立を目指し、法改正から1年以内にカジノ解禁に向けた法整備を義務づけている。カジノ法案は臨時国会に先送りとなったが、政府は準備組織を立ち上げ、2020年までに3カ所を開設する方針。

アセットアライブ投資レポートでは、最新情報や詳細情報が取得できます

カジノ参入 関連銘柄

カジノ参入 関連テーマ

カジノ
カジノ参入 紙幣識別機 遊技機

広告

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方