株テーマ:AI医療機器の関連銘柄

テルモは、2020年11月17日、仏Diabeloopとインスリン自動投与制御システムの共同開発契約を締結した。血糖測定器で血糖値をリアルタイムで測定し、AIが患者の状態に合わせて最適なインスリン量を算出。インスリンポンプから持続的に投与されるシステム。臨床試験や日本での製造販売承認を見据えた開発を進め、日本ではテルモが独占販売する。

FRONTEOは、2020年6月に協和薬品工業と認知症診断支援AIシステムで事業提携。自然言語解析AI「Concept Encoder」を活用し、患者と医師の5~10分の会話から認知機能障害の有無を判定するシステムを開発する。2021年初めにも臨床試験を実施し、医療機器として2022年の発売を目指すもよう。また、蓄積した知見を活かし、他の疾患についても診断支援AIプログラムの開発を推進。2021年8月には大日本住友製薬と統合失調症の診断支援AIプログラムの共同研究契約を締結した。

レナサイエンスは、東北大学と糖尿病治療で最適なインスリン投与量を算出するAIアルゴリズムを開発中。2021年11月にはニプロとAIアルゴリズムを搭載した医療機器システムの開発で共同研究契約を締結すると発表した。

AI医療機器 関連銘柄

AI医療機器 関連テーマ

医療テック
遠隔医療 医療ビッグデータ AI医療画像診断 AI創薬 AI医療機器 オンライン診療 デジタル治療アプリ 電子カルテ 電子処方箋 PHR(パーソナルヘルスレコード) 予防医療

株式情報更新 (12月2日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方