株テーマ:EUV半導体注目株の関連銘柄

2021年2月25日(木)時点のEUV関連銘柄から今週の注目株ベスト5をピックアップ。今週は対象銘柄が少なく3銘柄となっている。


●4005住友化学
回路を形成する感光であるフォトレジストで高いシェアを持つ。2020年10月に通期コア営業利益を800億円から1000億円と25%上方修正しており、前年からは24.6%減を計画する。

2021年3月期第3四半期(4-12月)のコア営業利益は8%減の1069億円となった。一方、フォトレジストを含む情報電子科学のコア営業利益は70.9%増の318億円で、4-9月の44.4%増からさらに増加した。計画の24.6%減を上回って推移しており、通期の着地地点が注目される。


●7911凸版印刷
2016年2月に最先端半導体に対応した次世代EUVフォトマスクを開発したと発表し、2016年度内にサンプル出荷を行い、2017年度の本格的な量産を開始するとしている。今後は次世代EUVフォトマスクの業界標準化を目指すとしている。

2月12日に通期経常利益を380億円から500億円と31.6%上方修正した。半導体関連の好調やBPO関連で企業や政府・地方自治体などのアウトソーシング需要を取り込んだ。また、不採算事業の見直しやデジタルツール活用による経費圧縮なども寄与し、増益となる見通し。


●8035東京エレクトロン
フォトレジストをウェーハ表面に均一に塗布するコータ/デベロッパ装置で、EUVに限れば東京エレクトロンがシェア100%。ドライエッチング装置、成膜装置、洗浄装置でも高シェア。

2020年10月には通期経常利益を2750億円から2810億円と2.2%上方修正、2021年1月には2810億円から3060億円と8.9%上方修正した。IoTやAI、5Gなどの情報通信技術の用途拡大による半導体需要の増加で、半導体製造装置市場の拡大基調が継続した。

最先端半導体を量産するEUV(極端紫外線)露光装置が、2019年から7ナノ半導体と最先端DRAM製造ラインへの導入が始まった。2020年からは5ナノ半導体の量産ラインへは本格的に導入される見通しで、関連銘柄の動向が注目される。

EUV半導体注目株 関連銘柄

EUV半導体注目株 関連テーマ

EUV(極端紫外線)半導体
EUV半導体注目株 EUVマスクブランクス EUVレジスト

株式情報更新 (3月1日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方