株テーマ:感染症:インフルから新型ウイルス 化学防護服の関連銘柄

新型コロナウイルスによる感染拡大で、医療機関向けの化学防護服も不足している。化学防護服の世界的大手は米デュポンや3Mで、旭化成子会社の旭・デュポン フラッシュスパンが、「タイケム」シリーズとして販売している。アゼアスもデュポンのタイベックが主力製品で、「タイケム」シリーズを販売している。重松製作所は全身化学防護服と部分化学防護服を製造しており、防護手袋や防塵マスク、防毒マスクなど保護具の専門メーカー。

東レは化学防護服「リブモア」シリーズを展開するが、完全受注生産で在庫は不足しているという。新型肺炎はエアロゾル感染も指摘されており、医療機関の需要は高まってくる。

感染症、コロナウイルス関連株

感染病法によると、感染力・重篤度・危険性が極めて高く、早急な届出が必要になる一類感染症にはエボラ出血熱や天然痘、ペストなどが指定されている。感染力・重篤度・危険性が高く、早急な届出が必要になる二類感染症には重症急性呼吸器症候群(SARS、コロナウイルスに限る)中東呼吸器症候群(MERS)、鳥インフルエンザ(H5N1)および鳥インフルエンザ(H7N9)などが指定されている。腸管出血性大腸菌感染症(O-157など)は三類、鳥インフルエンザ(H5N1は除外)は四類、インフルエンザは五類。

関連注目銘柄情報はこちら

化学防護服 関連銘柄

化学防護服 関連テーマ

感染症:インフルから新型ウイルス
インフルエンザ薬 エボラ出血熱 化学防護服 空気清浄機 ウイルス検査キット・臨床検査 コロナウイルス(COVID、SARS、MERS) サーモグラフィー 除菌剤・消毒薬・うがい薬 テレワーク・遠隔医療 デング熱 鳥インフルエンザ マスク(ウイルス対策) 調剤薬局 ワクチン投与キット

会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方