株価予想

8591 オリックス

2024年4月12日 株価
始値
3,266
高値
3,313
安値
3,253
終値
3,287
出来高
4,756,200
8591オリックスのチャート
オシレータ分析 トレンド分析 予想レンジ
オシレータ分析 中立 トレンド分析 上昇
予想高値
3,400
予想安値
3,200

8591 オリックスの投資戦略

8591 オリックスの株価は、オシレーター系指標では中立圏で推移しています。トレンド系指標は上昇トレンド継続中で、押し目買いゾーンです。オシレータ系指標は「買われ過ぎ」、「売られ過ぎ」を示すテクニカル指標の総称です。一定の範囲で動くため振り子系指標とも呼ばれます。RSIやストキャスティクスが代表的です。トレンドフォロー系指標は、株価が上がり続けると指標も上がり、下がり続けると指標も下がるタイプです。移動平均やMACDが代表的です。

8591 オリックスのテクニカル売買シグナル

株式売買シグナルが点灯しています。このページ下部のオシレーター分析、トレンド分析、チャート分析でご確認ください。オシレーター分析、チャート分析では変化点をキャッチした日に売り買いサインが点灯、トレンド分析では現在の方向を矢印で示します。

8591 オリックスの関連ニュース

  • 2024/04/10 06:35
    【注目銘柄】「BBB+」に引き下げ、アウトルックは「安定的」
    S&Pグローバル・レーティングは、オリックスの長期発行体格付けと長期優先債券の格付けを「A-」から「BBB+」に引き下げた。アウトルックは「安定的」。

    今回の格付け引き下げは、オリックスの財務レバレッジの増加と、リスク資産の増加に対する懸念を反映したもの。S&Pは、オリックスがリスク資産と自己資本のバランスを早期に回復し、リスク調整後自己資本 (RAC)比率を安定的に10%超に維持する可能性は低下したと考えている。

    一方、アウトルックは「安定的」に据え置かれた。これは、オリックスの強固なビジネスモデル、安定的な収益、多様な資金調達手段などを考慮したためである。
  • 2024/02/16 15:46
    三徳船舶を買収 100%
    買収額は約3000億円とみられる。三徳船舶はばら積み船、自動車船、コンテナ船など67隻を保有し、国内外の資源会社や穀物会社に貸し付けを行う。
  • 2024/02/07 17:09
    【決算】24年3月期Q3の純利益は3.4%増の2192億円 通期は20.8%増の3300億円を計画
  • 2023/12/14 17:15
    【注目銘柄】発行済み株式総数1.61%の自己株式消却 消却日は2024年1月19日
  • 2023/11/28 10:22
    固体電池用新材料開発
    オリックスの連結子会社のコイケと産業技術総合研究所は次世代型の「固体電池」に使う新材料を共同開発した。固体電池は、従来の液体電解質を用いる電池と比べて、安全性やエネルギー密度に優れる次世代電池として期待されている。しかし、固体電解質のイオン伝導率が低いため、電池の性能が低下するという課題があった。

    今回、コイケと産総研は、単結晶のチタン酸バリウム(BaTiO3)をベースとした新材料を開発した。この新材料は、従来の固体電解質に比べてイオン伝導率が約10倍高いという。コイケは、単結晶ウェーハメーカーとして発展してきた。単結晶ウェーハは、半導体やMEMS(微小電子機械システム)などの製造に欠かせない基板材料。

    従来の固体電池の電解質に使われてきた多結晶の物質に比べて電気抵抗を10分の1程度に抑えられる。電気が通りやすくなり、電池寿命を長くすることから、ペースメーカーなどの医療機器やウエアラブル端末への固体電池の搭載を想定しており、電池寿命が10倍の50年前後にまで延びる可能性があるという。
  • 2023/11/01 17:04
    【決算】24年3月期Q2の四半期純利益は4.7%増の1281億円 通期は20.8%増の3300億円を計画
  • 2023/09/25 10:33
    「クレジット・ウォッチ」を解除、アウトルックは「ネガティブ」
    S&Pは、オリックスの長期発行体格付けと長期優先債券の格付けを「A-」に据え置き、「クレジット・ウォッチ」(CW)を解除した。長期発行体格付けのアウトルックは「ネガティブ」。オリックスの格付けは、東芝への投融資により、引き下げ方向のCWに指定されていた。日本産業パートナーズによる東芝に対するTOBが成立したため、CWを解除したが、資産ポートフォリオの入れ替えが進まないことでリスク調整後自己資本(RAC)の回復が遅れる可能性が3分の1以上の確率と、指摘している。

    RAC比率が2023年3月期末に続き2024年3月期末にも10%を下回る可能性が高いとS&Pが判断した場合は、格下げとなる可能性を示唆している。安定的に推移する可能性が高まった場合は、アウトルックを「安定的」に上方修正する可能性がある。
  • 2023/07/07 10:02
    韓国のEV充電器メーカー「エバー」に出資
    オリックスは、韓国のEV充電ソリューション企業「EVAR(エバー)」へ出資する。EVARは、サムスン電子の社内ベンチャー発のスタートアップ企業で、サムスン電子、現代自動車、ネイバーなど韓国の大手企業が出資している。一つの電源から複数の車両に効率的に給電するスマートロードバランシング(電力負荷分散)機能を内蔵した充電器分野に強く、韓国国内で約2万台の普通充電器の販売実績がある。

    普通充電器のほかにも、急速充電器や車両搭載型急速充電器、自律型EV充電ロボットなどオリジナル製品の開発を手掛けている。オリックスは充電サービスを手がけるソフトバンク発のスタートアップであるユビ電にも出資しており、オリックス自動車を通じて法人向けのEV関連ビジネスを加速する。ユビ電とは2025年までにEV向け充電器を取引先の駐車場などに5万基設置する目標を掲げている。
  • 2023/05/10 18:23
    【自社株買い】発行済み株式総数3.4%(4000万株) 500億円 23年5月17日~24年3月31日

オシレータ分析

中立

オシレータ系指標は、相場の強弱動向を表した指標で、日々の市場の値動きから、株価の水準とは無関係に売り・買いを探ります。
売買シグナルは 内にまたはで表示されます。

RSI 9日 71.1 RCI 9日 85
13日 -13.74
ボリンジャーバンド +2σ 3447.05
-2σ 2821.1
ストキャススロー S%D 41.04
%D 37.43
ストキャスファースト %K 100
%D 37.43
ボリュームレシオ 14日 57.39
移動平均乖離率 25日 1.2 サイコロジカル 12日 50

トレンド分析

上昇

トレンド系指標は、相場の方向性・強さを判断する指標で、中長期の分析・予測に使われます。トレンド転換時は内にまたはで表示されます。現在のトレンドはまたはで表示されます。

DMI MACD ゴールデンクロス
5日移動平均(位置) 5日移動平均(向き) 25日移動平均(位置)
25日移動平均(向き) パラボリック

チャート分析

酒田五法

酒田五法や一目均衡表などローソク足変化シグナル(当日示現のみ)は、内にまたはで表示されます。独自のHAL指数で高値圏、安値圏を判定し、実戦的なシグナルです。

十字足 はらみ十字 上ひげ・下ひげ
出会い線 三点童子 三点童子(安値・高値)
包み足 赤三兵・黒三兵 並び赤・並び黒
明けの明星・宵の明星 三役好転・三役逆転 雲上抜け・下抜け
転換線上抜け・下抜け 遅行線上抜け・下抜け 五陽連・五陰連

株式情報更新 (4月13日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方