株テーマ:水素サプライチェーンの関連銘柄

水素は、低炭素社会実現に向けて期待されている。一方で、水素は価格が高いことが課題となっている。海外からの輸入や水素ステーションの整備による水素の生産量の増加などでコストを下げる取り組みが進んでいる。

水素を安く調達できる体制の整備を進めるため、日本とオーストラリアの間で水素のサプライチェーンを構築する動きが進む。オーストラリアの炭化が不十分で低品位な褐炭をガス化し、水素を製造。その水素を液化し、船で日本に輸送する。これによって水素の価格を大幅に引き下げられる見通し。輸送した水素は、水素ステーションや水素発電に利用する計画。

実証実験には川崎重工業、Jパワー、岩谷産業、丸紅などが参加をし、2020年から2021年の間に実施が予定されている。2019年10月には住友商事も参加した。


水素サプライチェーン関連で注目の川崎重工業は、日本とオーストラリアの間で水素のサプライチェーンを構築する動きで中心の役割を果たす。貯蔵やタンクローリーでの大型運搬をしやすくするために水素液化システムや、水素を貯蔵できる大型タンクの開発、低コストの水素を輸入するための水素運搬船の製造などを行う。2019年12月11日、川崎重工業はマイナス253度に冷却された液化水素を運搬できる世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」を進水させた。完成は2020年秋の予定で、オーストラリアで生産した水素を日本に運ぶ実証実験に使用する。

また川崎重工業は、圧縮した原料の水素ガスを冷凍サイクルで冷やされた水素と液化機内で熱交換しながら冷却することで、1日あたり約5トンの液化水素を生産する水素液化機も開発しているが、日量25トンの液化機までラインアップを整える。

千代田化工建設は、2020年に産油国ブルネイから水素を輸入する計画。産油国で原油採掘時に出る水素を液化して輸入し、首都圏の水素ステーションを中心に供給する体制を構築し、水素価格を引き下げることに取り組む。


トヨタは水素バリューチェーン推進協議会を設立した。岩谷産業が共同代表を務め、参加会員はENEOSや川崎重工業など87社。21年2月までに水素社会構築を加速させるための課題を整理し、政府に対して政策提言する。

水素サプライチェーン 関連銘柄

水素サプライチェーン 関連テーマ

水素社会の実現
水素注目株 液化水素プラント グリーン水素 水素吸蔵合金 水素供給・利用技術研究組合 水素航空機 水素サプライチェーン 水素ステーション:2030年にFCV用1000基設置へ 水素製造装置 水素タンク 水素トラック 水素発電 燃料電池車(FCV) MIRAI(ミライ)

株式情報更新 (6月18日)


会員ログイン

パスワードを忘れてしまった場合

申込みがまだの方