株テーマ:リチウムイオンキャパシタの関連銘柄

リチウムイオンキャパシターは、リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタ(コンデンサー)の中間的な性質を持ち、電池容量が大きく、充放電も速いため、将来は鉛蓄電池やコンデンサーを置き換えると期待されている。

JSR子会社のJMエナジーが2008年に量産を開始。太陽誘電やFDKも2009年投入を予定。NECトーキンは、薄型モジュールを開発し、2012年の量産開始を予定。日本ケミコンは、東京農工大と共同で、従来の3倍の蓄電能力を持つ新型リチウムイオンキャパシタを開発した。リチウムイオン電池と電気二重層キャパシタの性質を併せ持ち、大容量蓄電と出力を実現した。

ジェイテクトは、高耐熱リチウムイオンキャパシター(LIC)の量産を2021年度に前倒しする。

セパレーターの中核部材であるキャパシタ向けの不織布では、三菱製紙やニッポン高度紙が大手。

●次世代リチウムイオンキャパシタ総合技術組合
4185JSR
8035東京エレクトロン
4062イビデン

リチウムイオンキャパシタ 関連銘柄

リチウムイオンキャパシタ 関連テーマ

次世代電池
イオン液体リチウム二次電池 革新型蓄電池共同開発 リチウム空気電池 クレイ型リチウムイオン電池 全樹脂電池 電気二重層キャパシタ NAS電池 大容量ニッケル水素電池 バイポーラ型蓄電池 フルオライドイオン電池 分子クラスター電池 マグネシウム電池 溶融塩電解液電池 リチウム硫黄電池 リチウムイオンキャパシタ レドックス・フロー電池

株式情報更新 (3月4日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方